【日帰り】札幌の無料送迎バスがある日帰り温泉一覧

札幌の無料送迎バスがある日帰り温泉をまとめました!料金、時刻表、営業時間のほか、アクセスマップやバスの無料送迎バスの時刻表も掲載!

37752

観光・ショッピング・野球観戦のついでに

「たまの休みを使って札幌でショッピング!でも歩くのも疲れたし・・・気軽に行ける日帰り温泉はないかな・・・?」 そんな時、無料送迎バスのある札幌の温泉はいかがでしょうか?

札幌にはたくさんの観光地やショッピングスポット、そして日本ハムファイターズの本拠地「札幌ドーム」があります。観光、ショッピング、野球観戦のついでに無料送迎バスで温泉に行けるとしたら嬉しいですよね!今回は、札幌から無料送迎バスで行けるおすすめ温泉を、発着場所出発時間とともにご紹介です。

温泉につかって森林浴も!定山渓温泉

まずは「札幌の奥座敷」から3か所をピックアップしましょう。
街の中心を流れる豊平川の上流に位置する定山渓温泉は、言わずと知れた北海道を代表する温泉の一つ。風光明媚な渓谷をながめながらお風呂につかり、森林浴も楽しめます。

森に囲まれたリゾートスパ「定山渓 鶴雅リゾート 森の謌」

定山渓の原生林とひと続きのような環境で、日常の喧騒を忘れられるのが「定山渓 鶴雅リゾート 森の謌(うた)」です。

定山渓 鶴雅リゾート 森の謌 露天風呂
出典:定山渓 鶴雅リゾート 森の謌

温泉は森のオアシスをイメージしており、天井の高い大浴場には日中さんさんと太陽の光が降り注ぎます。一歩外に出れば、露天風呂は緑の樹々に包まれた空間。葉ずれの音や鳥のさえずりをBGMに聞きながら、心も体も解放できます。

定山渓 鶴雅リゾート 森の謌 ヘルシーなビュッフェ
出典:定山渓 鶴雅リゾート 森の謌

食事は野菜を中心にしたヘルシービュッフェ。日帰り入浴は食事とセットで、指ヨガや筆ペン講座など内側から健康になる「森のアカデミー」とを組み合わせたプラン(3800円)が人気です。

無料送迎バスは予約制で1日3便

「森の謌」は札幌から車、タクシーで約40分。路線バスを利用すれば1時間余りで着きますが、おススメは地下鉄真駒内駅前から出ている無料送迎バス1日3往復しており、1時間ほどで到着します。完全予約制なので前日午後5時までにお電話を。なお、真駒内駅にはさっぽろ駅から南北線で約25分です。

定山渓 鶴雅リゾート 森の謌の無料送迎バス発着場所のご案内
無料送迎バス発着場所のご案内(出典:定山渓 鶴雅リゾート 森の謌公式ウェブサイト)
定山渓 鶴雅リゾート 森の謌の無料送迎バスの時刻表
送迎バス時刻表(出典:定山渓 鶴雅リゾート 森の謌 公式ウェブサイト)

温泉宿名 : 定山渓 鶴雅リゾート 森の謌
住所 : 札幌市南区定山渓温泉東3丁目192番地
アクセス : JR札幌駅から車で約40分
営業時間 : 日帰り11:30〜翌9:30
公式URL : http://www.morino-uta.com/
電話番号 : 011-598-2671
定休日 : なし
日帰り入浴:あり
詳細を読む

日帰り入浴料 : 食事とセットで大人3000円~ 小人1900円~
宿泊:あり
宿泊料 : 13,500円〜(2016/3/18楽天トラベル調べ)
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

バラエティ豊かなお風呂を楽しむ!「湯の花 定山渓殿」

色んなお風呂に浸かりたいという方は、「湯の花 定山渓殿」へ。こちらは源泉から引いたお湯を常に浴槽に注いでいる「かけ流し」で、和風・洋風の大浴場を男女日替わりで楽しめます

湯の花 定山渓殿 洞窟風呂
出典:湯の花 定山渓殿

洋風でぜひ入りたいのが岩肌に囲まれた洞窟風呂。青白い照明に包まれて、不思議な雰囲気を味わえます。開放的な気分にひたるなら、和風がおススメ。定山渓の渓谷をのぞむ露天風呂で湯につかり、四季折々の景色を眺めましょう!

