【完全版】沖縄のおすすめ温泉28選!

白い砂浜に拡がる青い海。そんな沖縄に「温泉」があるって知ってました? 今回は、沖縄県にある温泉を総力特集!日帰り料金、アクセス、営業時間、観光情報などをまとめました。

108306

常夏の島、沖縄。白い砂浜に拡がる青い海。そんな沖縄ですが、実は「温泉」があるって知ってました?

今回は、沖縄県にあるおすすめの温泉やSPAをご紹介です。

さらにページの後半では沖縄の温泉やお風呂の歴史やその特徴を解説しちゃいます。

沖縄の温泉・SPAマップ

“沖縄の温泉マップ”
沖縄には本島各地・宮古島・石垣島・小浜島に温泉・SPAがあります。その中には天然温泉もたくさん!
天然温泉でなくても、沖縄の名産を使ったオリジナルSPAや、充実のエステで日頃の疲れを癒せること間違いなしです!

目次

本島南部

① 琉球温泉 龍神の湯(豊見城市)
② さしきの猿人の湯(南城市)
③ SAUNA&SPA うちな〜ゆ(南風原町)
④ 天然浴アロマ那覇店(旧・健康空間 うるわし湯)(那覇市)
⑤ ゆんたく、あしび温泉 りっかりっか湯(那覇市)
⑥ 三重城温泉 海人の湯・島人の湯(那覇市)
⑦ ホテルルートイン那覇泊港 旅人の湯(那覇市)
⑧ 沖縄ナハナ ホテル&スパ(那覇市)

最大の都市である那覇市のある沖縄南部は、日帰り温泉やスーパー銭湯が多いです。

① 琉球温泉 龍神の湯(豊見城市)

琉球温泉 瀬長島ホテル「龍神の湯」露天風呂
露天風呂(出典:琉球温泉 瀬長島ホテル公式ウェブサイトより)

沖縄の温泉と言えばここと言われるのが瀬長島ホテルにある【琉球温泉 龍神の湯】。7種類の温泉・サウナが楽しめる【龍神の湯】は泉質はナトリウム-塩化物強塩泉。地下1000mから湧き出る天然温泉は身体がポカポカになる温泉は「美人の湯」「子宝の湯」と呼ばれています。

琉球温泉 瀬長島ホテル「龍神の湯」立湯露天風呂
大人気の立湯露天風呂(出典:琉球温泉 瀬長島ホテル公式ウェブサイトより)

龍神の湯一番の人気は「立湯露天風呂」。沖縄の絶景が一望できます。

琉球温泉 瀬長島ホテル「龍神の湯」サウナのロウリュ
ロウリュ(出典:琉球温泉 瀬長島ホテル公式ウェブサイトより)

フィンランドの伝統的なサウナ入浴法「ロウリュ」が受けられるのも沖縄でここだけ。

琉球温泉 瀬長島ホテル露天風呂付き客室
露天風呂付き客室(出典:琉球温泉 瀬長島ホテル公式ウェブサイトより)

宿泊の方には源泉露天風呂付き客室もあります。

施設名 : 琉球温泉 瀬長島ホテル 龍神の湯
住所 : 沖縄県豊見城市瀬長174-5
アクセス : 沖縄モノレール赤嶺駅もしくはパレット久茂地前から無料シャトルバスで約20分
営業時間 : 日帰り6:00-24:00
公式URL : http://www.senagaspa.jp/index.html
電話番号 : 098-851-7167
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人(中学生以上)/平日1,330円 土日祝1,540円
小人(小学生)/720円 幼児/無料 ※入湯税・消費税込
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア:あり(有料)

 

② さしきの猿人の湯(南城市)

ユインチホテル南城内にある温泉施設、猿人の湯
猿人の湯(出典:ユインチホテル南城公式ウェブサイトより)

