山形県米沢市・白布温泉の西屋へ行ってきた!【動画レポ】

マックスむらいと上田部長の温泉談義 第12回!動画で温泉を紹介する企画、今回は「滝のように注がれる超新鮮な天然温泉」、山形県米沢市【白面温泉 湯滝の宿 西屋】をご紹介します!

3821

▼レポート動画▼

こんにちは!

こんにちは。

じつは温泉の収録はお久しぶりなんですね。「Ingress」(※)をやりにアメリカに行ってらっしゃったとか。

いやもちろんそれもあるけど、アメリカの温泉を取材にね!

アメリカでのポケモンGOはどうでした?。

ちょうど旅行の終盤にポケモンGOがリリースされたんだけど、もーすごいわ!ロサンゼルスの道行く人誰もがポケモンやってんの。「誰彼問わず」ってのはまさにこのことだね。

やっぱそうなんですかー。本当に世界中で大流行ですもんね!さて、今回の温泉はどこでしょう?

今日は米沢市の白布温泉【西屋】さん。

それでは行ってみましょう。

※2015年に正式リリースされた位置情報を使った陣取りゲーム。ポケモンGOはIngressで蓄積された位置データを利用している。

白布温泉 西屋

白布温泉の西屋の外観の写真
Yutty!編集部撮影

西屋さんの正式名称は〈湯滝の宿 西屋〉。

うわっ!すごい雰囲気ありますね!

白布温泉の西屋の建物の写真
Yutty!編集部撮影

そう。茅ぶき屋根の建物で、【西屋】さんは創業が1320年。ものすごい歴史があるんよ。

今から700年前!鎌倉時代じゃないですか!

山形県の老舗企業年表の写真
山形県の老舗企業年表。白布温泉を代表する旅館3軒が3位〜5位を占めている。(Yutty!編集部撮影)

山形県の中でも、4番目くらいできた「企業」なんだよね。白布温泉が開湯した頃からある旅館で、この周辺では「西屋」「東屋」「中屋」の三軒が代表する宿なんだけど、茅ぶき屋根の風情を留めているのはこの「西屋」さんだけなんよ。

旅館詳細

施設名 : 湯滝の宿 西屋
住所 : 山形県米沢市大字関1527[地図]
アクセス : JR米沢駅よりバスで約45分
営業時間 : 11:30-15:30(日帰り入浴)
公式URL : http://www.nishiya-shirabu.jp
電話番号 : 0238-55-2480

詳細を読む

入浴料 : 500円
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : なし
レンタルタオルの有無 : あり

日帰り入浴が手頃な値段で楽しめるほか、平日なら食事付きで10000円以下で宿泊することもできます!(2016年9月現在)

■電車を利用する場合
JR米沢駅より送迎車もしくは白布温泉行き路線バスを利用
▶︎「白布温泉」バス停下車徒歩2分。

■自家用車を利用する場合
東北道・福島飯坂ICより国道13号線
▶︎米沢経由で約70分。

新潟方面からお越しの際は、磐梯高原・西吾妻スカイバレーを経由すると便利です!※冬季閉鎖

滝のように注がれる”超”新鮮温泉

白布温泉の西屋の滝風呂への案内表示の写真
Yutty!編集部撮影

西屋さんの温泉といえばこれよ。「滝風呂」

滝風呂。

白布温泉の西屋の樋から流れ出る熱々の源泉の写真
樋から流れ出る熱々の源泉(Yutty!編集部撮影)
白布温泉の西屋の滝のように流れる源泉の写真
高温すぎるため、季節によって井戸水と混ぜて使用する(Yutty!編集部撮影)
白布温泉の西屋の滝のように流れる源泉の写真
Yutty!編集部撮影

滝のように流れる源泉。

すごっ!そしてこれ結構流れちゃってますけど。

白布温泉の西屋の溢れ出て行くお湯の写真
注ぎ込まれたお湯はあっという間に溢れ出て行く(Yutty!編集部撮影)

そう、注いだ温泉をバンバン溢れさせちゃってるわけ。もうゼータクよ!なかなかこれだけの量を毎分注いでは流しちゃう温泉は見かけないからね。

日本でも一番と言える新鮮な温泉ってことですね・・・

白布温泉の西屋の大浴場へ向かう廊下の写真
大浴場へ向かう廊下(Yutty!編集部撮影)
白布温泉の西屋の廊下の下を流れる大量の温泉の写真
なんと廊下の下を中庭へ大量の温泉が流れている。「正真正銘の源泉掛け流し」である。(Yutty!編集部撮影)

湯量は毎分500リットルだって。

毎分500リットル!ちょっと想像がつかないです。

白布温泉の西屋の湯の花の写真
Yutty!編集部撮影

そして見てよこの湯の花。

こんな湯の花、私見たことないです!

