リンク:【台湾編②】台湾最大の温泉地「知本温泉」はどんなとこ?

日本の「温泉文化」をご紹介するYutty!ですが、今回は番外編として台北にある「北投温泉」をご紹介です!

みなさんは「台湾」と聞いて何をイメージします?
マンゴー?夜市?それとも故宮博物院の白菜でしょうか?

実は、台湾は日本とおなじ温泉大国でもあるのです。そして、日本と台湾の間には、温泉を通したふか〜い歴史があったのです。

今回は、台北から電車ですぐ、北投温泉をみなさんにご紹介します。

北投温泉ってどこにあるの?

「台湾一の温泉」と言われる北投温泉は、台北の北、LRT(市営地下鉄)で約40〜50分のところにあります。台北からはLRT淡水線北投駅へ向かい、そこからLRT新北投支線に乗り換えた終点が北投温泉の玄関口「新北投駅」です。途中には「夜市」で有名な士林もあり、士林とセットでの訪問もおすすめ!

温泉ラッピング電車

台湾北投温泉へ行く駅の標識の写真
Yutty!編集部撮影

車両は特別カラーリング、温泉をテーマにしたいろんなイラストが描かれています。

台北と北投温泉を結ぶMRTの写真
Yutty!編集部撮影
台北と北投温泉を結ぶMRTの写真
Yutty!編集部撮影

支線は高架線路を走りますが⋯⋯線路と家屋が近いため、騒音問題などもあって速度は超ゆっくり!!
でも・・・

台湾北投温泉へ行く電車内の液晶ディスプレイの写真
ディスプレイには旧北投駅(Yutty!編集部撮影)

車内には北投温泉を紹介した展示や、

台湾北投温泉へ行く電車内の風景の写真
Yutty!編集部撮影

液晶ディスプレイを使った観光ガイドなんかもあって、

台湾北投温泉へ行く電車内の風景の写真
Yutty!編集部撮影

体感時間はあっという間です。

新北投駅

台湾北投温泉の新北投駅の写真
Yutty!編集部撮影

新北投駅に到着!

台湾北投温泉の新北投駅の写真
Yutty!編集部撮影
台湾北投温泉の新北投駅前「温泉和菓子」のお店の写真
「温泉和菓子」のお店(Yutty!編集部撮影)

新北投の駅前は、コンビニやレストランが並んでいます。また温泉菓子など温泉にゆかりのあるお土産品も売っていて、温泉に来た!って気分。

北投温泉の特徴

3つの源泉

北投温泉は世界でも珍しい、

①白硫黄泉 ②青硫黄泉 ③鉄硫黄泉

と3種類の温泉が湧き出ている温泉街になっています。

地熱谷

中でも青硫黄泉の湧き出ている「地熱谷」は、ぜひ必ず訪れてほしい一番のスポット。

台湾北投温泉の地熱谷の写真
Yutty!編集部撮影
台湾北投温泉「地熱谷」の入口の写真
Yutty!編集部撮影

硫黄の煙がモクモクと湧き上がるその光景はさながら箱根の「大涌谷」登別の「地獄谷」のよう。

台湾北投温泉の地熱谷で煙が湧き上がっている光景の写真
Yutty!編集部撮影
台湾北投温泉の地熱谷で煙が湧き上がっている光景の写真
Yutty!編集部撮影
台湾北投温泉の地熱谷の写真
晴れた日にはこんな景色になることも(Yutty!編集部撮影)

入口の売店では手桶や湯船をイメージした温泉グッズも売っていますよ!

台湾北投温泉の売店の写真
Yutty!編集部撮影

北投温泉の歴史と日本・台湾

台湾北投温泉の北投温泉博物館の写真
Yutty!編集部撮影

新北投駅から地熱谷までのちょうど中間地点にあるのが「北投温泉博物館」。ここでは、北投温泉の歴史を知ることができます。

台湾北投温泉の北投温泉博物館の外観の写真
Yutty!編集部撮影

なんだか親しみを感じる建物・・・そう、ここは台湾の日本統治時代に建てられた公共温泉施設なのです。

台湾北投温泉の北投温泉博物館の外観の写真
Yutty!編集部撮影

北投温泉は、日本統治時代にドイツ人研究者によって発見され、日本人によって温泉宿が作られたことから台北に近い温泉地として親しまれるようになりました。

裕仁皇太子(後の昭和天皇)が台湾北投温泉を訪れた時の写真
かつて昭和天皇も北投を訪問された(Yutty!編集部撮影)