南城市のユインチホテル南城にある【さしき猿人の湯】は、地底2,119m〜1,500mから湧き出た天然温泉。約500万年前の地層と約5400万年前の二つの地層の温泉がブレンドされたもの。猿人の一種「アルディピテクス・ラミダス」が生きていた頃の化石海水が含まれていることにちなんで「猿人の湯」と名付けられています。

ユインチホテル南城内にある温泉施設、猿人の湯(夜)
沖縄の夜景(出典:ユインチホテル南城公式ウェブサイトより)

お湯の色は黄金色、大浴場からは日中は沖縄の海が、夜は南城市の夜景が一望できます。

ナトリウムー塩化物強塩泉の泉質は、神経痛、筋肉痛、慢性消化器病、慢性婦人病、切り傷、病後回復、疲労回復、健康増進などに効能があります。お風呂上がりにはリクライニングシート完備のリラックスルームも。

ユインチホテル南城内にある温泉施設「猿人の湯」個室付き貸切風呂
ソファー付き個室併設の貸切風呂(出典:ユインチホテル南城公式ウェブサイトより)

ソファー付き個室併設の貸切風呂はバリアフリーも考慮されていて、お子さんや高齢の方のいるグループにも安心です。

施設名 : ユインチホテル南城 さしきの猿人の湯
住所 : 沖縄県南城市佐敷字新里1688
アクセス : 那覇バスターミナルから沖縄バス系統39番百名行きで約60分、「休暇センター」バス停下車徒歩6分
営業時間 : 日帰り平日7:00-23:00、土日6:30-23:00
公式URL : http://www.yuinchi.jp/
電話番号 : 098-947-0111
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人(中学生以上)1,650円 小人(小学生)/750円 幼児/無料 ※入湯税込
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア:あり(無料)

 

③ SAUNA&SPA うちな〜ゆ(南風原町)

SAUNA&SPA うちな〜ゆ浴場
大浴場(出典:SAUNA & SPA うちな~ゆ公式ウェブサイトより)

うちな〜ゆは、南風原町にある沖縄の数少ない健康ランド。

SAUNA&SPA うちな〜ゆ岩盤風呂
蒸し岩熱石釜風呂(出典:SAUNA & SPA うちな~ゆ公式ウェブサイトより)

県内初の蒸し岩熱石釜風呂は、いわゆる岩盤浴と違って、あぐらをかいて瞑想して「五感を刺激させる」不思議な空間。オーストラリアで医療用の鉱石とて認められている「バドガシュタイン鉱石」に、天然素材(備長炭・黄土・サンゴ)を使用していて、リウマチや神経痛など身体の痛みに効果があります。

SAUNA&SPA うちな〜ゆ露天風呂
露天風呂(出典:SAUNA & SPA うちな~ゆ公式ウェブサイトより)

大浴場は天然ミネラル、カルシウムを含んだサンゴを入れた沖縄ならではの「サンゴの湯」や、日替わりでラベンダーやワイン、コラーゲンなどを入れた「イベント風呂」があります。

SAUNA&SPA うちな〜ゆエステサロン「ローズマリー」
リラクゼーションエステサロン「ローズマリー」(出典:SAUNA & SPA うちな~ゆ公式ウェブサイトより)

また女性に嬉しいのはリラクゼーションエステサロン「ローズマリー」。フェイシャルエステやリンパマッサージなどがリーズナブルに受けられます。

施設名 : SAUNA&SPA うちな〜ゆ
住所 : 沖縄県島尻郡南風原町宮平3-3
アクセス : 那覇・浦添から沖縄バス・東陽バス「兼城十字路」バス停下車徒歩5分
営業時間 : 10:00-23:00
公式URL : http://www.uchina-yu.jp/
電話番号 : 098-888-2228
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人(中学生以上)1,180円、小人(小学生)/600円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)

 

④ 天然浴アロマ那覇店(旧・健康空間 うるわし湯)(那覇市)

天然浴アロマ那覇店大浴場
大浴場(出典:天然温泉アロマ那覇店公式ウェブサイトより)

