【北海道】何度でも訪れたくなる!北海道の温泉ランキング5選!

日本の都道府県で面積が最も大きい北海道。世界的にも貴重な「モール泉」や、一つの温泉郷に多くの泉質があり入り比べができる登別温泉、札幌近郊の定山渓温泉など、個性豊かな温泉がいっぱい!今回は、何度でも訪れたくなる北海道の温泉をご紹介します。

26157

第5位 オベリベリ温泉【水光園】

モール泉で有名な十勝川温泉とほぼ同泉質です。モール泉とは、枯れて分解された植物由来の有機物(フミン酸)が溶け込んで、濃淡のある褐色の温泉をいいます。ユニークなこのオベリベリとは、帯広の名前の由来だとか。

コーヒー色のモール泉でお肌ツルツル!

モール泉が肌にツルツルとなじみ、とても気持ちいいです。香りも様々ですが、独特な甘さがあるのだとか。市街地なのに森の中の温泉にいるようで、浴場や露天風呂から青サギの営巣やハルニレ、桜の木も見ることができます。

北海道でしか食べれない!?マルセイバターサンドのアイス

六花亭のマルセイバターサンドといえば、北海道のお土産で有名です。これがアイスになって札幌本店、帯広本店、六花の森のみでしか食べれないというレアものです。地方発送もしていないため、ぜひ食べてみたい!

温泉宿名 : オベリベリ温泉 水光園
住所 : 北海道帯広市東10条南5丁目6
アクセス : 帯広広尾自動車道芽室帯広ICから国道38号を池田町方面へ11km
営業時間 : 11:00-22:00(閉館23:00)
参考URL : http://www.kita-no-sento.com/sento/1109/(北海道公衆浴場業生活衛生同業組合)
電話番号 : 0155-23-4700
定休日 : 元旦
詳細を読む

入浴料 : 大人440円 ※要確認
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

第4位 登別温泉【花鐘亭はなや】

北海道 花鐘亭はなや 温泉の写真
出典:花鐘亭はなや 公式サイト

登別の温泉街から少し離れ、こじんまりとした旅館でとても静かです。源泉かけ流しの白濁した硫黄泉で、身体が芯から温まります。温泉だけでなく、お食事もこだわりたい方にはとてもおススメ!

夕食・朝食ともに期待を裏切らない美味しさ

北海道というと豪快で素材の味そのものをイメージしますが、ここは老舗の割烹料理屋?と思うほどお食事が美味しいのです。朝食といえども手抜きがありません。素材の良さも相まって、ぜひ四季折々の味を堪能したい。

歩いて散策「登別地獄谷」

北海道 花鐘亭はなや 登別地獄谷の写真
出典:登別観光協会 公式サイト

旅館から約1㎞のところに登別地獄谷があります。入口には地獄谷だからか鬼の像が立っています。遊歩道になっているので、そのまま大湯沼まで足を伸ばすと、様々なもくもくと湧き出る地獄谷が見れ、大湯沼川の天然足湯で癒されます。

温泉宿名 : 花鐘亭はなや
住所 : 北海道登別市登別温泉町134
アクセス : 登別東ICから登別温泉方面へ6km
営業時間 : 11:00-16:00(退館)
公式URL : http://www.kashoutei-hanaya.co.jp/
電話番号 : 0143-84-2521
定休日 : なし(年に何度か日帰り受け入れ不可の日有)
詳細を読む

入浴料 : 大人700円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

第3位 上の湯温泉【銀婚湯】

北海道の秘湯といえば?の質問で、必ずランキング上位に入るのが、銀婚湯。林の中にあり、自然がとても美しいです。温泉の湧出に成功した日が、大正天皇の銀婚式だったので、この名前になったとか。趣向を凝らした温泉には5本の源泉を用いています。

緑の中に佇む貸切露天風呂

昼間で宿泊者のみですが、広大な大自然の中でのんびりできる貸切露天風呂です。横倒しの大木や大きな岩が湯船になっていて、遊び心満載!側には川が流れ、木の実が落ちてくることも。都会の喧騒から離れて、自然と一体化になれます。