日本人が台湾を統治した当初、現地の人々には入浴という習慣がありませんでした。しかし日本は統治者として病気の撲滅や公衆衛生の整備を進めました。

台湾北投温泉博物館建物の日本時代の写真
Yutty!編集部撮影

日本人は、台湾に温泉を掘り、浴場を作ることで、台湾のひとびとに温泉の楽しさも伝えたんですね。

台湾北投温泉の北投温泉博物館の畳の休憩スペースの写真
Yutty!編集部撮影

かつて演芸場として使われていた畳の休憩スペース

台湾北投温泉の北投温泉博物館の当時北投温泉で一番大きかった浴場の写真
Yutty!編集部撮影

こちらは当時北投温泉で一番大きかった浴場。ここで案内係のおじいさんがニコニコ顔で「日本から来たの?」と解説をしてくださいました。

今でも台湾のおじいさん、おばあさんには日本語が堪能な人も多いです。読者のみなさんが台湾を訪れたときも、台湾の人たちはきっと温かく迎えてくれますよ!

台北市立図書館北投分館の外観の写真
公園内には世界で最も美しい図書館のひとつとも言われる「台北市立図書館北投分館」もある。(Yutty!編集部撮影)

台湾の温泉旅館へ!!

台湾北投温泉の台湾の温泉旅館の外観の写真
Yutty!編集部撮影

“あの”加賀屋は断念

北投温泉には数多くの高級温泉ホテルがあり、中でも日本の名門旅館である「加賀屋」が運営している「日勝生加賀屋國際溫泉飯店」が日本人向け旅館として有名です。

台湾北投温泉の旅館「加賀屋」の外観の写真
温泉街でもひときわ目立つ「加賀屋」。手前は市立図書館(Yutty!編集部撮影)

・・・・が!高い!さらにちょうど訪れた時期が台湾の旧正月だったこともあり、加賀屋への宿泊はなくなく断念。

北投天玥泉會館に泊まる

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の写真
Yutty!編集部撮影

というわけで私が選んだ旅館はこちら、「北投天玥泉會館」(BEITO HOT SPRING RESORT)。2013年に開業したばかりの新しい温泉ホテルで、MRTの駅から最も近い温泉ホテルの一つでもあります。

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の写真
Yutty!編集部撮影

温泉大浴場へ

ではさっそく、大浴場を見てみましょう。大浴場に行くには、フロントで「お風呂行きたいんですけど!」的なことをお願いして、電子キーでドアを開けてもらいます。

ロッカールームで服を脱ぎ、階段を降りると・・・

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の大浴場の写真
引用:「北投天玥泉會館」公式ウェブサイトより

立派な大浴場がありました!!

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の大浴場の写真
引用:「北投天玥泉會館」公式ウェブサイトより

地下なので眺めなどは期待できませんが、かなり広いです。お湯の色はほとんど透明ですが、硫酸塩泉に属する「白磺」(白湯)でpH值3~4で、少し硫黄の香りがします。

台湾北投温泉の北投天玥泉會館のカランやシャワーブースの写真
引用:「北投天玥泉會館」公式ウェブサイトより

カランやシャワーブースもかなりの数があるのですが、ここで一つ困ったことが

桶がないっ!

そう、あの温泉だと木でできていたり、銭湯だと「ケロリン」て書いてある、あの桶がないのです。

ここに限らず、台湾の浴場には桶がありません。たぶん、実際に身体を「洗浄」するのはシャワーで済んでしまうし、そもそも身体をタオルでゴシゴシとこすらないので、「桶」が必要ないのかもしれません。

もちろん、カランのお湯でタオルをゆすぐこともできるんですが、なんだかこう、落ち着かないというか。

日本で浴場に必ず桶があるということが、いかにありがたいことなのか、改めて実感するのでした。

この他にも、脱衣所まで土足で入る必要があったり、そこからサンダルで湯船まで行く必要があったり(みんなサンダル履いて身体洗ってました)、日本とは違う衛生観念にちょっとだけ戸惑ったのも事実でした。

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の貸切風呂の写真
引用:「北投天玥泉會館」公式ウェブサイトより

カップルやファミリーにもおすすめ、貸切風呂も完備しています。

和洋客室

続いて、客室です。今回は、Japanese room・・・つまり和室のある部屋を選びました。

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の客室の写真
Yutty!編集部撮影

ドアを開けると、目の前に和室がありました。

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の畳部屋の写真
Yutty!編集部撮影

なんとなく落ち着くかんじ。やっぱり畳はいいですね〜

台湾北投温泉の北投天玥泉會館のベッドルームの写真
Yutty!編集部撮影

こちらが、ベッドルーム。さらに奥へ進むと・・・

台湾北投温泉の北投天玥泉會館のお風呂の写真
Yutty!編集部撮影

部屋付きのお風呂です。なんとこれも温泉なんです!

