都内本格日帰り温泉・さやの湯処へ行ってきた!

趣のある庭園と古民家が魅力の「前野原温泉 さやの湯処」。東京を離れなくても本物の温泉を楽しめる、数少ない温泉施設です。そんなさやの湯処の魅力を写真でたっぷりお届けします!

164181

2階の岩盤処へ行ってみよう!

さやの湯処では、2008年に岩盤浴を増設。春夏秋冬それぞれをイメージした4つのタイプの部屋で岩盤浴を楽しめます。

岩盤処
岩盤処

ちなみに、岩盤浴のみの利用は出来ないので温泉にプラス料金で利用することになります。また、利用料金の中には岩盤浴着や岩盤用の大判タオルも込みです!
サウナが息苦しくて苦手、という人にも心地よく汗がかける岩盤浴です。

では、春夏秋冬それぞれの部屋を覗いてみましょう。
まずは「」です。

「春」室内
「春」室内

春のようなぽかぽか陽気が気持ちいい。窓の外にはさやの湯処自慢の庭園を覗くことができます。何も考えず、ただリラックスできる場所です。

水分補給はまめに行いましょう
水分補給はまめに行いましょう

では「」の部屋へ移りましょう。

「夏」室内
「夏」室内

三種類の高温岩盤浴。夏のイメージにぴったりな、じんわりとした暖かさで身体の芯からぽかぽかに。

「夏」照明
「夏」照明

ムーディーな照明をぼんやり眺めながら岩盤浴に身を委ねると、なんだか血の巡りがよくなってきた気がします。冷えやすく、痩せにくい人は「夏」で代謝アップを目指しましょう。

では「」の部屋へ移ります。

「秋」室内
「秋」室内

「秋」は、肌に優しい中温の岩盤浴。室内にはぶら下がっているのは薬草です。岩盤浴+薬草の効果で、気持ちよく汗がかけます。

「秋」は薬宝玉石が使われているんですね
「秋」は薬宝玉石が使われているんですね

では最後に「」の部屋を覗いてみましょう。

「冬」室内
「冬」室内

ほかの部屋とは違い、「冬」は着座のみのスペースになっています。大人5人くらいが入れるスペースでしょうか。8〜10°Cの室温で、ほかの岩盤浴で火照った身体をひんやりクールダウンさせてくれます。ほかの部屋と交互で利用すれば、毛細血管が伸縮して新陳代謝を促すことができます。

1
2
3
4
5
6

本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

都内本格日帰り温泉・さやの湯処へ行ってきた!