【2016年版】新オープンの《札幌》温泉宿5選

北海道新幹線(新青森〜函館)の開業を目前に控えた北海道、そんな北の大地で最大の都市 札幌 の 温泉 宿をニューオープンに厳選して最新情報でお伝えします!

17355

北海道新幹線(新青森〜函館)の開業を目前に控えた北海道、今回は 札幌 からアクセス抜群の 温泉 のある宿・ホテルをニューオープンに厳選して、最新情報でお伝えします!

▼目次

  1. 【ウェスティン ルスツリゾート】(2015年12月オープン)
  2. 【キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道】(2015年11月オープン)
  3. 【ドーミーイン東室蘭】(2015年11月オープン)
  4. 北湯沢【緑の風リゾートきたゆざわ】(2015年6月リニューアルオープン)
  5. 【ニセコ いこいの湯宿いろは】(2015年4月リニューアルオープン)

 

【ウェスティン ルスツリゾート】(2015年12月オープン)

札幌から直行!温泉あり、ゲレンデあり、遊園地ありの「ウェスティンホテル」

ウェスティン ルスツリゾートの外観
出典:ウェスティン ルスツリゾート公式ウェブサイトより
ウェスティン ルスツリゾートの夜景
出典:ウェスティン ルスツリゾート公式ウェブサイトより

「シェラトン」ホテルでも有名な高級ホテルグループ「スターウッド・ホテル&リゾート」が運営するウェスティン・ホテルズが北海道「ルスツリゾート」に進出!札幌から無料アクセスで、丸一日楽しめます!

①全室スイートルームで非日常な体験を

ウェスティンルスツのスイートルーム
出典:ウェスティン ルスツリゾート公式ウェブサイトより
ウェスティン ルスツリゾートのパナソニックルーム
パナソニックの家電製品が使い放題の「パナソニックルーム」(出典:ウェスティン ルスツリゾート公式ウェブサイトより)

【ウェスティン ルスツリゾート】の客室はなんと全室がスイートルーム!写真の「パナソニックルーム」をはじめとした多種多様なスイートルームで贅沢なひとときを過ごせます。

②本格和食と開放感のあるバイキング

ウェスティン ルスツリゾートの本格和食
日本料理「風花」の本格和食(出典:ウェスティン ルスツリゾート公式ウェブサイトより)
ウェスティン ルスツリゾートのヴュッフェ
ブッフェ&ラウンジ「アトリウム」のバイキング(出典:ウェスティン ルスツリゾート公式ウェブサイトより)

【ウェスティン ルスツリゾート】では、本格日本料理とヴュッフェバイキングが楽しめます。日本料理「風花」では、北海道の味覚を最大限に生かした海・山の幸と、シェフが目の前で調理してくれる鉄板焼きを、ブッフェ&ラウンジ「アトリウム」では、開放的な空間で和食・洋食を召し上がれ!

③天然温泉「ルスツリゾート温泉」は日帰り入浴も可能

ウェスティン ルスツリゾートの露天風呂
開放感のある露天風呂(出典:ウェスティン ルスツリゾート公式ウェブサイトより)

【ウェスティン ルスツリゾート】の大浴場は天然温泉(ナトリウム-炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉))。露天風呂もあり、日帰り入浴も可能。

④季節で変わるルスツの楽しみ方

ルスツリゾートのゲレンデ
冬はゲレンデでスキー三昧!(出典:ルスツリゾート公式ウェブサイトより)
ルスツリゾートの遊園地
夏は遊園地で自然を満喫!(出典: Find travelより)

ルスツリゾートは家族で、友達で楽しめるレジャーが充実。冬は目の前にあるルスツリゾートのゲレンデでスキー三昧、夏はリゾート併設の遊園地で自然を満喫しながらアトラクションで楽しめる。まさにホテルがまるごとテーマパークなんです!

札幌から温泉宿への便利なアクセス

ルスツリゾートの送迎バス
送迎バス(イメージ)(出典:ルスツリゾート公式ウェブサイトより)

札幌駅からはルスツリゾート運行の無料送迎バス(参考:http://rusutsu.co.jp/access)が出ているので、アクセスも楽々!

