【動画レポ】北海道ニセコ温泉を大特集【マックスむらいの温泉談義】

マックスむらいと上田部長の温泉談義 第17回!動画で温泉を紹介する企画、今回は「冬のニセコ」特集!!上田部長がニセコの魅力的な温泉を様々な角度から語ります!

7667

露天風呂の写真

むらい
みなさんこんにちは!
上田部長
こんにちは。
むらい
さて、今回はどちらの温泉でしょうか?
上田部長
今回は、ニセコ温泉を3つご紹介していきます。
むらい
ニセコ!北海道ですね!
上田部長
そうです。
むらい
ニセコっていうと、スキー場のイメージですが、温泉も良いんですか?
露天風呂から見える羊蹄山の写真
「ニセコ富士」こと羊蹄山を一望する【まっかり温泉】など、ニセコは温泉の宝庫だ。
上田部長
いやいや、良いなんてものじゃないよ!素晴らしいんだから!
むらい
なるほど!それでは早速行ってみましょう。

 

白銀の世界に囲まれた温泉【五色温泉旅館】

上田部長
まず最初は、【五色温泉旅館】(ごしきおんせんりょかん)
ここはね、冬には一部閉鎖になるような、ニセコでも一番奥の秘湯なんや。

雪が積もっている五色温泉旅館の外観の写真

上田部長
宿の前の道は、宿のオーナーさんが毎日一生懸命ブルドーザーで除雪している。本当に頭の下がる思いやな。

雪が積もっている五色温泉旅館の外観の写真

むらい
確かにこれはすごい雪ですね・・・。

五色温泉旅館の大浴場の写真

上田部長
浴場は2つあって、まずこちらがメインの大浴場ね。
上田部長
泉質はかなりの強酸性の硫酸塩・塩化物温泉で、石鹸なんか使わなくてもこのお湯に入っていればそれだけでお肌が綺麗になるというね。

五色温泉旅館の露天風呂の写真

上田部長
そしてこれが露天風呂。完全源泉掛け流しやから、湯口のあたりだとめちゃめちゃ熱いんやけどね。外気が低いから適温になるっていう。
むらい
すごい雪!!
奥にニセコアンヌプリを望む五色温泉旅館の露天風呂の写真
奥にニセコアンヌプリを望む露天風呂。
上田部長
ここは本当はニセコアンヌプリが一望できるんだけど、雪が積もり過ぎて湯船から見えなかったわ(笑)
むらい
このロープはなんですか?

五色温泉旅館の降り積もった雪の写真

上田部長
このロープはね、一見、周囲の雪が崩れるから入っちゃだめだよってロープに見えるんだけど。
むらい
違うんですか。
上田部長
実は屋根に積もってる雪が危険だからってロープなんやわ。
むらい
へえー!

五色温泉旅館の「からまつの湯」の写真

上田部長
そしてこちらが、「からまつの湯」。
むらい
大浴場とは何が違うんでしょうか?
五色温泉旅館のからまつの湯露天風呂の写真
からまつの湯露天風呂
上田部長
とくにはないんやけど、見える景色や大きさが異なるかな。内湯からの景色もすごく良かったよ。
むらい
こちらはこちらで、雰囲気がありますね!
むらい
こちらのお宿さんは、どういった時に泊まるのがオススメなんでしょ?
五色温泉旅館の休憩処の写真
日帰り客には休憩処もある
上田部長
カップルや夫婦、気の合う仲間と2人〜4人くらいの少人数でしんみり過ごすのがええね。じつはこちらはひとり客と団体は受け入れていないんやって。
むらい
シーズンとしてはいつ頃が魅力的ですか?
雪景色の写真
バックカントリーへ向かう登山客を送り、迎えるのも五色温泉旅館の役目だ。
上田部長
春は山菜取り、夏はトレッキング、秋は紅葉、冬はスキーにバックカントリーと一年を通して魅力的なんや!
春から秋は路線バスも通ってるから、マイカーの無い人は夏場がオススメかな。すいていて落ち着けるのは11月〜5月くらいらしい。
むらい
なるほど、【五色温泉旅館】、景色も温泉も素晴らしいところでしたね!

詳細情報

施設名 : 五色温泉旅館(ごしきおんせんりょかん)
住所 : 北海道虻田郡ニセコ町字510番地[地図]
アクセス : ニセコバス ニセコ線「五色温泉」下車(夏期)、冬季は自家用車のみ
営業時間 : 08:00~20:00 (定休日なし)
公式URL : http://goshiki-onsen.com/
電話番号 : 0136-58-2707
泉質 : 酸性・含硫黄 – マグネシウム・ナトリウム・カルシウム – 硫酸塩・塩化物温泉
タイプ : 完全源泉掛け流し

詳細を読む

入浴料 : 大人 700円(中学生以上) 小人 500円(5歳以上)
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオルの有無 : 有料

 

庭園風の混浴露天風呂にみんなで入ろう!【ニセコグランドホテル】

上田部長
次にご紹介するのは、北海道でも屈指の広さを誇る混浴露天や!
むらい
おおっ!混浴ですか!

ニセコグランドホテルの外観の写真

上田部長
こちら、【ニセコグランドホテル】さんは、俺もよく入りに行ってる有名な温泉ホテルやな。

ニセコグランドホテルの庭園風混浴露天風呂の写真

上田部長
まずこの広大な「庭園露天風呂」よ!男湯、女湯の両方から入っていけるような形なんやけど、まさに「庭園」の名にふさわしい規模や。
むらい
これ、水着とかじゃないんですか?

