今が見頃!日本のマチュピチュと呼ばれる竹田城と神秘的な雲海

6000

この神秘的な風景、日本なんです。

山々の間に分厚い雲が流れ込み、切り立った崖の上にそびえたつ城ー。
ここ、日本なんです。
具体的には、兵庫県朝来日市和田山町竹田の日本の城、竹田城跡と雲海。神秘的な雲海に朝日が差し込み、ほんとうに綺麗です。

天空の城・日本のマチュピチュ

天空の城・日本のマチュピチュと呼ばれ、12月上旬が一番のハイシーズンになります。

雲海がみられる時期と時間は?

雲海がでる時期は9月下旬〜4月上旬の早朝。時間は明け方から早朝8時頃までです。その中でも11月下旬から12月上旬がもっとも雲海が発生しやすい時期。それ以降は雪が降ることもあり、危険度が増します。自然の脅威に逆らうことなく、絶好のタイミングで絶景を拝めてみましょう。

雲海がみられる条件

雲海の景色
出典: きのさき温泉観光公式サイト

自然の様々な条件が重なりあってみることができる神秘。雲海がみられる条件はよく晴れていること朝方と日中の気温の差が大きいこと風が弱いこととされています。

時間帯によって異なる表情

雲海と朝日
出典: 高画質写真(photo)

こちらは雲海とご来光の景色です。時間帯によって異なる表情をみせてくれます。

竹田城へのアクセス

竹田城までは、実は城崎温泉中心街から山頂付近までは車で15分ほど。竹田城跡駐車場からは歩いて15分ほどでいけます。明け方に山頂につきたいのであれば、朝、タクシー予約しておくのがよいでしょう。明け方にこだわらなければタクシーも比較的つかまえやすいです。明るくなってから1〜2時間は雲海を楽しむことができます。自分にあった行動計画をたてましょう。

駐車場から2km

竹田城跡駐車場からは歩いて15分ほどでいける。距離にすると2kmだが、整備された道なので、雪が降ったり積もっていなければそれほど険しい道のりではありません。

天空の城だけじゃない雲海の景色

こちらは天空の城ではなく、雲海に浮かぶ金剛山を眺めた景色です。時間帯だけでなく、場所やみる方向で異なる表情をみせてくれます。どんな絶景がまっているかワクワクしますね。

浴衣の似合う街・城崎温泉街

城崎温泉 浴衣の似合う街
出典: きのさき温泉観光公式サイト

城崎温泉街は古くより文豪たちに愛され、その歴史が街の中に染み渡っています。自然の神秘をまちわびて温泉街散策。城崎温泉がもっと知りたい方はこちら!歴史と文豪の街・城崎温泉特集を参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 


本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!