ホテル名 : ウェスティン ルスツリゾート
住所 : 北海道虻田郡留寿都村字泉川133番地
アクセス : JR札幌駅より無料送迎バスで90分
営業時間 : 日帰り平日12:00-21:00、日帰り休日前12:00-14:00
公式URL : http://www.westinrusutsu.com/jp
電話番号 : 0136-46-2111
詳細を読む

宿泊料 : 21,000円〜
日帰り入浴 : おとな1,180円(入湯税込) こども1,080円
駐車場の有無 : あり

 

【キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道】(2015年11月オープン)

温泉だけじゃない!「新」キロロリゾートで遊びつくせ!

キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道の外観
出典:キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道公式ウェブサイトより
キロロ トリビュートポートフォリオホテル の吹き抜けロビー
ホテルの風格を感じる吹き抜けロビー(出典:キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道公式ウェブサイトより)

【キロロリゾート ホテルピアノ】が、「スターウッド・ホテル&リゾート」の高級リゾートブランド《ポートフォリオ》となって再登場。まるで「夢の国」にいるような時間を味わえます。

①ホテルの周りには親子で楽しめるアトラクションがいっぱい!

・キロロリゾートといえばスキー場!
キロロリゾートのゲレンデ
キロロリゾートのゲレンデ(出典:キロロリゾート公式ウェブサイトより)

【キロロ トリビュートポートフォリオホテル】は、キロロリゾートのゲレンデからすぐ。

・ホテルの中にショッピングモールが!
キロロタウンの写真
キロロタウン(出典:キロロリゾート公式ウェブサイトより)

キロロリゾートにはレストランやショップのあるショッピングモール「キロロタウン」が併設。

キロロリゾートマーケットの写真
リゾートマーケット(出典:キロロリゾート公式ウェブサイトより)

北海道限定のグッズやお土産が揃うリゾートマーケットにはママも大喜び。

グランシップ
グランシップ(出典:キロロリゾート公式ウェブサイトより)

悪天候でもOKの体験型室内アミューズメントパーク「グランシップ」に行けば子どもたちも大はしゃぎ間違いなし!

②遊んだあとは温泉でしょ! キロロ温泉「森林の湯」

キロロトリビュートホテルの露天風呂
露天風呂「森林の湯」(出典:キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道公式ウェブサイトより)
キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道の露天風呂(雪景色)
冬の露天風呂(出典:キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道公式ウェブサイトより)

キロロリゾートに併設されている天然温泉は「キロロ温泉 森林の湯」。開放感のある露天風呂は、日帰り入浴も可能です。

③本格イタリアンからエゾ鹿肉まで、多彩なレストラン

【キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道】は、「食」もテーマパーク。

キロロ トリビュートポートフォリオホテルのイタリアン「アッラモーダ」
本格イタリアン「アッラモーダ」。ここは「夢の国」。(出典:キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道公式ウェブサイトより)

ホテルの吹き抜けを眺めながら本格イタリアンが楽しめる「アッラモーダ」。

キロロ トリビュートポートフォリオホテルの日本料理「風雅」
日本料理「風雅」は雪景色の見える個室で・・・(出典:キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道公式ウェブサイトより)

雪景色を見ながら最高級の北海道の味覚を味わえる日本料理「風雅」。

キロロ トリビュートポートフォリオホテルのレストランPOP
ヴュッフェレストラン「POP」(出典:キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道公式ウェブサイトより)

家族でわいわい、北海道の味覚を好きなだけ楽しめるヴュッフェレストラン「POP」。

キロロ トリビュートポートフォリオホテルの和食処「旬彩」
定食もアラカルトも。和食処「旬彩」(出典:キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道公式ウェブサイトより)

仲間や夫婦で、居酒屋感覚で気軽にしっぽり、和食処「旬彩。

キロロ トリビュートポートフォリオホテルの炭火焼「やん衆」
北海道限定「エゾ鹿肉」や新鮮な魚介を炭火で楽しむ。炭火焼「やん衆」(出典:キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道公式ウェブサイトより)