白布温泉の西屋の全面木造りの浴場の写真
Yutty!編集部撮影

でも、全面木造りの浴場は開放感もあって、決して狭いなって感じじゃないんだよね。

白布温泉の西屋の掛け湯として利用する源泉の写真
湯量豊富な源泉。こちらは掛け湯として利用してもらうもので、約60℃と高温になっている。(Yutty!編集部撮影)

この建物は内湯なんだけどね、ものすごく「湯に集中」できるわけ。

湯に集中?

そう、眺望があるわけやないし、ただひたすらに滝の音だけが聞こえるわけ。だから湯に浸かることに集中できるし、そんでもってこの雰囲気だからタイムトリップもできるし、疲れた心と身体を休ませるにはもう究極の場所なんだよね。

白布温泉の西屋の味のあるカランの写真
味のあるカラン。シャンプーやボディソープは備え付けてあるので、手ぶら入浴もOK。(Yutty!編集部撮影)
白布温泉の西屋の秘湯シャンプーの写真
「日本秘湯を守る会」に加盟している温泉にしか設置していない、秘湯シャンプー。(Yutty!編集部撮影)
白布温泉の西屋の脱衣所の写真
木のぬくもりに包まれた脱衣所。(Yutty!編集部撮影)
白布温泉の西屋の洗面台の写真
こちらが洗面台。ドライヤーもあります。(Yutty!編集部撮影)
白布温泉の西屋の脱衣所にある成分表の写真
脱衣所には成分表もあります。入浴前にチェックしておきたいですね!(Yutty!編集部撮影)

館内施設をチェック!

歴史ある温泉旅館ということで、温泉以外の館内施設もとても魅力的です。

白布温泉の西屋の休憩所の写真
Yutty!編集部撮影

こちらは休憩所。温泉をゆったりと堪能した後は、ドリンクを飲みながらくつろいでくださいね。

白布温泉の西屋のロビーの写真
Yutty!編集部撮影

囲炉裏が目印のロビー。

白布温泉の西屋の工芸品・こけしなどの写真
Yutty!編集部撮影

山形を代表する工芸品・こけしなどが展示されています。

白布温泉の西屋の「離れ」の写真
Yutty!編集部撮影

木のぬくもりを感じるモダンなデザインの「離れ」。
夜間にはライトアップされ、より一層ノスタルジックな雰囲気を醸し出しています。
民家のような本館とは一味違うテイストで、宿泊者にも大変人気なんだとか。

アクセス

この西屋さんは、山形県米沢ということですが・・・

東京からだと、山形新幹線で2時間、米沢駅から車で30分くらいやね。

米沢駅からはどうやって行くのがオススメですか?

僕らはレンタカーで行ったんやけど、タクシーでもいいし、路線バスや送迎のサービスもあるから詳しくは西屋さんに確認してや。

なるほど!東京から新幹線で一本で、駅からも30分くらいでこんな素晴らしい温泉に泊まれるのはいいですね!

終わりに

白布温泉の西屋の玄関にあるランプの写真
Yutty!編集部撮影

西屋さんは700年もの昔からそのまま続く温泉宿、まさに「日本の財産」だと思うんよ。

そうですよね・・・こういう歴史って大切にしたいです。

宿の当代さんと少し話させてもらったんやけど、湯守って言うのかな、「この湯を守り続けるんだ」っていう強い意志というか、覚悟を感じて感動したね。

「湯守の覚悟」ですかぁ・・・。

日本秘湯を守る会の提灯の写真
西屋は、日本秘湯を守る会に加盟の温泉宿。「旅人の心に添う 秘湯は人なり」という理念のもと、日本の誇る温泉と自然風景を守る思いで運営している。(Yutty!編集部撮影)

あまりに素晴らしすぎるんで、アメリカから帰国してすぐまた行っちゃったよ(笑) だから帰国後の日本温泉の思い出も西屋さん。

おお・・・部長がそこまでおっしゃられるのって相当ですよね!山形県米沢市の白布温泉にある西屋さん、超おすすめです!

白布温泉の西屋の入口の写真
Yutty!編集部撮影

本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

山形県米沢市・白布温泉の西屋へ行ってきた!【動画レポ】