日本全国の「猿の温泉」を徹底調査!じつは【地獄谷野猿公苑】だけじゃないんです!

「猿の温泉」こと【地獄谷野猿公苑】とはなんぞや?「猿の温泉」の場所や由来、お猿さんが温泉に入りに来る理由などをご紹介。関東や関西で猿の入浴シーンが見られる動物園の情報も大公開!!

169713

海外でも話題に!

野猿公苑は、世界的に有名なアメリカの雑誌「LIFE」誌に1970年に取り上げられたのをはじめとして、海外でも広く知られています。

とくに1998年の長野冬季オリンピックの際は各国の選手たちも訪れ話題になったそう。「猿の温泉」についてのの記事を見た中国のネットユーザーもこんな反応。

・日本の猿はいいねぇ。

・動物はときに人間よりも人生を楽しんでいる!俺は温泉になんて入ったことないぞ。

・はぁ~うらやましい!

中国の反応ブログより

今も世界中から外国人観光客が訪れているそうですよ。

・猿と同じくらい外国人が大勢いました

・この日(平日)は外国人観光客が7~8割を占めていたように感じられました

トリップアドバイザーより)

いつ行けば見れる?

毛づくろいをする温泉の猿の写真

野猿公苑にお猿さんたちが入りに来るのは11月から3月の寒〜い時期だけ!

でも冬だからと言って必ず見られるというわけではなさそう!例えば2015の11月頃は「公苑から猿が消えた!」ということで、運営が緊急事態宣言を出すことに。

さらに2016年に入ってからも続いていた異例の暖冬で「せっかく戻ってきた猿が温泉に入らない!」という事態が。

でもご安心を!お猿さんたちは戻ってきてます!

今回の大寒波で、さすがのお猿さんたちも耐えきれなくなったみたい。地獄谷野猿公苑の公式Facebook公式Twitterによると、列島が急激に寒くなってからは、毎日のように温泉に入りにきているそうです。

戻ってきた 猿 温泉 の猿
戻ってきた野猿公苑の猿(引用:地獄谷野猿公苑公式Facebookより)

とはいえ、そんなトラブルも野生ならでは。温泉に入りに来るかどうかはお猿さん次第なので、お出かけの前には公式Facebookや公式Twitterで最新情報を確認しましょう!

お家からリアルタイムでも見れる!

また、インターネットを使って「猿の温泉」の様子をお家から見ることも可能。野猿公苑公式サイトが配信している、「野猿公苑ライブカム」にアクセスすれば、1分ごとに更新される現地の写真を見ることができます。

野猿公苑ライブカムの画像(猿 温泉)
公式ライブカムでの1枚(出典 :野猿公苑ライブカム より)

【地獄谷野猿公苑】へのアクセス

地獄谷周辺のアクセスマップ
引用:長野県山ノ内町公式ウェブサイトより

電車・バスで

「猿の温泉」こと地獄谷野猿公苑へは、長野電鉄湯田中駅からながでんバス上林線「上林温泉」バス停で下車、もしくは長野駅・飯山駅からの志賀高原行き急行バス「スノーモンキーパーク」バス停で下車し徒歩約40分

マイカーで

マイカーの場合は、上山温泉の専用駐車場から徒歩約30分となります。冬季は地獄谷周辺の道路が通行止になるのでご注意を!

予約制の直行バスが便利!

また土休日には湯田中駅から地獄谷までの直行バス「スノーモンキーホリデー観に(ミニ)バス」が運行しています(完全予約制)ので、雪道の徒歩が心配な方はぜひこちらもご利用ください(2016年2月現在)。

※記載されている交通情報は2016年2月現在の情報です。

長野電鉄スノーモンキー号(猿 温泉へのアクセス)
「猿の温泉」にちなんで運行される元JR成田エクスプレスの車体を使用した長野電鉄の特急「スノーモンキー号」(引用:responseより)

施設名 : 地獄谷野猿公苑
住所 : 長野県下高井郡山ノ内町大字平穏6845
営業時間 : 夏季(4月ごろ~10月ごろ)8:30ごろ~17:00ごろ、冬季(11月ごろ~3月ごろ)9:00ごろ~16:00ごろ ※サルの行動により変動あり
公式URL : http://jigokudani-yaenkoen.co.jp/
定休日 : なし
入苑料金 : 中学生以上500円、5歳以上250円

【次のページへ】もっと近場で見たい!そんな時は?

1
2
3
4

本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!


The following two tabs change content below.
大谷優介

大谷優介

Yutty!編集長、歴史トラベルライター。歴史と入浴文化を中心に世界各地を取材。元温泉ホテル設備管理者。水利用施設環境衛生士、温泉健康指導士。えにし書房『台湾へ行こう! 見えてくる日本と見えなかった台湾』(藤田賀久, 大谷優介/平賀匡)著、集英社「週刊プレイボーイ」『新世代スーパー銭湯対決!』取材協力など。