台湾北投温泉の北投天玥泉會館のお風呂の写真
Yutty!編集部撮影

部屋付きの温泉だなんて、ゼータク!なんて思いますが、むしろ北投温泉の旅館はこちらが普通。多くの旅館では、大浴場ではなく部屋付きの温泉風呂や、貸切の浴場が設置されているのです。

朝食

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の朝食会場の写真
Yutty!編集部撮影
台湾北投温泉の北投天玥泉會館の朝食バイキングの写真
Yutty!編集部撮影

ちなみにこちらが朝食会場と朝食のバイキング。一般的な日本のホテルとあまり変わらない感じですが、私の大好物「ローソン」(肉鬆=肉でんぶ)を始め、台湾の食材もいただけます。

台湾北投温泉の北投天玥泉會館の朝食バイキングの写真
Yutty!編集部撮影

台湾のホテルの朝食では定番の「お粥」といろんな調味料。台湾料理と言うよりは、中華料理らしいですけどね。

ホテル詳細

施設名 : 北投天玥泉會館 Beitou Hot Springs Resort
住所 : No. 3, Zhongshan Rd, Beitou District, Taipei City, Taiwan[地図]
アクセス : 台北捷運北投支線「新北投」駅から徒歩すぐ
営業時間 : 月-木 09:00〜22:30、金-日 09:00〜23:00
公式URL : http://www.tyq.com.tw/(日本語ページあり)
電話番号 : +886-2-2898-8661(国際電話)
定休日 :

詳細を読む

入浴料 : NT$520〜(週末はNT$600)
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオルの有無 : あり

この他にも、北投温泉は数々の魅力的な温泉ホテルがあります。ぜひみなさんの好みに合わせた温泉を探してみてくださいね。

台北から日帰り温泉もできる!

北投温泉はやっぱり高い!という方、ご安心を。北投温泉は日帰り入浴施設もあるので、手がるに温泉気分を味わえます。

露天SPA「千禧湯」

台湾北投温泉の千禧湯の入口の写真
「千禧湯」の入口(Yutty!編集部撮影)

北投親水露天公園内にある露天風呂「千禧湯」は、水着入浴ですが、旅行客が気軽に入れる公衆浴場として人気です。

 日本時代から残る「瀧乃湯」(修繕中)

台湾北投温泉の瀧乃湯の入口の写真
日本式の「男湯」「女湯」表記が特徴の「瀧乃湯」(引用:「台湾温泉ガイド」さんより)

そして、古き良き日本時代の北投温泉を体験したい方には、日本統治時代から残る公共温泉「瀧乃湯」がおすすめ。

入口に「女湯」「男湯」と日本式の表記のあることからも、この公共浴場が日本を強く意識していることがわかります。

裸で入れるこの浴場は、地元の人も利用する味わい深い温泉施設になっていますが、2016年10月現在、全面補修工事中で利用することができません。ですがこれも、日本時代から残る歴史ある文化財を守り、後世に伝えるための大切な取り組み。ぜひ営業再開を心待ちにしましょう。

taipei-onsen-81
Yutty!編集部撮影

北投温泉ではそのほか、各温泉旅館やホテルでも、日帰り入浴を実施しています。

台湾北投温泉の「熱海大飯店」のホテル外観の写真
「熱海大飯店」など、日本の地名のついた温泉ホテルもある。(Yutty!編集部撮影)

北投温泉で行っておきたい観光名所

梅庭(旅遊服務中心)

台湾北投温泉の梅庭(旅遊服務中心)の外観の写真
Yutty!編集部撮影

梅庭は、日本時代から残る格式の高いお屋敷。北投親水露天公園内の中心部、露天SPA「千禧湯」のとなりにあります。長く修繕工事が行われていましたが、この度営業を再開。中国の書道家「于右任」が住んでいたお屋敷は一般公開され、今は観光案内所・休憩所として多くの人を迎え入れています。

台湾北投温泉の一般公開されている梅庭の写真
Yutty!編集部撮影

名称 : 梅庭
住所 : 台北市北投区中山路6号[地図]
営業時間 : 9:00~17:00
アクセス : 新北投駅から徒歩
参考URL : http://www.taipeinavi.com/miru/207/
定休日 : 月曜、祝日

北投普済寺(旧・鐵真院)

台湾北投温泉の北投普済寺(旧・鐵真院)の外観の写真
Yutty!編集部撮影

普済寺は北投温泉街の少し奥にある仏教寺院。なんと台湾でも珍しい日本寺なのです!
1905年(明治38年)に臨済宗妙心寺派により開山し、1915年には台湾総督府鉄道部職員の寄進によって現在の本堂が建立、「鐵真院」と名付けられました。台湾総督府鉄道部はかつての日本でいう鉄道省(=後の国鉄・JR)にあたる組織で、台湾全島に入植した鉄道職員の人々の心の支えとして愛されてきました。