宜野湾市でエナジック天然温泉を運営するエナジックインターナショナルが運営するホテル付きの入浴施設です。

天然浴アロマ那覇店岩盤浴
岩盤浴(出典:天然温泉アロマ那覇店公式ウェブサイトより)

泉質はナトリウム – 塩化物泉、大浴場のほか岩盤浴やマッサージなども完備。

天然浴アロマ那覇店ゲストルーム
ゲストルーム(出典:天然温泉アロマ那覇店公式ウェブサイトより)

遅くなっても宿泊可能なホテルを併設しているので、飲んだあとやビジネスマンにも嬉しいですね。

施設名 : 天然浴アロマ那覇店
住所 : 沖縄県那覇市西1-19-5
アクセス : 沖縄モノレール旭橋駅より徒歩5分
営業時間 : 7:00-10:00
公式URL : http://www.aroma1126.com/access2.php
電話番号 : 098-860-8001
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人1,500円、小人750円(岩盤浴代込み)
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア:あり(無料)

 

⑤ ゆんたく、あしび温泉 りっかりっか湯(那覇市)

那覇セントラルホテルにのりっかりっか湯
噴水風呂など(出典:那覇セントラルホテル公式ウェブサイトより)

那覇市のメインストリート「国際通り」の中心にある那覇セントラルホテルに併設されている温泉が【ゆんたく、あしび温泉 りっかりっか湯】です。

沖縄方言で「ゆんたく」は「おしゃべり」、「あしび」は「遊ぶこと」を意味しています。みんなで集まって、おしゃべりをして遊ぶ、そんな【りっかりっか湯】には2種類の温泉浴場(ナトリウム – 塩化物泉)。

那覇セントラルホテルの温泉施設りっかりっか湯
岩風呂風浴場(出典:那覇セントラルホテル公式ウェブサイトより)

マッサージ風呂、電流風呂、噴水風呂(ファンテンバス)、ドライサウナ、塩サウナなど、数種類の温泉が楽しめる「紫雲泉」と「桃源泉」は日替わりで男女が交代するので、何度も楽しめます。

りっかりっか湯の岩盤浴「楽美岩洞」
岩盤浴「楽美岩洞」(出典:那覇セントラルホテル公式ウェブサイトより)

石にブラックシリカ、壁に沖縄原産の「龍空の塗壁」を使用した岩盤浴「楽美岩洞」はマイナスイオン溢れる癒し空間になっています。

施設名 : ゆんたく、あしび温泉 りっかりっか湯
住所 : 沖縄県那覇市牧志2-16-36
アクセス : 沖縄モノレール美栄橋駅より徒歩5分(無料送迎あり)
営業時間 : 6:00-24:00(岩盤浴は22:30まで)
公式URL : hhttp://www.nahacen.com/rikka/
電話番号 : 098-867-1126
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人(中学生以上)/平日1,000円〜 土日祝1,250円〜、小人(小学生)/平日500円〜 土日祝650円〜
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(有料)
レンタルウェア:あり(有料)

 

⑥ 三重城温泉 海人の湯・島人の湯(那覇市)

三重城温泉 海人の湯

ロワジール スパタワー那覇 三重城温泉 海人の湯
「海人の湯」露天風呂(出典:ロワジール スパタワー那覇公式ウェブサイトより)

全国ホテルチェーンのロワジールホテル。那覇にある二つの直営ホテルのうちエレガントでラグジュアリーな空間を提供している「ロワジール スパタワー那覇」にあるのが【三重城温泉 海人の湯】。

ロワジール スパタワー那覇 三重城温泉 海人の湯
「海人の湯」露天風呂のテラス(出典:ロワジール スパタワー那覇公式ウェブサイトより)

500mの地下から掘り出した含ヨウ素ーナトリウムー塩化物泉はなんと「源泉掛け流し」。でもこの雰囲気、「温泉」というより、まるで東南アジアのリゾート地のようです。

ロワジール スパタワー那覇 三重城温泉「CHURASPA」
スパトリートメント「CHURASPA」(出典:ロワジール スパタワー那覇公式ウェブサイトより)

