冬は温泉フェスへ!有名温泉フェスまとめ(2015-2016)

夏の野外フェスで盛り上がった音楽好きの人達は、冬場は何をしているのでしょう? 冬眠?  いえ!違います。     冬には冬の楽しみ方があるのです。 寒い冬こそ行きたくなるのが温泉ですよね?  ということで、今 温泉と音楽フェスを合体させた『温泉フェス』が熱いのです!  この冬開催される 温泉フェスをご紹介いたします

2758

Arafudo Music ’16

福島県 土湯温泉で行われる温泉フェス Arafudo Music ’16
出典: ARAFUDO MUSIC公式HP

福島県 土湯温泉で行われる温泉フェス Arafudo Music ’16 温泉旅館を丸ごと貸し切って行われる同イベントは、120畳の大宴会場で行われるライブを中心に、一泊二食温泉付きの豪華な内容です。 温泉に浸かって豪華な食事をとった後は、浴衣姿のまま宴会場の畳にゴロンと寝ころび、一杯飲みながらライブを楽しめる。そんな夢のようなイベント。
福島県の小さな温泉街で開催される贅沢な大人の修学旅行。それが「アラフドミュージック」なのです。

「あらふど」ってなんだ??

アラフドミュージックの「アラフド」とは、この地方の方言で「新踏土」と書き、新雪を踏みしめて道筋を作る事を言います。

アラフドミュージックの会場となる宿がある土湯温泉町は磐梯朝日国立公園の中にあります
出典: ARAFUDO MUSIC公式HP

会場となる宿がある土湯温泉町は磐梯朝日国立公園の中にあり、212世帯432人が暮らす小さな温泉街です。震災以前は16件あった温泉宿は、わずか1年で11件になってしまいました。「このままではいけない!」と奮起した町の人達は新たな宿泊客を呼び込もうと、新雪を踏みしめ道筋を作るが如く開催されたのが「アラフドミュージック」の始まりでした。

選べる3つのお宿

「アラフドミュージック」では、土湯温泉を堪能できるようにと、宿泊するお宿を3件から選ぶ事ができます。
それぞれ違った趣のある3つの宿。ライブはもちろんのこと、それぞれの旅館での時間もまた「アラフドミュージック」の楽しみの1つなのです。

山根屋

ライブ会場となる大宴会場があるの旅館「山根屋」
出典: 山根屋公式HP

ライブ会場となる大宴会場があるのが、こちらの「山根屋」
期間中こちらの旅館は「アラフドミュージック」だけの貸し切りとなります。
ライブ会場で呑んだくれてベロベロになってしまってもすぐにお部屋に帰れるので安心ですね。

土湯温泉一を誇る全長20mの大浴場!山根屋
出典: 山根屋公式HP

2つの自家源泉を持つ山根屋さんの温泉は、内湯と露天風呂でそれぞれ泉質の異なる湯なので入り比べてみるのも面白いですね。
圧巻なのは土湯温泉一を誇る全長20mの大浴場! 浴室に入ると向こう側が湯気で見えない程の広さで、浴場というよりもプールに来たようなような感覚に陥ります。

向瀧

渓谷に面した位置にあるので、土湯の大自然を思う存分満喫できる向瀧
出典: 向滝公式HP

ライブ会場となる「山根屋」から徒歩10分程の場所にある「向瀧」
渓谷を眺めながらの絶景露天風呂が自慢の旅館です。

渓谷を眺めながらの絶景露天風呂が自慢の旅館「向瀧」
出典: 向滝公式HP

露天風呂は檜風呂と岩風呂の趣の違った2種類が時間毎の男女入れ替え制で楽しめます。
どちらも渓谷に面した位置にあるので、土湯の大自然を思う存分満喫できます。
源泉はお肌に優しい弱アルカリ性単純温泉なので、渓流と山々を見ながらのんびりと至福のひと時を過ごせます。

山水荘

4か所の大浴場と5か所の貸し切り露天風呂で温泉三昧を楽しめる旅館「山水荘」
出典: 山水荘公式HP

こちらもライブ会場となる「山根屋」から徒歩10分程の場所にある「山水荘」
敷地内には約1000坪の日本庭園があり、4か所の大浴場と5か所の貸し切り露天風呂で温泉三昧を楽しめる旅館です。