ニセコグランドホテルの庭園風混浴露天風呂の写真

上田部長
基本裸やな。でも外国の方や、裸は恥ずかしいって人には、湯浴み着があるから、安心やな。
ニセコグランドホテルの流れ出す源泉の写真
70度を越す源泉がそのまま流れている
上田部長
ここはまた泉質も最高で、pH6.4の「含鉄泉」(ナトリウム ‐ 炭酸水素塩泉)と、ph6.45の「ナトリウム泉」(塩化物泉)のブレンドになっていて、贅沢やな。
むらい
うっわあ!これは行きたい!夏になったらまた違う感じなんでしょうね!
ニセコグランドホテルの夏の庭園風混浴露天風呂の写真
夏の庭園混浴露天風呂(ニセコグランドホテル公式ウェブサイトより)
上田部長
もちろん。じつはこのサイズでも冬は半分くらい閉鎖していて、夏は大きさが2倍になる(笑)
むらい
それはすごい!

ニセコグランドホテルの女性浴場露天風呂の写真

上田部長
女湯には、専用の露天風呂が付いているから、「混浴は恥ずかしい!」って人はこっちを使ってな。
ニセコグランドホテルのナトリウム泉の浴槽(男性浴場)の写真
ナトリウム泉の浴槽(男性浴場)
上田部長
一応、内湯もあって、こちらは露天風呂ではミックスされている「含鉄泉」と「ナトリウム泉」のそれぞれに入ることができる。

ニセコグランドホテルの外観の写真

むらい
こちらの温泉、どんなシーンで使うのがオススメでしょう?
上田部長
やっぱり大人数でワイワイやな!6人〜10人くらいの仲間でニセコに行くならここがええな。宿泊客は翌日のチェックアウト後も入浴できるんやけど、午後2〜5時くらいがすいていてオススメだそうだ。
むらい
なるほど!それならスキーを楽しんだあとに温泉に入ることもできますね!
ぜひ私も仲間と行ってみたいです!

詳細情報

施設名 : ニセコグランドホテル
住所 : 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ412番地[地図]
アクセス : JRニセコ駅から路線バスで約15分「昆布温泉入口」下車
営業時間 : 11:30 ~ 21:00(日帰り入浴)
公式URL : http://niseko-grand.com/
電話番号 : 0136-58-2121
泉質:ナトリウム – 塩化物泉、ナトリウム – 塩化物 – 炭酸水素塩泉
タイプ : 完全源泉掛け流し(天然水による加水あり)

詳細を読む

入浴料 : 大人 900円 / 子供450円、湯浴み着100円
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオルの有無 : バスタオル 150円、フェイスタオル 100円

 

「アイヌ文化」と「和文化」が融合したオシャレ極上空間【ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄】

上田部長
最後はニセコの中でもハイグレードなこちら、【ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄】(つるがべっそう もくのしょう)や!

ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄の外観の写真

むらい
昆布温泉!?海藻でも浮かんでるんですか!?
上田部長
まあそういう反応になるわな(笑)
べつに昆布が浮かんでるわけでも、昆布でダシをとってるわけでもなく、昔このあたりが昆布の生産が盛んだったことから付けられた名前らしい。(諸説あり)
むらい
そうなんですね・・・。
ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄のロビーの写真
ロビー
上田部長
こちらのお宿は、有名デザイナーによる「アイヌ文化」と「和モダン」を融合させた内装で、めちゃめちゃかっこいい。
むらい
すごい!おしゃれ!!

ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄のラウンジの写真
ゆっくりと時を過ごすラウンジ
ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄のワインセラーの写真
好みのワインを、好みのタイミングで・・・

上田部長
ちょっと暗めに調整されたラウンジがあったり、ワインセラーがあったり、テンション上がりまくりや。
むらい
芸能人の「お忍び」で利用されそうな雰囲気ですね〜〜。

ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄の命泉の湯の写真

上田部長
こちらが大浴場で、内湯と露天風呂、サウナがある。
ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄の大浴場-露天風呂の写真
大浴場-露天風呂
上田部長
お湯は薄茶色に少し色が付いていて、泉質はナトリウム - 塩化物・炭酸水素温泉。お湯の温度は適温で、めっちゃ優しいお湯やったな。
むらい
(やっぱり昆布でダシをとってるんじゃ・・・)
ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄のスイートの個室露天風呂の写真
スイートの個室露天風呂
上田部長
このホテルは全室スイートでね、客室にも露天風呂がついてる。
むらい
ええ!全室スイートですか!!

ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄のスイートの客室の写真

上田部長
客室も、「アイヌ文化」を取り入れた装飾で、普通の和モダン客室とは趣が異なるんよ。
あとこれね、暗めのロビーや廊下に比べて、部屋はすごく明るくしていて、「暗」から「明」へのコントラストが緻密に計算されていて素晴らしいんやわ。

ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄のスイートの個室露天風呂の写真

むらい
そして個室露天風呂!贅沢ですね!
上田部長
本当にね、次はプライベートで行きたいね(笑)

ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄の温泉の写真

上田部長
【ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄】、コンセプトにもなっている「木のぬくもりと湯のぬくもり」が感じられる、素晴らしいお宿さんでした。

詳細情報

施設名 : ニセコ昆布温泉 鶴雅別荘 杢の抄(つるがべっそう もくのしょう)
住所 : 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ393[地図]
アクセス : 地下鉄真駒内駅前もしくはニセコエリア内無料シャトルバスあり(予約制)
営業時間 :
公式URL : http://www.mokunosho.com/
電話番号 : 0136-59-2323
泉質 : ナトリウム – 塩化物・炭酸水素温泉
タイプ : 

詳細を読む

入浴料 : 日帰りプラン¥8,000(税別)〜
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオルの有無 : あり


本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

【動画レポ】北海道ニセコ温泉を大特集【マックスむらいの温泉談義】