湯治をするなら那須に行こう!湯治の歴史と湯治気分が味わえる温泉宿特集

那須の温泉は、1000年以上も前から湯治に利用されてきました。今回は那須の湯治に関する歴史や、湯治として利用できるおすすめのお宿をご紹介します!

4306

目次

湯治ってなに?

みなさん、湯治(とうじ)ってご存知ですか?

病気の予防や疲労回復・病気を自然治癒させることを目的とし、温泉に浸かるほか、自炊をしたり健康的な生活を送りながら温泉地で過ごすことを言います。

なぜ温泉で病気が自然治癒できるの?

地中から湧き出る温泉は、多くのミネラル成分を含有しています。なかには特定の病気などに効く成分も含まれており、泊り込んで繰り返し温泉に入ることでその効果が得られるとして、古くから湯治の習慣が根付いていました。

その一方で、特定の人に限り体にとって害となってしまう成分が含まれていることがあります。多くの場合、短期間の入浴で健康被害を受けるとは考えにくいのですが、長期間頻繁に温泉に入ると健康を損なう可能性もあるのです。

そのため、湯治をしようとする際には必ずかかりつけ医に相談して、湯治をする温泉を決めてくださいね。

湯治をするなら那須に行こう!

鹿の湯 温泉
出典: 鹿の湯公式HP

人気の温泉地、栃木県の那須温泉郷は、栃木唯一の活火山である那須連山の上に位置しています。鉄やその他のミネラルを多く含む泉質で、昔から湯治としてよく利用されている温泉地です。

那須では1300年ほど前から湯治が行われてた!

那須温泉郷 昭和初期の鳥瞰図
出典: 那須温泉郷公式HP

那須温泉郷は、630年頃に狩野三郎行広が鹿の湯を発見したことで生まれたとされています。

そこから約100年後の738年に著された正倉院文書『駿河国正税帳』で、初めて文献に現れます。そこには、小野朝臣が従者12人を伴って湯治のため那須温泉に向かうという記述があります。

つまり738年頃には那須温泉郷は人々に知れ渡っており、湯治を目的として訪れるような場所だったと伺えます。

那須で湯治が体験できるお宿厳選3選

療養や保養、休養を目的とする湯治は、レジャーや観光のような温泉旅行ではありません。そのため、湯治として利用できるお宿も限られています。そこで今回は、湯治ができるプランありの那須のお宿を厳選してご紹介します!

連泊も可能!【那須湯本温泉 雲海閣】

雲海閣 内湯
筆者撮影

“昔ながらの湯治場”の雰囲気を感じさせるお宿がこちらです。

温泉は、古き良きレトロな雰囲気。那須湯本温泉のはじまりとも言われている「鹿の湯」からこんこんと湧く新鮮な源泉を引いています。そのため、疲労回復効果もおおいに期待できそうです。

なんといっても、自炊ができる自炊場がついているのが特徴です。観光ではなく、温泉に入るために来ている、という方向けですね。もちろん普通にお料理つきでの宿泊も可能です。

筆者撮影
筆者撮影

温泉宿名 : 雲海閣
住所 : 栃木県那須郡那須町湯本33
アクセス : 那須ICから車で約20分
営業時間 : 9:00-20:00
参考URL : http://www.nasuonsen.com/search/detail.php?no=11
電話番号 : 0287-76-2016
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人400円、子供200円
宿泊:あり
宿泊料 : 4875円〜(2016/2/23那須温泉旅館協同組合調べ)
駐車場の有無 : 有(10台)
シャンプーの有無 : 有
ドライヤーの有無 : 有
レンタルタオル : 有

天狗と一緒に湯治!【北温泉旅館】

dsc_0458
筆者撮影

「天狗に見張られながら入れる温泉」として有名な【北温泉旅館】も、実は湯治に最適なスポットです。

【北温泉旅館】の特徴は天狗の温泉だけでなく、滑り台もついた巨大プール型温泉などもあります。お風呂の種類も豊富なため、何日いても飽きないかもしれません。

食事つきのプラン以外にも、素泊まりで自炊できるプランもあります。加えて、相談をすれば長期滞在もできるのだとか。本格的な湯治をしたい方はぜひ、こちらをご検討ください。

温泉宿名 : 北温泉旅館
住所 : 栃木県那須郡那須町湯本151
アクセス : 東北自動車道那須IC下車、県道17号を那須湯本方面へ約30分
営業時間 : 日帰り8:30~16:00
公式URL : http://www.kitaonsen.com/mokuj.htm
電話番号 : 0287-76-2008
詳細を読む

日帰り入浴:あり
日帰り入浴料 : 大人700円
宿泊:あり
宿泊料 : 1泊2食付7,500円~/自炊4,650円~
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : なし
レンタルタオル : あり

24時間いつでも入浴OK!【湯荘白樺】

筆者撮影
筆者撮影

このお宿の特徴は、宿泊すれば近隣の共同浴場も全て入浴可能になること!そして24時間、お宿の温泉が入り放題なこと!これはありがたいですね。

宿泊プランも、通常の宿泊代より1000円ほど安い湯治にぴったりなひとり用のお部屋があります。自炊のプランはありませんが、リーズウナブルでお得に連泊できるのも嬉しいポイントです。

湯泥の沈んでいる泉質で、さまざまな成分が含まれています。評判が高い【北温泉旅館】自慢の泉質を、ぜひ堪能してください。

温泉宿名 : 湯荘白樺
住所 : 栃木県那須塩原市湯本塩原14
アクセス : 西那須野塩原ICより車で35分
公式URL : http://www.mmjp.or.jp/sirakaba/index.html
電話番号 : 0287-32-2565
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人500円
宿泊料 : 3240円〜(2015/12/14楽天トラベル調べ)
駐車場の有無 : あり

まとめ

いかがでしたか?昔から湯治で有名な那須の温泉。観光だけではない温泉の楽しみ方をご紹介しました。仕事のストレスを解消するために一人旅もよし、両親の体を労って、湯治体験をプレゼントするもよし。さまざまな楽しみ方があるかと思います。ぜひ、日ごろの疲れがたっぷり溜まった体を癒しに、那須の温泉宿で湯治に行ってみませんか?

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!


The following two tabs change content below.
川田 宏樹(かわた ひろき)
早稲田大学教育学部に在学中。長崎生まれ名古屋育ち。『日本一温泉を巡っている大学生』として、たびたびマスコミにも取り上げられる。“一期一湯”をモットーに全国を巡りつつ、温泉ブログ「温泉ソムリエ大学生」を運営。