編集部が肌で感じた!相模湖の日帰り温泉4選

相模湖の周辺には、雄大な自然を眺められる秘湯からファミリーにおすすめの温泉テーマパークまで魅力的な温泉がたくさん!編集部が実際に訪れたおすすめの日帰り温泉を紹介します。

786

相模湖の写真
神奈川県相模原市にある「相模湖」、編集部が実際に肌で感じたオススメの日帰り温泉4つを紹介します。

1位 旅館 陣谷温泉

旅館 陣谷温泉の入り口の写真
【陣谷温泉】は山ガールや登山ビギナーに人気の「陣馬山」への入口のひとつ「栃谷尾根登山口」近くにある温泉旅館。浴室に入ると、その檜風呂の立派さに圧倒されます。さらに湯舟に浸かると見える景色は一級品。目の前に相模の山々がまるで一枚の絵のように広がります。
 檜風呂の写真
檜風呂と檜風呂から見える大自然の写真
まさに「大自然との調和」を感じる湯舟
泉質は冷鉱泉の沸かし湯のようですが、檜の浴槽はトロトロの肌触り。誰にも邪魔されず素晴らしい景色を独り占めできる贅沢さから、堂々1位にランクインです。
 
浴室からの景色の写真
浴室からの景色

館内には休憩所や飲み物の販売機などはありません。アクセスは藤野駅発の神奈中バス「陣馬登山口」停留所から徒歩30分の上り坂です。大きなお風呂ではありませんので、一人旅や同性の仲間との小旅行に、ぜひ「陣谷温泉」を訪れてみてください。宿泊状況により入浴時間が異なりますので、事前にご確認ください。

旅館 陣谷温泉

住所 : 神奈川県相模原市藤野町吉野1778

TEL : 0426-87-2363

アクセス : 神奈中バス「陣馬登山口」より徒歩30分

入浴料 : 1000円

営業時間 : 要確認

  • 天然温泉
  • 露天風呂
  • かけ流し
  • 日帰り
  • 貸し切り
  • 送迎バス
  • 駐車場

2位 天下茶屋

弁天の湯の写真
弁天の湯
相模川沿いの渓谷に建つ旅館【天下茶屋】は日帰り入浴が可能。本棟にある大浴場「弁天の湯」と、長さ30mのトンネルを下った先にある「天明檜風呂」があり、日替わり制になっています。
 
「天明檜風呂」へ抜けるトンネルの写真
「天明檜風呂」へ抜けるトンネル
貸切風呂「泡の湯」の写真
貸切風呂「泡の湯」
アルカリ単純冷鉱泉のお湯はかなり身体が温まり、入浴後もずっとぽかぽかしていました。家族風呂「泡の湯」もあります(要問合せ)。
 
「天下茶屋」へ続く山道の写真
「天下茶屋」へ続く山道
駐車場から旅館までは200mほどの下り道が続き、帰りは山登りです。秘境感バツグンですが、足元が悪く距離もあるため高齢者やお子様連れ、大きな荷物を抱えた方はご注意ください。「天下茶屋」はプライベート感あふれる温泉旅館です。カップルやご夫婦でゆっくり過ごすのにおすすめです。

割烹旅館 天下茶屋

住所 : 神奈川県相模原市緑区千木良1270

TEL : 0426-84-2650

アクセス : 神奈中バス「千木良」バス停下車徒歩5分

入浴料 : 1000円

営業時間 : 9:00-18:00 定休日なし

  • 天然温泉
  • 露天風呂
  • かけ流し
  • 日帰り
  • 貸し切り
  • 送迎バス
  • 駐車場

〈グルメ〉そばき里 休屋

そばき里 休屋の入り口の写真
休屋の料理の写真
田舎麺(太麺)と普通麺(細麺)の盛り合わせと、そば粉ピザ
天下茶屋の駐車場から徒歩2分の距離にある「そばき里 休屋」。しこしこ麺好きなら絶対満足のツルしこ田舎そば、そして蕎麦屋ならではのそば粉を使ったピザが大人気のお店です。しこしこ麺好きの記者がこれまでに食べた蕎麦の中でもトップクラスに美味しかったですよ。本当に人気店のためお蕎麦は売切れ御免!天下茶屋とぜひセットで訪れてください。月~水の定休日にご注意を!
 

店舗名 : そばき里 休屋
住所 : 神奈川県相模原市緑区千木良1227-8[地図]
アクセス : JR相模湖駅から桂橋方面「千木良」バス停下車
営業時間 : 11:30~15:00(売切れ次第終了)
公式URL : http://yasumiya.sakura.ne.jp/index.html
電話番号 : 042-684-5005
定休日 : 月・火・水(月・火は祝日の場合営業)

3位 藤野やまなみ温泉

藤野やまなみ温泉の入り口正面の写真
相模湖の南、旧藤野町にある町営日帰り温泉「藤野やまなみ温泉」。こちらの特徴は何と言ってもナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉の源泉を一切加水せず100%かけ流しで利用していること!開放的な露天風呂からは相模の四季を望むことができます。湯上りには大広間や特別室(時間制)で休憩ができ、「やまなみ食堂」で食事も可能。館内では地元でとれた野菜も販売しています。
 
藤野やまなみ温泉入り口斜めの写真
 
最寄の「やまなみ温泉」バス停までJR藤野駅から路線バスが出ており、ハイキング後などにも便利です。都心からこんな近くで源泉かけ流しの温泉に入れるのは嬉しいですね!泉質にこだわるなら「藤野やまなみ温泉」はいかがでしょうか?