台湾北投温泉の北投普済寺(旧・鐵真院)の写真
Yutty!編集部撮影

戦後一度荒廃してしまったものの、チベット派の僧侶によって「普済寺」と名前を変え復興。本堂を前にし、一歩踏み入れればわかりますが、日本の寺と全く変わらない作りに錯覚してしまいます。隣接する家屋も日本式のもので、また境内には総督府鉄道部関係者の石碑が残るなど、台湾にいながら日本の空気を感じる不思議な空間になっています。

名称 : 北投普済寺
住所 : 台北市北投区温泉路112号[地図]
アクセス : 新北投駅から路線バス市民小巴2番で「普済寺」もしくは小25番「銀光巷口」下車。
営業時間 :
電話番号 :
定休日 :

北投文物館

台湾北投温泉の北投文物館の外観の写真
Yutty!編集部撮影
台湾北投温泉の北投文物館の中庭の写真
Yutty!編集部撮影

北投文物館は、北投温泉でも最も奥、高台に残る、純日本家屋を用いた資料館です。1921年頃に高級温泉旅館「佳山旅館」として建てられたこの建物は、茶室、大広間、大浴場から枯山水の中庭、広い日本庭園など、伝統的な日本家屋の姿を完璧に残した建物で、北投温泉を始め、日本人・中国人・原住民の歴史や文化を展示するスペースのほか、一部が喫茶店として公開されています。日本語のパンフレット、展示もありますので、日本人の方でも安心して楽しむことができますよ。

台湾北投温泉の北投文物館の大浴場の写真
Yutty!編集部撮影

名称 : 北投文物館
住所 : 台北市北投区幽雅路32号[地図]
アクセス : 新北投駅から新北投駅から路線バス小25番「北投文物館」下車
営業時間 : 10:00~18:00
公式URL : http://www.beitoumuseum.org.tw/jp/main.asp(日本語ページ)
定休日 : 月曜日

北投温泉のグルメ

せっかく台湾の温泉に来たのだから、ぜひグルメも味わいたいですよね!!こちらではYutty!オススメの北投グルメもご紹介しちゃいます。

やっぱり定番「台湾料理」

手軽に「台湾料理」を食べてみたい方にはこちらのお店をご紹介。

台湾北投温泉の「二四伝統小吃」と「轉角麵館」の外観の写真
Yutty!編集部撮影

MRT新北投駅の交差点を右に曲がって少し進むと、「二四伝統小吃」と「轉角麵館」が見えてきます。どちらも現地の人に人気の台湾料理が味わえますので、ぜひその時の気分で入ってみてはいかがでしょう。

「二四伝統小吃」のイカあんかけ雑炊と貢丸湯の写真
「二四伝統小吃」のイカあんかけ雑炊と貢丸湯(Yutty!編集部撮影)

台湾人に人気「温泉ラーメン」

北投温泉では、「温泉ラーメン」が人気!新北投温泉すぐの「満来」や、地熱谷の近くにある「満客屋拉麺」は連日行列の人気店です。

台湾北投温泉の温泉拉麺「満来」の外観の写真
温泉拉麺「満来」(Yutty!編集部撮影)
台湾北投温泉の「満客屋拉麺」の外観の写真
「満客屋拉麺」(Yutty!編集部撮影)

終わりに

湯気の上がる川と台湾北投温泉博物館の写真
湯気の上がる川と台湾北投温泉博物館(Yutty!編集部撮影)

台北から日帰りで行けて、日本時代の面影も感じられる「北投温泉」いかがでしたでしょうか?

スイーツや美容、お茶などでテレビにも取り上げられる人気スポット「台北」ですが、ぜひちょっと足を伸ばして温泉で旅の疲れを癒してみませんか?

次回は台湾最大の温泉地「知本温泉」をご紹介します。

台湾北投温泉の灯篭の写真
Yutty!編集部撮影

リンク

【台湾編②】台湾最大の温泉地「知本温泉」はどんなとこ?

・北投温泉についてその他の情報はこちら(台湾温泉ガイド)

・北投天玥泉會館の公式ページはこちら(日本語ページ)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!


The following two tabs change content below.
編集長

編集長

旅行オタクの編集長。自称「主筆」。はたらく乗り物が好き。最近興味あるのは長距離フェリーの旅。好きな温泉は熊本県の人吉温泉と台湾の金崙温泉。アイスランドのブルーラグーン温泉に行ってみたい。