個性の違った4つの大浴場で温泉三昧の旅館「山水荘」
出典: 山水荘公式HP

勢いよく流れ落ちる二段の滝を横目に見ながら入浴できる 太古の湯。
大小様々な湯船が楽しめる2階建て大浴場 淵の湯
二段の滝を眼下に眺める一面ガラス張りの大浴場 滝の湯
日本庭園を眺めながら時間を気にせず入れる24時間利用可能な たまゆらの湯
個性の違った4つの大浴場。全部のお風呂でのんびりしていたら温泉だけで一日が終わってしまいそうな、まさに温泉三昧の宿です。

参加アーティスト

ライブを盛り上げてくれる参加アーティストのラインナップはこちらです

おおはた雄一

1975年茨城県生まれ。シンガー・ソングライター、ギタリスト おおはた雄一
出典: ARAFUDO MUSIC公式HP

1975年茨城県生まれ。シンガー・ソングライター、ギタリスト。
坂本美雨とのユニット「おお雨」、福岡晃子(チャットモンチー)とのユニット「くもゆき」などでも活動。

大宮エリー

J-WAVEにてパーソナリティーとしても活躍中の大宮エリー
出典: ARAFUDO MUSIC公式HP

作家、脚本家、映画監督、演出家、画家、CMディレクター。
現在、J-WAVEにてパーソナリティーとしても活躍中

奇妙礼太郎

少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する 奇妙礼太郎
出典: ARAFUDO MUSIC公式HP

奇妙礼太郎トラベルスイング楽団や、アニメーションズのボーカルとしても活動中のバンドマンでありロックボーカリスト。少し泣き声混じりの切ない歌声と、むき出しのソウルで人々を魅了する。

蔡忠浩

天下無双のハイブリッド未来音楽集団『bonobos』のヴォーカル&ギター&リーダー担当 蔡忠浩
出典: ARAFUDO MUSIC公式HP

レゲェ/ダブ、ドラムン ベース、エレクトロニカ、サンバにカリプソと様々なリズムを呑み込みながらフォークへ向かう、天下無双のハイブリッド未来音楽集団『bonobos』のヴォーカル&ギター&リーダー担当

tricolor(トリコロール)

NHK連続テレビ小説「マッサン」の音楽の演奏を担当した3人組tricolor
出典: ARAFUDO MUSIC公式HP

アイルランド伝統を下敷きにしたオリジナル曲を、3人それぞれの色を混ぜながら演奏する。
NHK連続テレビ小説「マッサン」の音楽の演奏を担当

Mayu Wakisaka

シンガポールのテレビドラマサブテーマソングに使われたりと海外の評価が高いMayu Wakisaka
出典: ARAFUDO MUSIC公式HP

京都大学卒業後単身渡米、在学中からセルフプロデュースでCDをリリース。 楽曲は欧米のソングライティングコンテスト優勝、Sony Walkmanのプレロードソングに決定、シンガポールのテレビドラマサブテーマソングに使われたりと海外の評価が高い。

福島県 土湯温泉で行われる温泉フェス Arafudo Music ’16
出典: ARAFUDO MUSIC公式HP
開催日 : 2016年 1月 30日
開催地 : 福島県福島市土湯温泉町
料金 : 1泊2食 温泉付き 18,900円
アクセス : 東北新幹線福島駅より福島交通『土湯温泉行き』バスに乗り約45分
公式URL : http://arafudo.com/
お問い合わせ : music@arafudo.com

飯坂温泉ミュージックフェスティバルおと酔いウォーク2016

島県、飯坂温泉で行われる温泉フェス おと酔いウォーク2016
出典: おと酔いウォーク2016公式HP

福島県、飯坂温泉で行われる温泉フェス おと酔いウォーク2016 町全体が会場となる大規模なイベントです。飯坂温泉街の特色豊かな6会場でライブが行われ、リストバンド式の入場券があれば、どの会場も入場自由となっていますので、一日中温泉巡りをしながらライブを楽しむ事ができるのです。

おと酔いウォーク とは??