女性には日常を忘れて至福のひとときが過ごせる、アーユルヴェーダと沖縄の文化を融合したスパトリートメント「CHURASPA」がオススメです。

施設名 : ロワジール スパタワー那覇 三重城温泉 海人の湯
住所 : 沖縄県那覇市西3-2-1
アクセス : 沖縄モノレール旭橋駅より徒歩約15分、または那覇空港から車で約7分
営業時間 : 6:00-24:00
公式URL : http://www.loisir-spatower.com/
電話番号 : 098-868-2222
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人3,500円 小人1,750円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)

 三重城温泉 島人の湯(那覇市)

(出典:ロワジールホテル 那覇公式ウェブサイトより)
「島人の湯」大浴場(出典:ロワジールホテル 那覇公式ウェブサイトより)

「ロワジール スパタワー那覇」の隣にあり、家族や友達同士で気軽に楽しめるのがロワジールホテル那覇の温泉【三重城温泉 島人の湯】です。

(出典:ロワジールホテル 那覇公式ウェブサイトより)
「島人の湯」大浴場(出典:ロワジールホテル 那覇公式ウェブサイトより)

広々とした内湯のほか、露天風呂や打たせ湯、ジェットバスなどが化石海水の天然温泉で楽しめます。

(出典:ロワジールホテル 那覇公式ウェブサイトより)
(出典:ロワジールホテル 那覇公式ウェブサイトより)

ロワジールホテル那覇の温泉は大浴場だけではありません。なんと、一年中楽しめる室内プールも天然温泉!「ぬるめ(33℃)の温泉プールでめいいっぱい遊んだら、そのまま温泉大浴場に直行」なんてこともできちゃうんです。

施設名 : ロワジールホテル那覇 三重城温泉 島人の湯
住所 : 沖縄県那覇市西3-2-1
アクセス : 沖縄モノレール旭橋駅より徒歩約15分、または那覇空港から車で約7分
営業時間 : 6:00-24:00
公式URL : http://www.loisir-naha.com/
電話番号 : 098-868-2222
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人2,500円 小人1,250円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)

 

⑦ ホテルルートイン那覇泊港 旅人の湯(那覇市)

(出典:ルートイン那覇泊港公式ウェブサイトより)
(出典:ルートイン那覇泊港公式ウェブサイトより)

ルートインホテルズが運営する【ホテルルートイン那覇泊港】には、ビジネスや遊びの後には嬉しい大浴場を完備。

天然温泉ではありませんが、人工の鉱石「ラジホープ」が含まれたラジウム人工温泉は、リウマチや腰痛、疲労回復に効果があります。

施設名 : ホテルルートイン那覇泊港 旅人の湯
住所 : 沖縄県那覇市西3-2-1
アクセス : 沖縄モノレール美栄橋駅より徒歩5分
公式URL : http://www.route-inn.co.jp/search/hotel/index_hotel_id_238
電話番号 : 098-866-0700
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴 :なし
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり

⑧沖縄ナハナ ホテル&スパ(那覇市)

コトラン・スパ
出典: TripAdvisorより

那覇市の中心部に位置する沖縄ナハナ ホテル&スパ。ホテル内には都会にありながら贅をつくした空間コトラン・スパがあります。スパエリアが充実していてゲルマニウムバスのほか、ドライサウナ、ミストサウナも利用できます。

施設名 : KOTORAN SPAコトラン・スパ
住所 : 沖縄県那覇市久米2-1-5
アクセス : 沖縄モノレール 旭橋駅より徒歩5分
営業時間 : 15:00 – 24:00 (最終受付 23:00)
公式URL : http://www.nahana-hotel.jp/
電話番号 : 098-866-0846
詳細を読む

入場料 : 2,500円(消費税込み)
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア : あり(無料)

 