そして北海道限定の「食」体験が出来る炭火焼「やん衆」では、「エゾ鹿肉」や新鮮な魚介を楽しめますよ。

札幌から温泉宿への便利なアクセス

キロロリゾートの送迎バス
キロロリゾートの専用送迎バス(出典:キロロリゾート公式ウェブサイトより)

【キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道】へは、JR小樽築港駅から出ているキロロリゾート運行の無料送迎バスが便利!また札幌駅からのキロロリゾート行き高速バスも利用可能です。(参考:http://www.kiroro.co.jp/jp/getting-here/

ホテル名 : キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道
住所 : 北海道余市郡赤井川村字常盤128-1
アクセス : JR札幌駅よりリゾートバスで90分、もしくはJR小樽築港駅から無料送迎バスで40分
公式URL : http://www.kirorohokkaido.com/jp
電話番号 : 0135-34-7111
詳細を読む

宿泊料 : 15,400円〜
日帰り入浴 : 日帰り1日フリー 大人¥1,100 小学生¥800 幼児¥500
駐車場の有無 : あり

【ドーミーイン東室蘭】(2015年11月オープン)

札幌から特急で行く 東室蘭駅前の天然温泉!

ドーミーイン東室蘭の外観
出典:じゃらんより
ドーミーイン東室蘭のロビー
シックなデザインのロビー(出典:ドーミーイン東室蘭公式ウェブサイトより)

全国に展開するドーミーインホテルズの新ホテルが東室蘭にオープン。リーズナブルな価格でアクセス抜群。

①自慢の朝食バイキングで目覚めもバッチリ

ドーミーイン東室蘭の朝食バイキング
出典:ドーミーイン東室蘭公式ウェブサイトより

【ドーミーイン東室蘭】のオススメポイントは朝食バイキング。豊富なバラエティのバイキングを食べれば楽しい1日を過ごせそう!

②サウナ完備の天然温泉で旅の疲れもスッキリ! 天然温泉「幸鐘の湯」

ドーミーイン東室蘭の大浴場
出典:ドーミーイン東室蘭公式ウェブサイトより

【ドーミーイン東室蘭】の「幸鐘の湯」は、なんと天然温泉(ナトリウム・カルシウム塩化物泉、硫酸塩泉、ナトリウム炭酸水素塩泉)。露天風呂あり、サウナありの大浴場はリーズナブルなのに雰囲気抜群!

③札幌から温泉宿への便利なアクセス

ドーミーイン東室蘭の部屋
出典:ドーミーイン東室蘭公式ウェブサイトより

【ドーミーイン東室蘭】はJR東室蘭駅から徒歩たったの7分!

特急スーパー北斗
特急「スーパー北斗」(出典:Wikipediaより)

東室蘭駅へは、札幌からJR特急「スーパー北斗」や特急「すずらん」で約1時間です。

ホテル名 : ドーミーイン東室蘭
住所 : 北海道室蘭市中島町2丁目30番11号
アクセス : JR東室蘭駅から徒歩5分
公式URL : http://www.hotespa.net/hotels/higashimuroran/
電話番号 :0143-41-5489
詳細を読む

宿泊料 : 5,990円〜
駐車場の有無 : あり

 

北湯沢【緑の風リゾートきたゆざわ】(2015年6月リニューアルオープン)

こんなホテル見たことない!「エンターテイメントリゾート」

緑の風リゾートきたゆざわのロビー
出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより
緑の風リゾートきたゆざわの外観
出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより

北湯沢の【湯元 名水亭】(運営:野口観光)が全面リニューアル!これまで誰も見たことがない「エンターテイメントリゾート」として登場です。

①超巨大露天風呂と多彩なパブリックスペース

・日本最大級!! 150坪の超巨大露天風呂
緑の風リゾートきたゆざわの大露天風呂
出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより

【緑の風リゾートきたゆざわ】最大のオススメポイントは何と言っても日本最大級の大露天風呂。

・「あなただけ」の特別なリゾートを… 多彩なパブリックスペース
くつろぎライブラリー のぐち文庫
くつろぎライブラリー のぐち文庫(出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより)
ザ・書斎 夢追い人
ザ・書斎 夢追い人(出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより)
緑の風リゾートきたゆざわのフロア専用ラウンジ
各フロア専用ラウンジ(出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより)

読書スペースやワークスペースから、フロア専用のラウンジまで、多様な用途に対応したパブリックスペースはさながら「別荘気分」。「自分だけ」のオリジナルな過ごし方を見つけられそう!