震災以降、原発事故による風評被害によって 福島に訪れる観光客は激減しました。
加えて放射能汚染の影響を恐れ福島県自体の人口も減少しています。
そんな中、市民に「元気」と「笑顔」を与え、小売店、飲食店などの地域商業の振興を図るために、音楽イベントを開催して賑わいを創出させ、風評被害の払拭のために飯坂から全国へ発信したい!という思いから飯坂町商工会青年部と観光協会青年部が中心となって実行委員会を立ち上げたのが「おと酔いウォーク」なのです。
今回で4回目を迎える「おと酔いウォーク2016」 回を重ねる毎にスケールアップし、温泉街全体がイベント会場となり、音楽の他に温泉・グルメ・観光もまるごと楽しめるイベントになっています。

鳴子・秋保とともに奥州3名湯に数えられている飯坂温泉
出典: 飯坂温泉公式HP

飯坂温泉は、東北地方有数の古湯であり、古くは「鯖湖の湯」と呼ばれ、鳴子・秋保とともに奥州3名湯に数えられています。2世紀頃には日本武尊が東征の折に、1689年には俳聖 松尾芭蕉が奥の細道の途中に立ち寄ったとされる歴史ある温泉地です。

東北を代表する温泉郷 飯坂温泉

摺上川とその支流赤川の流れを中央に大小さまざまな旅館が軒を並べている飯坂温泉。
日帰り入浴ができる旅館は30件以上あり、温泉街には9つの共同浴場と4つの足湯があります。代表的な施設をいくつかご紹介します。

祭屋湯左衛門

大正10年創業の老舗旅館 祭屋湯左衛門
出典: 祭屋湯左衛門公式HP

大正10年創業の老舗旅館。賑わいのある祭情緒と、湯心のある温泉情緒の再現をテーマにした露天風呂は風情たっぷりです。

花桃の湯

飯坂ホテル聚楽に併設された温泉施設 花ももの湯
出典: いいざか花ももの湯公式HP

飯坂ホテル聚楽に併設された温泉施設。多彩な内湯や庭園に点在する露天風呂群、施設内に泉質の異なる3本の源泉があり、一か所で湯巡りが楽しめます。

旧堀切邸手湯足湯

旧堀切邸の敷地内にある共同足湯です。長い回廊に手湯と共に設置してあり、腰かけ用の座席も多くありますので、大勢がゆったりと浸かることができます。

参加アーティスト

前回の おと酔いウォーク2015 では計40組近くのアーティストが参加しました。
今回の2016では 2015.12/10現在で出演アーティスト第一弾として18組の参加が決定しています。ピックアップして、何組かをご紹介致します。

LOW IQ 01

99年『MASTER LOW』発表、ソロ活動スタートさせたLOW IQ 01
出典: おと酔いウォーク2016公式HP

10代から数々のバンドでBass/Vocalなどを担当
1994年にはJAM世代を牽引したバンド、SUPER STUPIDを結成。
99年『MASTER LOW』発表、ソロ活動スタート

KUDANZ

仙台で活動を開始し、様々なバンド形態を経てソロプロジェクトとなったKUDANZ
出典: おと酔いウォーク2016公式HP

2008年より仙台で活動を開始し、様々なバンド形態を経てソロプロジェクトとなったKUDANZ。
2014年5月にはソロプロジェクトとなってから初の作品となる「何処か長閑な」をリリース。

ザ・なつやすみバンド

2008年4月「毎日が夏休みであれ!」という信念の元、結成された ザ・なつやすみバンド

出典: おと酔いウォーク2016公式HP

2008年4月「毎日が夏休みであれ!」という信念の元、結成。
かくも透き通った伸びやかな歌声、叙情的かつセンチメンタルな歌詞とメロディにはどこか懐かしさがあり、唯一無二のサウンドを生み出している

狐火

オフビートラップとポエトリーリーディングを駆使して1000組のバンドを黙らせた1本マイク。 狐火
出典: おと酔いウォーク2016公式HP

オフビートラップとポエトリーリーディングを駆使して1000組のバンドを黙らせた1本マイク。
2008年にアルバムデビューして現在まで12作品のアルバムをリリース。

Huenica

ギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガーソングライター伊藤サチコによる旅する音楽ユニット。Huenica
出典: おと酔いウォーク2016公式HP

