「働く人のランチ」にスポットを当てたNHK総合で放送中の“サラメシ”。全国の働く人々の昼ごはんに隠された仕事へのこだわりや感動のエピソードを、ユーモア溢れる中井貴一さんのナレーションで楽しめる情報番組です。

今回の番組内容

働く人々のランチに隠されたエピソードや中井貴一さんのナレーションを楽しみにしている方、多いのではないでしょうか?次回放送分ではどんな“サラメシ”が取り上げられるのでしょうか?

▽この春、奈良の春日大社に入った2人の新人神職に密着。新嘗祭の裏方として奮闘する2人のサラメシに注目します。
▽黒部峡谷の黒薙温泉に物資を運ぶ“逓送(ていそう)さん”。車が入れない秘湯黒薙温泉は、最寄り駅から徒歩で20分。勾配のある山道を上り下りする75歳の逓送さんの仕事ぶりと、温泉宿のまかない飯を拝見します。
▽今回の“著名人のサラメシ”は愛川欽也さん。舞台の初日に必ず取り寄せ、劇団の仲間たちにふるまったという赤飯弁当が紹介されます。

黒部峡谷・黒薙温泉ってどんなところ?

黒薙温泉は富山県黒部市、北アルプスのほぼ中央に位置する黒部峡谷にあります。一帯に手つかずの原始林が残り、その自然は国の特別天然記念物(天然保護区域)及び特別名勝に指定されています。

渓谷を渡るトロッコ電車と黒薙温泉への案内板
出典: 黒薙温泉旅館【公式サイト】

黒部峡谷の中で最も古い黒薙温泉は、黒部峡谷鉄道トロッコ電車でしか辿り着けない秘境です。麓の「宇奈月駅」から「黒薙駅」までトロッコ電車に乗り約25分。黒薙駅を下車し黒薙温泉までは山道を約20分歩き、やっとたどり着きます。11月下旬から4月下旬はトロッコ電車が休業するため冬季は休業されるのです。

トロッコ電車でしか行けない秘湯、黒薙温泉旅館
出典: 黒薙温泉旅館【公式サイト】
 温泉宿名 : 黒薙温泉旅館
住所 : 富山県黒部市宇奈月町黒薙
電話番号 : 0765-62-1802
公式URL : http://www.kuronagi.jp/

逓送さんとは?

雪で覆われた黒部渓谷

出展:写真AC

一般的な“逓送さん”はトロッコ電車が休業になる冬の間、雪深い黒部渓谷で働く人たちに、生鮮食品や新聞などを歩いて届ける人々のこと。ある程度日持ちのする食品はトロッコ電車休業前に運ばれますが、野菜や卵、魚などの食料や大切な情報源である新聞や雑誌も必要です。これらを詰めた15キロほどになるリュックを担ぎ、雪深い山奥まで徒歩で届けています。
番組で取り上げた“逓送さん”はトロッコ電車休業前に活動されていますが、急こう配のある山道を往復しなければならない大変なお仕事なのです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!