表参道にある銭湯【南青山 清水湯】の全てを写真レポート!

時代とともにファッションや文化をリードしてきた原宿・表参道。実は古くから続く銭湯があるって知ってました?今回は都会のど真ん中でたくさんの人たちに愛され続けるモダンな銭湯【南青山 清水湯】を取材しました。

20436

表参道交差点にあるモダン銭湯とは

表参道の街並みの写真
Yutty!編集部撮影

原宿から続くファッション街と、青山から伸びるブランドショップ街の交差する表参道交差点、時代とともにファッションや文化をリードしてきたこの表参道交差点に、実は古くから続く銭湯があるんです!!

南青山 清水湯の 看板の写真
Yutty!編集部撮影

その名も【南青山 清水湯】。今回は都心のど真ん中のちょっとモダンな銭湯をご紹介します。

外観

南青山 清水湯の外観の写真
Yutty!編集部撮影

都会のど真ん中に突然現れる銭湯「清水湯」は、この青山の地で100年以上続く老舗のお風呂屋さん。

南青山 清水湯の営業時間と料金の案内の写真
Yutty!編集部撮影

外観は全く「銭湯」であることを感じさせませんが、入浴料は「東京都浴場組合」で定められた銭湯価格の460円。ワンコインで楽しめます。

内観

南青山 清水湯の下足箱の写真
Yutty!編集部撮影

下足箱に靴を入れて、券売機でチケットを購入します。

南青山 清水湯の券売機の写真
Yutty!編集部撮影
南青山 清水湯の手ぶらセットの写真
Yutty!編集部撮影

銭湯のみのコースが大人 460円、レンタルタオル(バスタオル/フェイスタオル)が 300円、石鹸・フェイスタオル・アメニティのついた手ぶらセットが310円、サウナコース(入浴料込) 1,200円となっています。タオルなど何も持っていかない場合はサウナコースをオススメします。

南青山 清水湯のサウナセットの写真
サウナセット(Yutty!編集部撮影)
南青山 清水湯の各種アメニティの写真
各種アメニティ(Yutty!編集部撮影)

清水湯はカウンター式、タオルのほか、軽食やドリンクもここで購入できます。

南青山 清水湯の湯上りスペースの写真
Yutty!編集部撮影

入るとそこは湯上りスペース。アイスクリームやビン牛乳を片手に待ち合わせです。

浴室

脱衣所

南青山 清水湯の脱衣所の暖簾の写真
Yutty!編集部撮影

暖簾もおしゃれなデザイン。

南青山 清水湯の脱衣所の写真
Yutty!編集部撮影

脱衣所の鍵はカウンターで受け取ります。サウナコースの人は電子ロックキーになっています。

南青山 清水湯の自動販売機、体重計、トイレなどの写真
Yutty!編集部撮影

自動販売機、体重計、トイレなど。

南青山 清水湯の羽根がない扇風機の写真
Yutty!編集部撮影

扇風機はなんと「羽根がない扇風機」を使っています。

南青山 清水湯の有料ドライヤーの写真
Yutty!編集部撮影

有料ドライヤーの利用は10円玉を用意しておいてくださいね。

南青山 清水湯のポスターの写真
Yutty!編集部撮影

ポスターを一見するだけでも、どこか「お堅い」イメージのある一般的な銭湯とは少し違った方向性が垣間見えました。

男湯

南青山 清水湯の男湯の洗い場の写真
Yutty!編集部撮影
南青山 清水湯の男湯のレインシャワーとかけ湯の写真
ドイツ・グローエ社のレインシャワーとかけ湯(Yutty!編集部撮影)

「南青山 清水湯」は男湯・女湯がそれぞれ異なるコンセプトでデザインされています。男湯はイタリアをイメージした浴室。

南青山 清水湯の男湯のジェットバスの写真
ジェットの強さは3種類(Yutty!編集部撮影)

カランやサウナのあるシックな内装の浴室には、5人程度が入れるジェットバスが一つ。

南青山 清水湯の男湯の浴室の写真
Yutty!編集部撮影

ドアを隔てた隣の浴室は明るい内装。高濃度炭酸泉(3人程度)とシルクバス(3人程度)があります。

南青山 清水湯の男湯の高濃度炭酸泉の写真
高濃度炭酸泉。健康になると評判とのこと。(Yutty!編集部撮影)
南青山 清水湯の男湯のシルクバスの写真
シルクバス(Yutty!編集部撮影)

