【台湾編】台北からアクセス抜群!「北投温泉」に泊まってみた!

Yutty!海外編第一弾。台湾・台北市内からほど近い「北投温泉」の温泉ホテルに泊まってみました。日本と深いつながりのある北投温泉の歴史やオススメ観光スポットもご紹介。

54863

台湾の温泉旅館へ!

北投日勝生加賀屋の外観の写真
北投日勝生加賀屋の外観

日勝生加賀屋

北投温泉には数多くの高級温泉ホテルがあり、中でも日本の名門旅館である「加賀屋」が運営している「日勝生加賀屋國際溫泉飯店」が日本人向け旅館として有名です。

今夜の宿へ向かう前に、ちょっとこちらを覗いてみましょう。

taiwan-kagaya-1

日勝生加賀屋はまさに「和風」をコンセプトにしていることから着物を来たスタッフが、日本語で出迎えてくれます。

北投日勝生加賀屋の内観の写真

宿泊料金は非常に高く、簡単に手の出せる価格帯ではありませんが、こちら日帰り入浴が可能!

北投日勝生加賀屋の大浴場の写真

入浴料は平日$1,200TWD、休日1,500TWD(日本円にして約4000〜5000円)と日帰り入浴としてもかなりお高めですが、各種アメニティやタオル完備、何より清潔で女性の方やグループにはぜひこちらをオススメします。

北投日勝生加賀屋の大浴場の写真

お湯は3つの源泉のうち白硫黄泉を利用。しっとりとしている湯船には「湯の花」も浮いていて、お湯のレベルはさすが北投温泉というところです。

北投日勝生加賀屋のカランの写真

個室風呂もありますので、カップルやファミリーはそちらもオススメです。

施設名 : 北投日勝生加賀屋
住所 : 台北市北投区光明路236号號[地図]
アクセス : MRT新北投駅より徒歩5分
営業時間 : 6:00〜24:00(大浴場)
公式URL : http://www.kagaya.com.tw/JP/
電話番号 : +886 2 2891 1111
定休日 : 

詳細を読む

入浴料 : 平日1,200TWD、休日1,500TWD
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオルの有無 : あり(無料)

北投天玥泉會館に泊まる

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の写真
Yutty!編集部撮影

今回、私たちが選んだ旅館はこちら、「北投天玥泉會館」(BEITO HOT SPRING RESORT)。2013年に開業したばかりの新しい温泉ホテルで、MRTの駅から最も近い温泉ホテルの一つでもあります。

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の写真
Yutty!編集部撮影

温泉大浴場へ

ではさっそく、大浴場を見てみましょう。大浴場に行くには、フロントで「お風呂行きたいんですけど!」的なことをお願いして、電子キーでドアを開けてもらいます。

ロッカールームで服を脱ぎ、階段を降りると・・・

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の大浴場の写真
引用:「北投天玥泉會館」公式ウェブサイトより

立派な大浴場がありました!!

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の大浴場の写真
引用:「北投天玥泉會館」公式ウェブサイトより

地下なので眺めなどは期待できませんが、かなり広いです。お湯の色はほとんど透明ですが、硫酸塩泉に属する「白磺」(白湯)でpH值3~4で、少し硫黄の香りがします。

台湾北投温泉の北投天玥泉會館のカランやシャワーブースの写真
引用:「北投天玥泉會館」公式ウェブサイトより

カランやシャワーブースもかなりの数があるのですが、ここで一つ困ったことが

桶がないっ!

そう、あの温泉だと木でできていたり、銭湯だと「ケロリン」と書いてある、あの桶がないのです。

ここに限らず、ほとんどの台湾の浴場には桶がありません。おそらく、実際に身体を「洗浄」するのはシャワーで済んでしまうし、そもそも身体をタオルでゴシゴシとこすらないので、「桶」が必要ないのかもしれません。

もちろん、カランのお湯でタオルをゆすぐこともできるんですが、なんだかこう、落ち着かないというか。

日本で浴場に必ず桶があるということが、いかにありがたいことなのか、改めて実感するのでした。

この他にも、脱衣所まで土足で入る必要があったり、そこからサンダルで湯船まで行く必要があったり(みんなサンダル履いて身体洗ってました)、日本とは違う衛生観念にちょっとだけ戸惑ったのも事実でした。

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の貸切風呂の写真
引用:「北投天玥泉會館」公式ウェブサイトより

カップルやファミリーにもおすすめ、貸切風呂も完備しています。

和洋客室

続いて、客室です。今回は、Japanese room・・・つまり和室のある部屋を選びました。

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の客室の写真
Yutty!編集部撮影

ドアを開けると、目の前に和室がありました。

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の畳部屋の写真
Yutty!編集部撮影

なんとなく落ち着くかんじ。やっぱり畳はいいですね〜

台湾北投温泉の北投天玥泉會館のベッドルームの写真
Yutty!編集部撮影

こちらが、ベッドルーム。さらに奥へ進むと・・・

台湾北投温泉の北投天玥泉會館のお風呂の写真
Yutty!編集部撮影

部屋付きのお風呂です。なんとこれも温泉なんです!

台湾北投温泉の北投天玥泉會館のお風呂の写真
Yutty!編集部撮影

部屋付きの温泉だなんて、ゼータク!なんて思いますが、むしろ北投温泉の旅館はこちらが普通。多くの旅館では、大浴場ではなく部屋付きの温泉風呂や、貸切の浴場が設置されているのです。

朝食

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の朝食会場の写真
Yutty!編集部撮影
台湾北投温泉の北投天玥泉會館の朝食バイキングの写真
Yutty!編集部撮影

ちなみにこちらが朝食会場と朝食のバイキング。一般的な日本のホテルとあまり変わらない感じですが、私の大好物「ローソン」(肉鬆=肉でんぶ)をはじめ、台湾の食材もいただけます。

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の朝食バイキングの写真
Yutty!編集部撮影

台湾のホテルの朝食では定番の「お粥」といろんな調味料。台湾料理と言うよりは、中華料理らしいですけどね。

ホテル詳細

施設名 : 北投天玥泉會館 Beitou Hot Springs Resort
住所 : No. 3, Zhongshan Rd, Beitou District, Taipei City, Taiwan[地図]
アクセス : 台北捷運北投支線「新北投」駅から徒歩すぐ
営業時間 : 月-木 09:00〜22:30、金-日 09:00〜23:00
公式URL : http://www.tyq.com.tw/(日本語ページあり)
電話番号 : +886-2-2898-8661(国際電話)
定休日 :

詳細を読む

入浴料 : NT$520〜(週末はNT$600)
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオルの有無 : あり

この他にも、北投温泉は数々の魅力的な温泉ホテルがあります。ぜひみなさんの好みに合わせた温泉を探してみてくださいね。

【次のページへ】台北から日帰り温泉もできる!

1
2
3
4
5
6

本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!