②大地の恵みが描く「極上のエンターテイメント」

緑の風リゾートのヴュッフェ「せせらぎ」
エンタメ&ライブレストラン 「せせらぎ」(出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより)
緑の風リゾート「せせらぎ」の食事
ヴュッフェレストラン「せせらぎ」のメニュー(出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより)

【緑の風リゾートきたゆざわ】のビュッフェバイキングはその名も《エンタメ&ライブレストラン「せせらぎ」》。地元の旬の食材を使って一流のシェフやパティシエが目の前で調理する和食・洋食・中華はまさに「エンターテイメント」。

緑の風リゾートの郷土料理「もりの風茶寮」
旬の味と郷土料理「もりの風茶寮」(出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより)

また郷土料理「もりの風茶寮」では、季節ごとのテーマに沿って、全国の郷土料理や北海道ならではの味覚が会席料理で味わえます。

緑の風リゾートのフレンチ&イタリアン「ZEN」
北海道フレンチ&イタリアン「ZEN」(出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより)

さらに創作レストランの「ZEN」はなんとフレンチとイタリアンの融合フルコース。【緑の風リゾートきたゆざわ】だけの贅沢をぜひ。

③4つの「温泉コンテンツ」

【緑の風リゾートきたゆざわ】の温泉は露天風呂だけじゃありません。それぞれの楽しみ方ができる大浴場(低張性弱アルカリ性高温泉)は4種類!

緑の風リゾートきたゆざわ大浴場
大浴場「DAI-NO-JI」(出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより)

広い大浴場は湯量たっぷり。火照った身体にはクールサウナも。

緑の風リゾート大露天風呂
大露天風呂「HOSHI★ZORA」(出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより)

大自然を体感できる国内最大級の露天風呂は開放感抜群。

緑の風リゾートきたゆざわお好み風呂
お好み風呂「HA-SHI-GO」(出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより)

立ち湯・座湯・変わり湯・季節湯・肩湯など「お風呂をハシゴ」できる、お好み風呂「HA-SHI-GO」。

緑の風リゾートきたゆざわ森の散歩湯
森の散歩湯「WOOD SPA」(出典:緑の風リゾートきたゆざわ公式ウェブサイトより)

夜はライトアップがロマンティックな森の散歩湯「WOOD SPA」はフルーツの香りなど全20種類、なんとすべてかけ流し!女性には嬉しいガウンの貸し出しサービスも。

札幌から温泉宿への便利なアクセス

ジェイアール北海道バス
送迎バス(イメージ)(出典:Wikipediaより)

【緑の風リゾートきたゆざわ】へは、札幌駅から無料送迎バス(運行:ジェイ・アール北海道バス)で簡単アクセスです!(参考:http://www.midorinokaze-resort.com/access

ホテル名 : 緑の風リゾートきたゆざわ
住所 : 北海道伊達市大滝区北湯沢温泉町300-2
アクセス : JR札幌駅から無料送迎バスで150分
公式URL : http://www.midorinokaze-resort.com/
電話番号 : 0142-68-8126
詳細を読む

宿泊料 : 26,400円〜
駐車場の有無 : あり

 

【ニセコ いこいの湯宿いろは】(2015年4月リニューアルオープン)

温泉ソムリエ推薦!美人になれるニセコの宿

いこいの湯宿いろは大浴場
出典:いこいの湯宿いろは公式ウェブサイトより
いこいの湯宿いろは外観
出典:じゃらんより
いこいの湯宿いろはロビー
和風モダンのロビー(出典:シィービーツアーズより)

【ニセコ いこいの湯宿いろは】(旧:ホテルニセコいこいの村)が2015年春に和風モダンの装いを新たにリニューアルオープン。札幌から気軽に行ける温泉ソムリエも認定の「美人の湯」と大自然が迎えてくれます。

①冬も夏も楽しめる ニセコリゾートの温泉宿

・ニセコスキー場まで徒歩5分!
ニセコスキー場ゲレンデ
ニセコスキー場ゲレンデ(出典:ニセコアンヌプリ国際スキー場公式ウェブサイトより
ニセコスキー場とニセコアンヌプリ山
ニセコスキー場とニセコアンヌプリ山(出典:ニセコアンヌプリ国際スキー場公式ウェブサイトより

【ニセコ いこいの湯宿いろは】はニセコスキー場まで徒歩圏内。家族でも、仲間でも楽しめること間違いなし!