浴室の椅子に座って休憩しながら入るのが良さそうです。

南青山 清水湯の男性サウナの写真
Yutty!編集部撮影

男性サウナはやや高温のサウナに適度な湿度を加えた「コンフォートサウナ」。ただ熱いだけのドライサウナに比べて、リラックスできるところは北欧のサウナに似ています。

南青山 清水湯の水風呂の写真
Yutty!編集部撮影

サウナの後は水風呂でクールダウンを。

女湯

南青山 清水湯の女湯の写真
Yutty!編集部撮影
南青山 清水湯のレインシャワーの写真
Yutty!編集部撮影

イタリアデザインの男湯に対して、女湯はスペインをデザインした開放的な空間となっています。

南青山 清水湯の浴槽の写真
Yutty!編集部撮影
南青山 清水湯のジェットバスの写真
Yutty!編集部撮影

一番大きなジェットバスは男性と同様に3種類のジェットが備えられています。

南青山 清水湯の洗い場の写真
Yutty!編集部撮影

女湯一番の特徴はカラン。

南青山 清水湯のシャワーヘッドの写真
Yutty!編集部撮影

いわゆる銭湯型の固定シャワーだけでなく、なんとドイツグローエ社製のシャワーヘッドが。

南青山 清水湯のシャワーヘッドの4つのボタンの写真
Yutty!編集部撮影

4つのボタンで水の出方を変えられます。

南青山 清水湯の高級シャワーヘッドの写真
Yutty!編集部撮影

そのほかにもTOTOの高級シャワーヘッドは髪を大切にする女性にとって嬉しい設備。「清水湯」さんの目指す銭湯像がこんなところからもうかがえます。

南青山 清水湯の高濃度炭酸泉とシルクバスの写真
Yutty!編集部撮影

男湯と同様に高濃度炭酸泉とシルクバスもありますが、こちらは逆に落ち着いた内装になっています。

南青山 清水湯の女湯のサウナの入り口の写真
Yutty!編集部撮影
南青山 清水湯の女湯のサウナの写真
Yutty!編集部撮影

サウナにもまた男湯との違いが。女湯のサウナはいわゆるロウリュサウナとなっていて、サウナ石の上方には自動で水滴を落とす装置が付いています。

南青山 清水湯の女湯のサウナの写真
Yutty!編集部撮影

ロウリュサウナに入れる銭湯は他に聞いたことがありません。女性の方にはぜひオススメです。

お風呂上がりの一服も充実

南青山 清水湯の脱衣所を出たスペースの写真
Yutty!編集部撮影

脱衣所を出たスペースでは、ちょっとした休憩が可能となっています。

南青山 清水湯のお知らせポスターの写真
Yutty!編集部撮影

フリーWi-fiも飛んでいます。外国人観光客の方などには嬉しい設備です。

南青山 清水湯の携帯電話などの充電器の写真
Yutty!編集部撮影

携帯電話などの充電も可能。

南青山 清水湯の自動販売機の写真
Yutty!編集部撮影

飲み物の自動販売機や、

南青山 清水湯の各種スナックの写真
Yutty!編集部撮影

各種スナック。

南青山 清水湯の瓶のビールやラムネの写真
Yutty!編集部撮影

瓶のビールやラムネも用意されています。

南青山 清水湯のハートランドビールの写真
Yutty!編集部撮影

ハートランドやシードルが飲める銭湯なんて初めてでした!

南青山 清水湯の販売スペースの写真
Yutty!編集部撮影

こちら、アメニティなどの販売スペース。

南青山 清水湯の販売スペースにある今治タオルの写真
Yutty!編集部撮影

あの今治タオルがたくさん売られていました。

南青山 清水湯のマッサージチェアの写真
Yutty!編集部撮影

マッサージチェア。

南青山 清水湯のチェーン付きのコートハンガーの写真
Yutty!編集部撮影

そしてこちらは冬に大活躍。チェーン付きのコートハンガーです!

南青山 清水湯のお手洗いの写真
Yutty!編集部撮影

お手洗いはバリアフリーで温水洗浄便座付き、綺麗なトイレは女性にとっても嬉しいポイントです。

「若い人にも来てもらえる銭湯を作りたかった」

さて唐突ですが、今回、取材班はどことなく「芸術家の雰囲気」が漂う、渋かっこいい4代目店主の大倉さんに「南青山 清水湯」についてインタビューをさせていただきました。

   公式サイトを見ると清水湯さんはとても歴史のある銭湯とのことですが、いつ頃から営業されているのでしょうか?

