【佐賀県】嬉野温泉で買うべきお土産・5選!

美肌の湯として有名な、佐賀県嬉野市の嬉野温泉。そんな嬉野温泉へ行かれる際に注目してほしいお土産をご紹介します!見て・食べて・体験出来るお店ばかりですよ。

10316

「日本三大美肌の湯」の一つに数えられる、佐賀県の嬉野温泉。
福岡や長崎から1時間で行ける距離なので、近県から日帰り温泉もできると有名ですよね!
そんな嬉野温泉へ立ち寄る際に絶対買うべきお土産を5つピックアップしました。
おすすめのお店情報もご紹介しているので、嬉野温泉へ立ち寄る際はぜひチェックしてくださいね。

1.嬉野を代表する名産品!温泉湯どうふ

嬉野温泉で買うべきお土産「温泉湯どうふ」の写真
出典: http://yudoufu.jp

「とろける湯どうふ3丁入り」2,700円(税込)

嬉野といえば、やはり外せないのが温泉湯どうふ!
温泉湯どうふは、豆腐を温泉水で煮込んでいただく嬉野の名物料理です。初めは透明な温泉水が、だんだん白濁して投入色に変わるのは、嬉野の温泉水ならではなんです!また、煮込む家庭で豆腐の角が溶け出してなめらかになります。ふんわりした独特の食感は温泉湯どうふならでは。豆乳色のとろとろの温泉水は、胃腸にも良いとされているので健康面でも嬉しいメリットがありますね。

「温泉湯どうふは現地でしか食べられないのでは?」と思っている人に朗報!大正屋の「湯どうふ本舗」では、自宅でも嬉野の温泉湯どうふが楽しめる「とろける湯どうふセット」が販売されていますよ。現地で味わった感動を持ち帰って、ご家族や大切な人と共有してくださいね。

店名 : 大正屋謹製 湯どうふ本舗
住所 : 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2302−3 [地図]
営業時間 : 8:00-16:00
公式URL : http://yudoufu.jp/
電話番号 : 0954−43−5088
定休日 : なし

2.渋みが少なくて飲みやすい!うれしの紅茶

嬉野温泉で買うべきお土産「うれしの紅茶」の写真
出典: http://ec.shokokai.or.jp/

「うれしの紅茶 100g」864円(税込)

嬉野生まれのうれしの紅茶も、名物の一つ。
大きな特徴は、緑茶の茶葉を使用しているという点です。嬉野といえば茶どころとしても有名。緑茶由来の茶葉を発酵して作られたうれしの紅茶は、ストレートで飲んでいいくらい口当たりがまろやかで渋さを感じません。紅茶が苦手という方にも飲みやすいので、お土産にもぴったりですよ!

「相川製茶舗」では、うれしの紅茶をはじめ、ほうじ茶や抹茶オーレといったテイクアウトドリンクを販売。お土産選びと一緒に、現地でその美味しさを味わってみるのも良いですね。さらに、こちら嬉野本店で買い物される際は定価から10%割引に(一部対象外あり)。茶染工房も併設しているので、見学がてらぜひ立ち寄ってみてください。

店名 :相川製茶舗
住所 : 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿甲4002–1 [地図]
営業時間 : 9:00-19:00
公式URL : http://aikawaseichaho.com/
電話番号 : 0964-42-1756
定休日 : 不定休

3.嬉野茶を配合した温泉コスメ!うれしの茶の美肌石けん

嬉野温泉で買うべきお土産「うれしの茶の美肌石けん」の写真
出典: http://www.ritouen.co.jp/

「うれしの茶の美肌石けん 1個入り」300円(税抜)

お土産=食べ物ばかりではありませんよ!
美肌の湯として有名な嬉野温泉の旅館やホテルで販売されている「うれしの茶の美肌石けん」も、お土産人気が高い一品なんです。嬉野の特産品でもあるうれしの茶を抽出したエキスを配合。きめ細かい泡立ちで、洗い上がりの肌がしっとり、さらに透き通ったクリアな肌になると評判です。

ばらまきお土産としてもぴったりな価格ですし、女性に喜ばれそうですね。嬉野温泉へ宿泊するのはもちろん、日帰り入浴で訪れた際も、ホテルや旅館の売店を覗いてみてください。

温泉宿名 : 割烹旅館 鯉登苑
住所 : 佐賀県嬉野市嬉野町岩屋川内甲437 [地図]
公式URL : http://www.ritouen.co.jp/
電話番号 : 0954-43-2691

4.400年の歴史をもつ嬉野の陶磁器!肥前吉田焼

嬉野温泉で買うべきお土産「肥前吉田焼」の写真
出典: http://ureshino-style.jp/

※料金は商品によって異なります。

天正5年(1577年)から約400年という長い歴史の中で受け継がれてきた、嬉野の名産品。
嬉野には、肥前吉田焼をはじめとする陶芸品を製作している窯元が点在しており、窯元によって個性あふれる吉田焼を目にすることができます。

「肥前吉田焼窯元会館」には、各地の陶芸品が集結しているので、お土産選びはもちろん見学するだけでも存分に楽しめる施設です。さらに焼物体験も行っているので、ご自分へのお土産にもおすすめですよ。

店名 : 肥前吉田焼窯元会館
住所 : 佐賀県嬉野市嬉野町大字吉田丁4525-1 [地図]
営業時間 : 8:30-16:30
公式URL : http://www.ktknet.ne.jp/
電話番号 : 0954-43-9411
定休日 : 12月29日〜1月1日

5.歴史ある酒造の銘酒を!虎之児 大吟醸

嬉野温泉で買うべきお土産「虎之児 大吟醸」の写真
出典: http://toranoko.co.jp/

「虎之児 大吟醸720ml」3,394円(税込)

嬉野温泉街の中心部に位置する「井出酒造」の銘酒・虎之児 大吟醸は、嬉野を代表する地酒として有名です。
地元の米「山田錦」を使った伝統と格式ある虎之児は、井出酒造創業時から受け継がれてきました。各総評会でも金賞を多数受賞するなど、国内で高く評価されています。芳醇な香りと飲みやすさが特徴なので、お酒好きの方に是非贈りたいお土産の一つですね。

井出酒造では実際に蔵元を見学することもできますし、銘酒を試飲しながら商品を選ぶことができるのが嬉しいポイント。個性的な建物にもぜひ注目してください。

店名 : 井出酒造
住所 : 佐賀県嬉野市嬉野町大字下宿乙806–1 [地図]
営業時間 : 8:30-19:00
公式URL : http://toranoko.co.jp/
電話番号 : 0954-43-0001
定休日 : 日曜日

ただお土産を購入するだけではなく、見て・食べて・体験できるお土産どころが満載です。
徒歩圏内で回れるお店ばかりですので、嬉野温泉で心も体も解きほぐされた後は嬉野温泉街でお土産探しに出かけましょう。

★関連記事★
佐賀県にあるちょっとシブめのおすすめ温泉5選
日帰りOK!九州7県のおすすめ温泉15選


本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


The following two tabs change content below.
maasa.k

maasa.k

日々パソコンの前で黙々と仕事に打ち込んでいるカープ大好きアラサー女子。癒しを求めて中国地方から九州地方を中心とした温泉地を巡っています!温泉に入った時の肌のすべすべ感が忘れられず、温泉コスメを集めてしまうほど温泉が大好きです♪