本島中部

① エナジック天然温泉アロマ(宜野湾市)
② 銭湯 中乃湯(沖縄市)
③ ちゃたん恵み温泉 美浜の湯(北谷町)
④ 太古海水天然温泉 浦添の湯(浦添市)
⑤ コスタビスタ沖縄(北中城村)
⑥ ヒルトン沖縄 北谷リゾート(北谷町)

中部には沖縄最後の銭湯が。天然温泉を使っているというだけでなく、本土とは違う銭湯文化は一度味わってみたいもの。

① エナジック天然温泉アロマ(宜野湾市)

(出典:エナジック天然温泉アロマ公式ウェブサイトより)
(出典:エナジック天然温泉アロマ公式ウェブサイトより)

宜野湾大山の地下1,300mから湧き出た天然塩化物泉(Ph値8.20)の良質な泉質で日々の疲れを癒せるのが、沖縄でも有数の本格温泉施設【エナジック天然温泉アロマ】です。

(出典:エナジック天然温泉アロマ公式ウェブサイトより)
(出典:エナジック天然温泉アロマ公式ウェブサイトより)

ここのシンボルとなっているのが、日本庭園風の露天風呂。広い湯船につかって広大な庭園を前にすれば、身も心もほぐれること間違いなし。

内湯は風情ある檜風呂や泡風呂、寝湯などが揃っています。

(出典:エナジック天然温泉アロマ公式ウェブサイトより)
(出典:エナジック天然温泉アロマ公式ウェブサイトより)

併設の「SPA AROMA」では、大人気のクリームソルトマッサージ(あかすり)や、アロママッサージ、フェイシャルエステなどが受けられます。

施設名 : エナジック天然温泉アロマ
住所 : 沖縄県宜野湾市大山7-7-1
アクセス : 琉球バス交通・沖縄バス「老人ホーム愛誠園前」バス停より徒歩5分
営業時間 : 6:00-24:00
公式URL : http://www.aroma1126.com/
電話番号 : 098-898-1126
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人1,500円(学生1,000円) 小・中学生750円 小学生未満無料
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア:あり(無料)

 

② 銭湯 中乃湯(沖縄市)

沖縄最後の銭湯である【中乃湯】さんは、昔ながらの銭湯ながられっきとした「温泉」。沖縄大学の先生の調査で「鉱泉」だというお墨付きを得ています。

(画像準備中)

ちなみに浴槽には色がついていますが、これは入浴剤の色だそうです。

施設名 : 中乃湯
住所 : 沖縄県沖縄市安慶田1-5-2
アクセス : 琉球バス交通「安慶田」バス停より徒歩5分
営業時間 : 15:00-21:30
公式URL : なし
電話番号 : 098-937-8953
定休日 : 日曜日・木曜日
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人370円 中人170円 小人100円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : なし
ドライヤーの有無 : なし
レンタルタオル : なし

 

③ ちゃたん恵み温泉 美浜の湯(北谷町)

ドーミインホテルズ系のプール・温泉施設「erme VILLA ちゅらーゆ」のある【ちゃたん恵み温泉 美浜の湯】。

こちら一番のオススメは、沖縄初の温泉プール。天然温泉を使ったヒーリングプールに入れば、南国気分を満喫しながらリラックスできます。水着のレンタル(有料)も可能なので、手ぶらで行けるのが嬉しいですね!

(画像準備中)

男女に別れた大浴場は、源泉掛け流しの露天風呂や、替わり湯などがあります。ナトリウム-炭酸水素塩温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)の天然温泉は、神経痛や冷え性などに効能あり。

隣接するホテル「ザ・ビーチタワー沖縄」に宿泊すれば、無料で何度でも入浴できます。

施設名 : erme VILLA ちゅらーゆ ちゃたん恵み温泉 美浜の湯
住所 : 沖縄県中頭郡北谷町字美浜2番地
アクセス : 沖縄バス「軍病院前」下車徒歩7分、もしくは那覇空港からリムジンバスで「ザ・ビーチタワー沖縄」下車。
営業時間 : 7:00-23:00
公式URL : http://www.hotespa.net/spa/chula-u/
電話番号 : 098-926-2611
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人1,200円 小人(4〜11才)800円 3才以下300円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(有料)
レンタルウェア:あり(有料)
レンタル水着:あり(有料)