ギタリスト榎本聖貴(ex.LOST IN TIME)とシンガーソングライター伊藤サチコによる旅する音楽ユニット。
二人によるアンサンブルの可能性を最大限に突き詰めた、究極の混声コラボレーション。

ご紹介は割愛させていただきますが、上記以外にも以下のアーティストの方々が各会場で熱いライブを見せてくれます。

ava ・ 井上ヤスオバーガー・僕とモンスター・DEFROCK・@なおポップ・衰退羞恥心・Silaph
菅野恵・Chano・Shimva・MANAMI・飯坂だ♨べした〜ず・飯坂太鼓保存会

今後もまだまだ参加アーティストは増えて行き最終は34組が出場する予定だそうです。
第二弾の発表が待ち遠しいですね。

個性豊かな6会場

会場1/清流の宿 花乃湯

会場1/清流の宿 花乃湯
出典: おと酔いウォーク2016公式HP

源泉掛け流しの天然温泉のこちらの旅館の宴会場がライブステージになります。
ライブ観覧の後にのんびり入浴するのもいいですね。
最大収容:120名

会場2/旧堀切邸(十間蔵)

福島県内で現存する最大で最古の土蔵「十間蔵」
出典: おと酔いウォーク2016公式HP

江戸時代から続いていた豪農・豪商の旧家を補修、復原、一部新築により整備し、観光交流拠点として平成22年5月に開館した旧堀切邸。県内で現存する最大で最古の土蔵「十間蔵」がライブステージになります。
最大収容:80名

会場3/旧堀切邸(下蔵)

平成22年に新設され、イベントなどにも活用されている「下蔵」
出典: おと酔いウォーク2016公式HP

十間蔵と同様、旧堀切邸の中に建てられている蔵です。
平成22年に新設され、イベントなどにも活用されている「下蔵」
こちらが第3会場になります。
最大収容:60名

会場4/BAR 楽屋

年間通してギター、ピアノ 弾き語り・バンド・三味線・お笑いなど、ライブを開催している「BAR 楽屋
出典: おと酔いウォーク2016公式HP

年間通してギター、ピアノ 弾き語り・バンド・三味線・お笑いなど、ライブを開催している「BAR 楽屋」が第4会場となります。
最大収容:40名

会場5/珈族亭 談妃留

ひょうきんなマスターがいるカフェ。談妃留
出典: おと酔いウォーク2016公式HP

ひょうきんなマスターがいるカフェ。談妃留ラーメン(味噌)やナポリタンが地元でも人気。もちろんこだわりの珈琲もいただける「珈族亭 談妃留」が第5会場です。
最大収容:30名

会場6/oncafé

飯坂温泉の中心部に位置するコミュニティカフェ。
出典: おと酔いウォーク2016公式HP

飯坂温泉の中心部に位置するコミュニティカフェ。地元のパンフレットやお土産も豊富に取り揃えており、観光案内所として利用される方も多い「oncafé」が第6会場になります。
最大収容:30名

年明けから、飯坂温泉の各旅館、ホテルでお得な「おと酔いウォーク用宿泊プラン」が発表される予定で、おと酔いウォーク公式HPにて随時紹介されるとの事です。
また、当日は地元福島交通飯坂線で、福島駅から飯坂温泉駅までの区間で乗り降り自由の「おと酔い特別切符」が発売されます。
このように、まさに町全体が一つになって開催される一大イベントが「おと酔いウォーク」なのです。

町全体が一つになって開催される一大イベント「おと酔いウォーク」
出典: おと酔いウォーク2016公式HP
開催日 : 2016年 3月 26日
開催地 : 福島県福島市飯坂町
料金 : 4,000円 (全会場入場可能、飯坂温泉入浴券付き)
アクセス : 福島駅から、福島交通飯坂電車(飯坂線)で、23分
公式URL : http://otoyoiwalk.com/
お問い合わせ : U-ONE MUSIC 024-597-7202

おわりに
いかがでしたか?
熱いライブと熱い温泉が一緒に楽しめる温泉フェス。 音楽好きにも温泉好きにもたまらないイベントですよね。 是非一度足を運んでみてはいかがでしょうか?


本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!