藤野やまなみ温泉

住所 : 神奈川県相模原市緑区牧野4225-1

TEL : 042-686-8073

アクセス : 神奈中バス「やまなみ温泉」下車

入浴料 : 大人700円~ 小学生350円~

営業時間 : 10:00-21:00 水曜日定休

  • 天然温泉
  • 露天風呂
  • かけ流し
  • 日帰り
  • 貸し切り
  • 送迎バス
  • 駐車場

4位 さがみ湖温泉 うるり

さがみ湖温泉 うるりの建物の写真
遊園地やキャンプ場などを併設する「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」内にある日帰り温泉です。
泉質はナトリウム-炭酸水素塩温泉(低張性アルカリ性低温泉)で、源泉を使った露天風呂や寝湯、高濃度炭酸泉などが楽しめます。
館内には岩盤浴、リラクゼーション、レストランなどがそろっており、カップルからファミリーまで幅広い世代におすすめ。
 
プレジャーフォレストの駐車場の写真
プレジャーフォレストの駐車場
プレジャーフォレストの駐車場の写真
プレジャーフォレストの入口から温泉まではかなり距離がある

料金は平日大人850円~。また温泉利用者はプレジャーフォレストの駐車場1000円分が無料になります。神奈中バス「プレジャーフォレスト前」バス停からは坂道と階段を10分ほど登る必要があるのでご注意ください。

さがみ湖温泉 うるり

住所 : 神奈川県相模原市緑区若柳1634

TEL : 042-685-2641

アクセス : 神奈中バス「プレジャーフォレスト前」下車

入浴料 : 大人850円~ 小人450円~

営業時間 : 11:00-21:00(休日10:00-22:00) 定休日なし

  • 天然温泉
  • 露天風呂
  • かけ流し
  • 日帰り
  • 貸し切り
  • 送迎バス
  • 駐車場

そのほかの日帰り温泉

新湯治場 秋山温泉

上野原にある日帰り温泉施設です。ドイツの温泉文化を取り入れており、温泉水プールや、屋外アウフグース・サウナが人気です。大浴場の源泉かけ流し風呂は36℃の源泉(単純アルカリ泉)を加水・加温なしで使用、ぬる湯ファンにはたまらない絶妙な温度です。

新湯治場 秋山温泉

住所 : 山梨県上野原市秋山2210

TEL : 0554-56-2611

アクセス : 上野原駅より無料送迎バス(日曜運休)

入浴料 : 大人800円~、小人600円~

営業時間 : 10:00-21:00(休日9:00-21;00) 第4月曜日定休

  • 天然温泉
  • 露天風呂
  • かけ流し
  • 日帰り
  • 貸し切り
  • 送迎バス
  • 駐車場

青根緑の休暇村 いやしの湯

緑区青根地区の「青根緑の休暇村」に併設された温浴施設です。泉質はph9.2カルシウム/ナトリウム硫酸泉で、檜や石を使った露天風呂・内湯が週替わりで楽しめます。食事処もあり、ランチや夕飯も可能。休暇村にはコテージやピアノ付きホールもあり、合宿などにおすすめです。

青根緑の休暇村 いやしの湯

住所 : 神奈川県相模原市緑区青根844

TEL : 042-787-2288

アクセス : 「やまなみ温泉」より予約制タクシー「いやしの湯」下車

入浴料 : 大人700円~ 子供400円~

営業時間 : 10:00-21:00(冬季10:00-20;00) 火曜日定休

  • 天然温泉
  • 露天風呂
  • かけ流し
  • 日帰り
  • 貸し切り
  • 送迎バス
  • 駐車場

陣馬の湯 旅館陣渓園

旅館 陣谷温泉のさらに奥にある旅館です。冷鉱泉の岩風呂があり、日帰り入浴も可能です。

陣馬の湯 旅館陣渓園

住所 : 神奈川県相模原市緑区吉野1848

TEL : 042-687-2537

アクセス : 神奈中バス「陣馬登山口」より徒歩30分

入浴料 : 1000円

営業時間: 要確認

  • 天然温泉
  • 露天風呂
  • かけ流し
  • 日帰り
  • 貸し切り
  • 送迎バス
  • 駐車場

おわりに

新宿から一時間で行けてしまうリゾート地、相模湖。ここ相模湖には大自然に抱かれた魅力的な温泉やグルメがたくさんあります。ぜひ足を運んでみてください。

 
男性が湯船に浸かっている温泉の写真

本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!


The following two tabs change content below.
大谷優介

大谷優介

Yutty!編集長、歴史トラベルライター。歴史と入浴文化を中心に世界各地を取材。国内では現在「銭湯」にスポットを当て鋭意入浴中。えにし書房『台湾へ行こう! 見えてくる日本と見えなかった台湾』(藤田賀久, 大谷優介/平賀匡)著、集英社「週刊プレイボーイ」『新世代スーパー銭湯対決!』取材協力など。