正確な年はわからないのですが、私の祖母が産まれた頃にはすでに「清水湯」はあったという話で、少なくとも明治30年代より前にはこの地で銭湯をやっていたようです。かつてはもうすこし北に建物があったのですが、東京オリンピックの開発で、こちらに移動してきたんです。

   なるほど、明治の昔からこの場所で銭湯をされていたのですね。その頃はまたこの青山・表参道という場所も違う雰囲気だったと思いますが、そこから100年間も続けられているのは凄いことだと思います。この「清水湯」というお名前はどういった由来があるのでしょうか?

昔は、この周辺の湧き水はとても綺麗だったのだそうです。そう言った湧き水の出る場所、ということで、「清水湯」という名前になったと聞いています。

   現在の形にリニューアルされたのはいつ頃ですか?

2009年に現在の洋風の建物に改装しました。当初はもう銭湯はやめようという話もあったのですが、やはり「表参道の銭湯」というものを失くしてしまうのはもったいない、ということでなんとか今の形で現在まで営業させてもらっています。

   「銭湯」というイメージとはだいぶ違う、とてもおしゃれな銭湯になっています。どのようなコンセプトでリニューアルされたのでしょうか?

一般的な「銭湯」って、敷居が高くないですか? 表参道は時代の最先端行く若い街です。それまでの常連さんだけでなく、とにかく「若い人」に来てほしかった。敷居を下げて、若い人たちにも気軽に楽しんでもらえるようにしました。お陰様で、リニューアル後は特に若い女性の利用が増えました。そして最近はまた若い男性の人たちが本当に増えてるんですよ。嬉しいですね。

   「敷居を下げるため」にモダンでヨーロピアンなデザインにされたのですね。

和のイメージを全てなくして、ヨーロピアンなイメージに統一した理由は、やはりこの表参道や青山という街の雰囲気が大きいです。この街はエステや美容室、おしゃれなレストランがたくさんあります。表参道に来る皆さんにエステや美容室と併せて清水湯を楽しんでもらいたいというふうに考えました。お湯には全て軟水を使用していて、高濃度炭酸泉やシルキーバスを設置したのも、美容や健康に効果があると期待できるからです。

Google Map of 東京都港区南青山3-12-3
表参道交差点の目の前という立地。周辺にはおしゃれなショップやカフェが立ち並ぶ。

   「若い女性」をターゲットにされたということですが、客層はどういった方が多いですか?

それはもう本当に幅広い方に使っていただいています。地元の常連さん、高齢者から大学生まで年齢、性別を問わずいらっしゃいます。土日は家族連れの方が多いですし、夏休みは子供たちが増えますね。それから旅行者、観光客の方もたくさんいます。

   実際に利用してみると、ヨーロッパ系の外国人の方の利用がとても多いなと感じました。

そうなんです。外国人の方、アジア系よりも西洋の方が多くいらっしゃいます。近所に住んでいて毎日来られている方もいますし、観光客の方も多いです。どうも海外のガイドブックに掲載されているらしく、日本語を話せない外国の方もいらっしゃることがあります。やはり観光のついでに来やすい、表参道という立地が大きいのかもしれません。

   今後「清水湯」はどのような銭湯を目指していくのでしょうか?

この表参道・青山という地で、これからも常連さんや地域の方には健康増進の場を、そして若い方や働いている方には仕事終わりや休日の息抜きやリラックスの場を提供し続けて行きたいと思っています。清水湯に入って、皆さんが元気になってくれればいいなと、それが一番の思いです。

終わりに

東京の繁華街にどっしり佇むモダンな銭湯「清水湯」、いかがでしたでしょうか?

大倉さんへのインタビューでは、地域の人、若い人、表参道を訪れる人、いろんな人に気軽に銭湯を使ってもらいたいという願いを強く感じました。

実際、「南青山 清水湯」さんのロビーでは、大学生くらいの男性がマッサージチェアに揺られている横で、高齢のおばあさんが若い女性とおしゃべりしている風景を目にしました。この年齢を超えた人々が同じ空間でお風呂を楽しんでいるということが、清水湯さんの目指す銭湯の姿そのものなのだと感じました。

またこちらの従業員さんには若くおしゃれな女性が多く、銭湯というよりもアパレルショップやシアトル系カフェに来ているようでした。こういったことも、清水湯さんの雰囲気作りの一翼を担っているのでしょう。