神秘的な美しい青さ!神の子池

摩周湖(カムイトー=神の湖)の地下水が湧き出ている山奥にある池で、その伏流水からできているという言い伝えから「神の子池」と呼ばれています。水深5メートルなのに、水が澄んでいるため底までくっきりと見えます。

温泉宿名 : 銀婚湯
住所 : 北海道二海郡八雲町上ノ湯199
アクセス : 道央道落部ICから車で約15分
営業時間 : 12:00-16:00
公式URL : http://www.ginkonyu.com/
電話番号 : 0137-67-3111
定休日 : 不定休(基本的に月曜日が休み。月曜日が祝日の場合は翌日)
詳細を読む

入浴料 : 大人700円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり ※要確認

第2位 やすらぎの里【豊平峡温泉】

札幌近郊で、定山渓(じょうざんけい)の奥にあり、ロケーション最高です。100%源泉かけ流し、美肌効果のある重曹泉で、湯上りはしっとりすべすべになります。最大入浴人数200人という野趣あふれる露天風呂が人気です。

名物は、ネパール人が作る本格インドカレー

なぜ、こんな山奥で本格カレー?と思いますが、これを食べたいがために豊平峡温泉に来る人もいるのだとか。温泉だけでなくカレーも名物なんです。もっちりふわふわこだわりのナンで食べる絶品カレー。その他、十割そばやジンギスカンもあります。

お花の絨毯!富良野、ファーム富田へ

ファーム富田は虹のような色とりどりのお花畑に感動、ラベンダーのいい香りに癒されます。入園は無料。ラベンダーのソフトクリームは必須。シーズンには混み合うので早朝がおススメ。宿からは、車で3時間半。

温泉宿名 : 豊平峡温泉
住所 : 北海道札幌市南区定山渓608番地2
アクセス : 札幌市街から車で約35㎞(無料送迎バスあり)
営業時間 : 平日10:00-24:00 日曜祭日9:00-24:00
公式URL : http://www.hoheikyo.co.jp/
電話番号 : 011-598-2410
定休日 : 無休
詳細を読む

入浴料 : 大人1000円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

第1位 日によって五色に変わる【ニセコ五色温泉旅館】

編集部撮影
編集部撮影

登山やスキー客にも人気がある、北海道でも古い歴史のある温泉です。泉質は酸性の硫黄泉で、食塩やマグネシウム、カルシウムなど濃厚な成分を含んで、白濁したお湯は源泉かけ流しです。味のある木造りの湯船や窓からの眺めも素敵。

ニセコアンヌプリでアウトドアスポーツを楽しんだら

ニセコとはアイヌ語で「切り立った崖」ヌプリとは「山」の意味。通年のリゾート地で汗を流した後は、露天風呂から眼前に望む景観とともに、格別の開放感を味わってください。冬の白銀の世界もまた幻想的で楽しめます。

ルタオ、新千歳空港限定のお土産

温泉を楽しんだらお土産は、北海道でも新千歳空港でしか買えないルタオのチーズクッキー。ルタオ本店に行ってもありません。チーズも北海道産、ヨーロッパ産のチーズを使い分けるなど、かなり拘りがあって壊れやすいので通販もないのだとか。

温泉宿名 : ニセコ五色温泉旅館
住所 : 北海道虻田郡ニセコ町字ニセコ510番地
アクセス : ニセコ・蘭越市街地から車で約20km
営業時間 : 8:00-20:00(最終受付20:00) ※要確認
公式URL : http://goshiki-onsen.com/
電話番号 : 0136-58-2707
定休日 : なし ※冬期間は電話にて要確認
詳細を読む

入浴料 : 大人700円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

おわりに

いかがでしたか?広大な北海道には、お伝えしたいものがたくさんあって厳選中の厳選。何度でも訪れたくなるはず!今回は、日帰りもできる北海道の温泉ランキングベスト5に最寄りの観光スポット、美味しいグルメのご紹介でした。

札幌の温泉について詳しくはこちら

【リンク】札幌の温泉おすすめ紹介ページ


本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!