・夏は大自然を満喫!
夏のニセコと羊蹄山
夏のニセコと羊蹄山(出典:何より旅が好きより)
いこいの湯宿いろはの鑑賞池
鑑賞池(出典:楽天トラベルより)
いこいの湯宿いろはの散策路
散策路(出典:じゃらんより)

冬は一面雪景色のニセコも、夏になると緑の大自然が拡がります。【いこいの湯宿いろは】敷地内にも散策路や鑑賞池など、夏のニセコを楽しめる施設が充実。

②選べる会席料理とジンギスカン

いこいの湯宿いろはの「いろは膳」
「いこい膳」(要事前予約)(出典:いこいの湯宿いろは公式ウェブサイトより)

【いこいの湯宿 いろは】のレストラン「カラマツ」ではリーズナブルに新鮮な海の幸・山の幸を楽しめます。またお座敷タイプの和食処「ナナカマド」ではでワンランク上の北海道の味覚が体感できます

いこいの湯宿いろはのジンギスカン
(出典:いこいの湯宿いろは公式ウェブサイトより)

北海道といえば「ジンギスカン」でしょ! そんなあなたには「バーベキューハウス木々亭」をオススメ。新鮮なジンギスカンはもちろん、北海道の海の幸に食べ放題のカレーなど、仲間との時間はきっといい思い出に。

③温泉ソムリエも認定した美人の湯

いこいの湯宿いろは大浴場
出典:いこいの湯宿いろは公式ウェブサイトより
引用:いこいの湯宿いろは公式ウェブサイトより
引用:いこいの湯宿いろは公式ウェブサイトより
ライトアップされる露天風呂
夜はライトアップされる露天風呂(出典:いこいの湯宿いろは公式ウェブサイトより)

「美人になれる」と評判もニセコ温泉(ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉)は源泉掛け流し!スキーで冷え切った身体もポカポカに!

いこいの湯宿いろは専用ラウンジ
専用ラウンジ(出典:じゃらんより)

湯上りには、宿泊者専用のラウンジで「いこい」のひとときを。

札幌から温泉宿への便利なアクセス

北海道中央バス
送迎バス(イメージ)(出典:Wikipediaより)

【ニセコ いこいの湯宿いろは】へは、札幌駅前から北海道中央バスが運行する「高速ニセコ号」が旅館まで乗り入れています。またJRニセコ駅からデマンドバス「にこっとBUS」も利用可能です。(参考:http://www.niseko-iroha.com/access/index.html

ホテル名 : いこいの湯宿いろは
住所 : 北海道虻田郡ニセコ町ニセコ477
アクセス : JR札幌駅から高速バスで180分もしくはJRニセコ駅から「にこっとBUS」で10分
公式URL : http://www.niseko-iroha.com/index.html
電話番号 : 0136-58-3111
詳細を読む

宿泊料 : 9,500円〜
日帰り入浴 : 【大人】800円 【子供】400円
タオルセット : あり(310円)
駐車場の有無 : あり

あわせて読みたい

北海道・札幌市内!定山渓のおすすめ日帰り温泉5選
札幌近郊なら!おすすめ温泉15選
北海道・札幌エリアの日帰り温泉ならココ!おすすめ温泉10選

札幌の温泉について詳しくはこちら

【リンク】札幌の温泉おすすめ紹介ページ


本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!


The following two tabs change content below.
大谷優介

大谷優介

Yutty!編集長、歴史トラベルライター。歴史と入浴文化を中心に世界各地を取材。国内では現在「銭湯」にスポットを当て鋭意入浴中。えにし書房『台湾へ行こう! 見えてくる日本と見えなかった台湾』(藤田賀久, 大谷優介/平賀匡)著、集英社「週刊プレイボーイ」『新世代スーパー銭湯対決!』取材協力など。