湯の花 定山渓殿 吐水口が特徴的な大浴場
出典:湯の花 定山渓殿

和洋両方にある内風呂の大浴場もお忘れなく。大きな湯釜風の吐水口は天然石製で、職人さんが手ずから彫り上げました。浅めの浴槽の寝転び湯や、ジェット水流の出るアクティブスパなども備え、サウナもドライとミストの2種類そろえています。

無料送迎バスは2駅発着で1日5便

「森の謌」よりやや奥まったところにある「湯の花 定山渓殿」にはJR札幌駅から車で約50分。無料送迎バス地下鉄真駒内駅と「湯の花 定山渓殿」を1日5往復しています。うち2往復は地下鉄白石駅発着なので、ご都合にあわせてご利用ください。

湯の花 定山渓殿の無料送迎バスの時刻表
送迎バス時刻表(出典:湯の花 定山渓殿 公式ウェブサイト)

温泉宿名 : 湯の花 定山渓殿
住所 : 札幌市南区定山渓温泉東4丁目330番4
アクセス : JR札幌駅から車で約50分
営業時間 : 10:00~21:00(20:30受付終了)
公式URL : http://www.yunohana.org/jyouzankei/
電話番号 : 011-598-4444
定休日:年中無休
詳細を読む

日帰り入浴:あり
入浴料 : 大人850円 小学生400円 幼児200円
宿泊:なし
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

歴史ある湯治の湯をゆったり満喫「湯元 小金湯」

札幌から定山渓温泉に向かう道すがら、豊平川沿いにある小金湯温泉は一世紀以上の歴史を持つ湯治場です。宿泊施設は2つだけという静かな温泉郷で、「湯元 小金湯」は明治26年に前身の温泉旅館が創業しました。

湯元 小金湯 東屋がシックな露天
出典:湯元 小金湯Facebook

「湯元 小金湯」のお風呂には源泉を100%使用しており、硫黄の香りがただよう無色透明な「単純硫黄泉質」のお湯につかりながら、露天風呂では清流の四季の移ろいを間近に楽しめます。

湯元 小金湯 ゆず湯
出典:湯元 小金湯Facebook

スタッフのいち押しは花湯やゆず湯など、季節に応じたイベント湯。一緒に日本の温泉文化を紹介し、リピーターにも好評とか。90分3240円で入れる貸切風呂もあるので、小さなお子様連れやカップルも気兼ねなくお風呂につかれます。

無料送迎バスは毎日4便運行

地下鉄真駒内駅を発着する毎日4便無料送迎バスを利用すれば、施設までは約30分。もし都合が合わなければ、じょうてつバス「定山渓車庫前」行を利用することもでき、バス停「小金湯」からは徒歩5分。散策がてら近くにあるアイヌ文化交流センター「サッポロピリカコタン」に立ち寄るのもいいかもしれません。

湯元 小金湯の無料送迎バスの時刻表
送迎バス時刻表(出典:湯元 小金湯 公式ウェブサイト)

温泉宿名 : 湯元 小金湯
住所 : 札幌市南区小金湯25番地
アクセス : JR札幌駅からバス約60分
営業時間 : 10:00~23:00
公式URL : http://koganeyu.jp/
電話番号 : 011-596-2111
定休日 : 年中無休
詳細を読む

日帰り入浴:あり
日帰り入浴料 : 大人750円 小人400円
宿泊:あり
宿泊料 : 8,300円〜(公式サイト)
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

アクセス良!札幌近郊の温泉施設

定山渓は憧れだけど、そこまで足をのばせない……という方には札幌近郊の日帰り温泉をおススメします。リーズナブルな24時間営業もあり、充実の岩盤浴もあり、観光や出張がてら気楽に行けるお気に入りの温泉を見つけましょう!

いつでも1000円以下!「湯の郷 絢ほのか」

湯着やバスタオル付で平日大人850円と、お手頃価格が魅力な「湯の郷 絢ほのか」。しかも年中無休24時間営業で、いつでもお風呂につかれます!

おススメは唐辛子成分を使用し、真っ赤な見た目がインパクト大の「火龍薬湯」。唐辛子に含まれるカプサイシンが血行を促進し、体の芯までぽかぽかに温めてくれます。

湯の郷 絢ほのか 真っ赤なお湯の色がインパクト大な薬湯
出典:湯の郷 絢ほのか

日本各地の名湯を再現した月替わり湯など、何度行っても飽きさせないサービスも充実。3月は北海道新幹線開通にあわせた「東北・函館フェア」で、食事処では塩ねぎチャーシューや牛タンなどの特産品を味わえます。

2路線で運行する1日7便の無料送迎バス!

