「世界最大の蜂の巣」が見られる温泉に行ってきた(長野県【望岳荘】)

長野県のとある温泉施設では、「世界最大のハチの巣」が見られるという・・・。果たしてそこでYutty!編集部が見たものとは!?

4856

望岳荘の外観
JR飯田線の走る長野県上伊那郡にあり、「世界最大・最長の蜂の巣」が見られるという温泉【望岳荘】に行ってきましたのでレポートします。

アニメ聖地「陣馬形山」に近い【望岳荘】

望岳荘の外観2

望岳荘の入り口
【望岳荘】は、松川ICから車で15分、上伊那郡中川村にある公共の宿・日帰り温泉です。某ゆるいキャンプアニメの“聖地”のひとつ「陣馬形山」の入口にあり、キャンプ場から車で20分の場所にあるので、キャンプ前後の入浴にも便利です。

光明石人工温泉

望岳荘のフロント

【望岳荘】の日帰り温泉は、なんと400円で入浴ができます。天然温泉ではありませんが、腰痛や肩こりに良いとされる「光明石」を使った人工温泉になっています。
 
望岳荘の温泉浴場1 望岳荘の温泉浴場2
 
浴場に入るとひろがる中央アルプスと伊那の里。「望岳荘」の名にたがわぬ景色に感動します。露天風呂こそありませんが、なかなかここまで眺望の良い日帰り温泉はありません。
望岳荘の温泉浴場3
望岳荘の温泉浴場4
 
向かって右側の浴槽は少しぬるめで長湯向き、向かって左側の浴槽は薬草風呂となっていました。
 
カランは通常のカランのほか、蛇口の位置が高く、背を屈めなくても使用できるタイプのものもありました。高齢者などにも優しいユニバーサルデザインになっています。

湯上り処

望岳荘の湯上り処1 望岳荘の湯上り処2 【望岳荘】湯上り処からもアルプスの山々が一望できます。冷水器や自動販売機、リクライニングチェアなども揃っていました。

日本唯一の「ハチ博物館」

望岳荘ハチ博物館の入り口

さてここからが本題、日本で唯一の「ハチ専門の博物館」です。
 
望岳荘ハチ博物館の看板
博物館は【望岳荘】の一階に併設されており、フロントで300円を支払い入館します。
 
望岳荘ハチ博物館の展示物
望岳荘ハチ博物館の展示物2
 
館内にはハチの生態や種類、人間との関わりなどが、実物の標本(※閲覧注意)やパネルなどを用いて紹介されています。
 

世界最長のハチの巣

望岳荘ハチ博物館の世界最長の蜂の巣 博物館に入ってまず目を引くのが、こちらの「世界最長のハチの巣」。中川村在住のハチ研究家が「キイロスズメバチ」の女王蜂27匹と働き蜂20万匹を用いて作ったハチの巣です。全長が4.1メートル、直径は約60センチメートルで、とても「ハチの巣」とは思えない不思議な物体になっています。博物館の開館当初は「世界最長のハチの巣」だったそうですが、後により長いものが作られ、現在は第二位なのだとか。

世界最大のハチの巣

望岳荘ハチ博物館の世界最大の蜂の巣1 望岳荘ハチ博物館の世界最大の蜂の巣2

博物館の一番奥にあるのが、こちらの「世界最大のハチの巣」。キイロスズメバチの女王蜂114匹と働き蜂50万匹が作ったハチの巣で、「世界最巨」と書かれています。大きさは全長2.7メートル、全周6.6メートルで、約500キログラムもあるそうです。それにしても「50万匹のハチ」なんて、ちょっと想像ができませんよね!?

聖火ランナーのハチの巣

望岳荘ハチ博物館の聖火ランナーの蜂の巣 望岳荘ハチ博物館の世界最大の蜂の巣と聖火ランナーの蜂の巣

「世界最巨」の巣の隣にある「聖火ランナーのハチの巣」。こちらは長野県民にはちょっと思い入れのある一品だそうで、かの長野オリンピックの成功を祈念して作られた蜂の巣なのです。かつては長野県庁内にも展示され、テレビなどでもたびたび報道されたことから、長野県民には知られた存在なのだそうです。

地元の名産品がリーズナブル

望岳荘のお土産品
100%りんごジュース(左)と地域限定の「なかがわヒマワリおいる」(右)

【望岳荘】でおすすめしたいのが地元の名産品。寒暖差の大きい伊那谷で採れる果物や野菜は、甘くてみずみずしく、とても美味しいことで知られています。
 
そんな伊那の食材で作ったジュースやお菓子などが、こちらのお土産コーナーではとってもリーズナブル。たとえばサービスエリアや土産物店では1000円はする100%りんごジュースが、なんと500円!
 
そのほか、ここでなければ買えない商品も数多く取り揃えています。瓶がオシャレな「なかがわヒマワリおいる」は百貨店の物産展などでしか手に入らない逸品。ビタミンEを豊富に含み、ピーナッツのような香りがある植物油で、ごま油やオリーブオイルより料理に使いやすく、バターやドレッシングの代わりにも使用可能です。

詳細情報

施設名 : 信州ふるさとの宿 望岳荘(ハチ博物館)
住所 : 長野県上伊那郡中川村大草4489 [地図]
アクセス : 中央道松川ICから約15分
営業時間 : 【平日】11:00~20:00【土日祝】10:30~20:00
公式URL : http://www.bougakusou.com/spa.html
電話番号 : 0265-88-2033
定休日 : 要確認

詳細を読む

入浴料 : 大人400円、小人200円
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオルの有無 : 有料


本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!


The following two tabs change content below.
大谷優介

大谷優介

Yutty!編集長、歴史トラベルライター。歴史と入浴文化を中心に世界各地を取材。国内では現在「銭湯」にスポットを当て鋭意入浴中。えにし書房『台湾へ行こう! 見えてくる日本と見えなかった台湾』(藤田賀久, 大谷優介/平賀匡)著、集英社「週刊プレイボーイ」『新世代スーパー銭湯対決!』取材協力など。