表参道にショッピングへ来て銭湯へ、そんないつもと違うデートも面白いのではないでしょうか。表参道交差点から徒歩すぐの銭湯「南青山 清水湯」。皆さんもぜひ訪れてみてくださいね。

アクセス

それでは、そんな清水湯さんへのアクセスを写真とともにご紹介します。

南青山 清水湯へのアクセスの写真
Yutty!編集部撮影

地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線の乗り入れる表参道駅、この表参道駅A4出口を出て。

南青山 清水湯へのアクセスの写真
Yutty!編集部撮影

表参道交差点を右折。

南青山 清水湯へのアクセスの写真
Yutty!編集部撮影

2分ほど歩いて

南青山 清水湯へのアクセスの写真
Yutty!編集部撮影

日本そば「みよた」を右折。

南青山 清水湯へのアクセスの写真
Yutty!編集部撮影

この路地の右側。一瞬、銭湯だと気付きませんでした!

南青山 清水湯へのアクセスの写真
Yutty!編集部撮影

センスの良すぎる建物なので、見逃さないようにして下さいね(^^)

施設情報

施設名 : 南青山 清水湯
住所 : 東京都港区南青山3-12-3[地図]
アクセス : 東京メトロ表参道駅A4出口徒歩3分
営業時間 : 平日12:00~24:00(最終入場23:30) 土休日12:00~23:00(最終入場22:30)
公式URL : http://shimizuyu.jp/
電話番号 : 03-3401-4404
定休日 : 毎週金曜日
詳細を読む

入浴料 : 大人460円、中人180円、小人80円
シャンプーの有無 : 有料
ドライヤーの有無 : 有料
レンタルタオル : 有料

オススメグルメ

咖哩&カレーパン「天馬」

天馬 青山店の外観の写真
Yutty!編集部撮影

「清水湯」に行くならぜひ寄って欲しいのが、「清水湯」から3分ほど神宮外苑方面に進み右手に見えてくるカレーパンの店「天馬」。なんとここ、カレーパン専門のカフェレストランなんです。

天馬 青山店の入り口にある食品サンプルの写真
Yutty!編集部撮影

数種類のカレーパンをメインに、カレーライスやドリアなど、様々な本格カレーとスイーツが楽しめます。

天馬 青山店のスイーツセットの写真
平日午後限定のスイーツセット(Yutty!編集部撮影)

編集部オススメは、ゴロッとしたチキンが特徴的な「バターチキンカレー味」のカレーパン。ガッツリ食べたい方にはカレーライスもオススメです。

天馬 青山店のテイクアウト窓口の写真
Yutty!編集部撮影

テイクアウトも可能になっています。

施設名 : 咖哩&カレーパン「天馬」青山店
住所 : 東京都港区南青山3-8-40 青山センタービル 1F[地図]
営業時間 : 11:00~22:00(L.O.21:30)
電話番号 : 03-6434-0590
定休日 : なし

ハラカラ。 南青山店

ハラカラ 南青山店のメニュー看板の写真
Yutty!編集部撮影

カレーパンの店「天馬」のある路地を右折したところにあるのが、【ハラカラ。 南青山店】。表参道周辺には魅力的なハンバーガーショップがたくさんありますが、ここは「アボカド」を使ったハンバーガーがオススメのお店。

ハラカラ 南青山店のアボカドを使ったハンバーガーの写真
肉厚のアボカドに肉厚の牛肉の組み合わせが最高(Yutty!編集部撮影)

このお店は「脱ジャンクフード」を掲げ、オリジナルバンズや有機野菜を使用。味付けも塩(土佐の塩丸)と黒胡椒のみと、ボリューミーなのにとってもヘルシー!

ハラカラ 南青山店のオリジナルスムージーの写真
果物の味そのままのオリジナルスムージー(Yutty!編集部撮影)

ドリンクも、よなよなエール、エーデルピルス、インドの青鬼、サンサンオーガニックビール、水曜日のネコなどちょっと珍しいビールなど各種揃っていますが、オススメはオリジナルヘルシースムージー!果物や野菜を使ったスムージーはお風呂上がりにぴったりです。

施設名 : ハラカラ。 南青山店
住所 : 東京都港区南青山3-8-2 青山OGビル B1F[地図]
営業時間 : 平日ランチ11:30~16:30 ディナー18:00~21:00、土休日13:00~20:30
電話番号 : 03-6459-2120
定休日 : 月曜日


本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!