無料送迎バス地下鉄福住駅南平岸駅方面と南郷18丁目駅方面の2路線あるのもうれしいところ。それぞれ1日7便運行し、15~25分程度で施設に到着します。ご利用の際は、バスが見えたら手をあげて運転手に合図を送ってご乗車ください。

湯の郷 絢ほのかの無料送迎バスの時刻表
送迎バス「地下鉄福住駅 / 地下鉄南平岸駅方面 」時刻表(出典:湯の郷 絢ほのか公式ウェブサイト)
湯の郷 絢ほのかの無料送迎バスの時刻表
送迎バス「地下鉄南郷18丁目駅方面 」時刻表(出典:湯の郷 絢ほのか公式ウェブサイト)

温泉宿名 : 湯の郷 絢ほのか
住所 : 札幌市清田区清田2条3丁目2-26
アクセス : 無料送迎バスあり
公式URL : http://www.yudokoro-honoka.jp/kiyota/
電話番号 : 011-881-2686
定休日 : 年中無休
詳細を読む

入浴料 : 大人平日850円 土日祝950円、シルバー750円、小人平日350円 土日祝400円
宿泊:なし
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

無料の岩盤浴!「ていね温泉 ほのか」

同じく年中無休24時間営業で、平日大人800円と気軽に利用できるのがグループ系列の「ていね温泉 ほのか」です。

ていね温泉 ほのか 天然温泉を使用した内風呂
出典:ていね温泉 ほのか

こちらは天然温泉で、口にするとちょっとしょっぱく感じるナトリウム塩化物泉を大浴場で堪能できます。有名温泉を再現した人工温泉の露天風呂も人気で、現在は九州の風情を感じる「由布院の湯」になっています。

ていね 温泉ほのか 岩盤浴
出典:ていね温泉 ほのか

湯船が浅い「こども湯」があるので、小さなお子様も安心。また、ほのかグループは岩盤浴が充実しているのも特徴で、この施設では温度の異なる4種類を別料金なしで楽しめます。

1日11便!充実の無料送迎バス

「ていね温泉 ほのか」も2路線の無料送迎バスがあり、宮の沢駅・琴似駅方面と手稲駅南口方面でそれぞれ1日11便のバスが循環しています。8500冊の漫画がそろう休憩スペースでついつい長居しすぎても安心です。

ていね温泉 ほのかの無料送迎バスの時刻表
送迎バス「手稲駅 南口/前田 方面」時刻表(出典:ていね温泉 ほのか 公式ウェブサイト)
ていね温泉 ほのかの無料送迎バスの時刻表
送迎バス「宮の沢・琴似方面」時刻表(出典:ていね温泉 ほのか 公式ウェブサイト)

温泉宿名 : ていね温泉 ほのか
住所 : 札幌市手稲区富丘2条3丁目2-1
アクセス : 無料送迎バスあり
公式URL : http://www.yudokoro-honoka.jp/teine/
電話番号 : 011-683-4126
定休日 : 年中無休
詳細を読む

入浴料 : 大人平日800円 土日900円、小人平日300円 土日祝350円
宿泊:なし
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

温泉と一緒にアートも?「モエレ天然温泉 たまゆらの杜」

「モエレ天然温泉 たまゆらの杜」はすぐ近くに世界的な彫刻家、イサム・ノグチの手がけたモエレ沼公園があります。東京ドーム約40個分の広大な敷地にガラスのピラミッドやオブジェのような遊具が点在し、まるで青空美術館!お風呂につかる前につかった後に、ぜひぜひ散策をおススメします。

モエレ沼公園 ガラスのピラミッド
出典:モエレ沼公園

もちろん温泉施設も本格派。2013年に新装オープンした館内は和の空間で統一され、東屋を配した露天風呂はシックな雰囲気たっぷりです。ぴりっとした刺激が肌に心地いい「薬湯風呂」など10種のお風呂と、四季をイメージした4つの岩盤浴を楽しめます。

モエレ天然温泉 たまゆらの杜 楽しめる色んなお風呂
出典:モエレ天然温泉 たまゆらの杜

4路線の無料送迎バスが便利

公共交通機関を使うと、地下鉄とバスを乗り継ぐ必要があり、「たまゆらの杜」に行くには断然無料送迎バスがおススメ。なんと4路線を運行し、地下鉄栄町駅などに停車する麻生線1日4便東区役所・伏古線苗穂・伏古線平岸・中の島線1日2便、各ルートを走っています。

モエレ天然温泉 たまゆらの杜の無料送迎バスの時刻表
送迎バス「東苗穂経由 苗穂・伏古線」 時刻表(出典:モエレ天然温泉 たまゆらの杜 公式ウェブサイト)
モエレ天然温泉 たまゆらの杜の無料送迎バスの時刻表
送迎バス「東苗穂経由 平岸・中の島線」時刻表(出典:モエレ天然温泉 たまゆらの杜 公式ウェブサイト)
モエレ天然温泉 たまゆらの杜の無料送迎バスの時刻表
送迎バス「東苗穂経由 苗穂・伏古線」時刻表(出典:モエレ天然温泉 たまゆらの杜 公式ウェブサイト)
モエレ天然温泉 たまゆらの杜の無料送迎バスの時刻表
送迎バス「あいの里・篠路経由地下鉄麻生線」時刻表(出典:モエレ天然温泉 たまゆらの杜 公式ウェブサイト)
モエレ天然温泉 たまゆらの杜の無料送迎バスの時刻表
送迎バス「北24条駅経由地下鉄東区役所・伏古線」時刻表(出典:モエレ天然温泉 たまゆらの杜 公式ウェブサイト)

温泉宿名 : モエレ天然温泉 たまゆらの杜
住所 : 札幌市東区中沼西1条1丁目11-10
アクセス : 無料送迎バスあり
営業時間 : 深夜1時~午前6時までは清掃のため入浴不可
公式URL : http://www.moere.co.jp/
電話番号 : 011-791-6666
定休日 : 年中無休
詳細を読む

入浴料 : 大人960円 小人400円
宿泊:なし
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

美肌の湯「里塚温泉 ゆとり」

天然温泉「里塚温泉 ゆとり」のお湯は、何万年も前の植物のエキスが大地に染み込み、石狩水系の水と溶けあって生まれました。泉質は「美肌の湯」といわれる低張性弱アルカリ性で、肌がすべすべになると評判です!

里塚温泉ゆとり 天然ヒバ材を使った浴槽
出典:里塚温泉ゆとり

大小6つの浴槽がありますが、中でもおススメは樹齢200年を超える青森産ヒバ材を使った「天然ヒバの湯」。ヒバはヒノキ科で別名アスナロと呼ばれ、独特の強い香りに包まれると、身も心もリラックスできそうです。

血液の循環を促す「炭酸泉」も人気があり、露天風呂では大型テレビを見ながらゆっくり温浴タイム。ミネラル豊富な北海道上ノ国町産のブラックシリカ原石を使った岩盤浴も無料で楽しめます。

里塚温泉ゆとり 新鮮な魚介を味わえる和食メニュー
出典:里塚温泉ゆとり

無料送迎バスは1日5便

お風呂の後は、新鮮な魚介類を使った和食をどうぞ。晩酌を心行くまで楽しんでも、無料送迎バスが1日5便運行しているので安心です。地下鉄南郷18丁目駅福住駅など20カ所に停車するバスが1日5便運行しています。時刻表などは〔里塚温泉ゆとり〕送迎バスページをご参照ください。

温泉宿名 : 里塚温泉ゆとり
住所 : 札幌市清田区美しが丘5条9丁目9-1
アクセス : 無料送迎バスあり
営業時間 : 9:00~23:00
公式URL : http://satozuka.jp/
電話番号 : 011-882-1717
定休日 : 毎月第一火曜
詳細を読む

入浴料 : 大人600円 小学生300円
宿泊:なし
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

雪の露天もいいけれど花見風呂も捨てがたい!

北海道は本州より桜の開花が遅く、ゴールデンウイークでも満開を楽しめます。

今回紹介した定山渓温泉では4月15日~5月8日、毎年恒例の「渓流鯉のぼり」の催しも。桜の花びら舞う温泉街の空を400匹もの鯉のぼりが元気に泳ぐ姿は圧巻です。

春休みの温泉旅行を逃した人も肩を落とさず、春の札幌へ。温泉天国・北海道はオールシーズン、お風呂好きを待っています!

 

定山渓 4月15日に始まる渓流鯉のぼり
出典:定山渓観光協会公式サイト

あわせて読みたい

【北海道】無料送迎バスある札幌の温泉まとめ

札幌の温泉について詳しくはこちら

【リンク】札幌の温泉おすすめ紹介ページ


本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!