 

④ 太古海水天然温泉 浦添の湯(浦添市)

(出典:ジスタス浦添公式ウェブサイトより)
(出典:ジスタス浦添公式ウェブサイトより)

浦添市のスポーツクラブ「ジスタス浦添」の3階にあるのが【太古海水天然温泉 浦添の湯】。

(出典:ジスタス浦添公式ウェブサイトより)
(出典:ジスタス浦添公式ウェブサイトより)

スポーツクラブの浴場といっても、これも立派な天然温泉。内湯や露天風呂の、色が黄色く濁った化石海水泉のしょっぱい味が、太古の沖縄の海がくれた恵みであることを教えてくれます。

料金はタオルやレンタルウェア込みで690円〜とリーズナブルなのが嬉しいですね。

施設名 : ジスタス浦添 太古海水天然温泉 浦添の湯
住所 : 沖縄県浦添市沢岻2-23-1
アクセス : 琉球バス交通「末吉団地前」バス停より徒歩すぐ
営業時間 : 7:00-23:00
公式URL : http://www.xystus.co.jp/u-yu/
電話番号 :098-878-1122
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 中学生以上1,020円(〜1h 690円) 小学生以下350円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア:あり(無料)

⑤コスタビスタ沖縄(北中城村)

大浴場
出典: コスタビスタ沖縄公式ウェブサイトより

コスタビスタ沖縄のEMスパCORAZON沖縄には、大浴場のほかジェットバスやシルキーバスがあり、ミストサウナとドライサウナの2種類のサウナも利用できます。体が元気になる施術メニューも豊富です。

施設名 : EMスパCORAZON沖縄
住所 : 沖縄県中頭郡北中城村喜舎場1478
アクセス : 那覇空港より車で50分
営業時間 : 6:30-23:30(最終受付22:30)
公式URL : http://www.costavista.jp/
電話番号 : 098-935-1500
詳細を読む

利用料 : 大人(中学生以上)/ 1,500円 小人(小学生)/1,000円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア : あり(無料)

 

⑥ヒルトン沖縄 北谷リゾート(北谷町)

ラグーンプール
出典:ヒルトン沖縄 北谷リゾート公式ウェブサイトより

宿泊者が利用できる大きなプールを3か所備えたヒルトン沖縄 北谷リゾート。ラグーンプールには1mの浅いプールもあり、小さなお子様連れでも楽しめます。

施設名 : ヒルトン沖縄 北谷リゾート
住所 : 沖縄県中頭郡北谷町美浜40-1
アクセス : 那覇空港より車で約45分

公式URL : http://hiltonchatan.jp/
電話番号 : 098-901-1111
駐車場の有無 : あり

 

本島北部

① ウェルネスリゾートオキナワ マハイナ塩泉(本部町)
② モトブリゾート&スパ ジュラ紀塩泉 美ら海の湯(本部町)
③ ルネッサンスリゾートオキナワ 山田温泉(恩納村)
④ ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート タイガービーチ温泉(恩納村)
⑤ Okinawa SPA RESORT EXES(沖縄スパリゾート エグゼス)(恩納村)
⑥ 沖縄かりゆしビーチリゾート オーシャンスパ(恩納村)
⑦ リザンシーパークホテル谷茶ベイ(恩納村)
⑧ オキナワ マリオットリゾート&スパ(名護市)
⑨ リッツカールトンオキナワ(名護市)

大自然の残る北部には、温泉やSPA付きのリゾートホテルがたくさん。日帰り入浴ができるところもあるのでオススメですよ。

① ウェルネスリゾートオキナワ マハイナ塩泉(本部町)

(出典:ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ公式ウェブサイトより)
(出典:ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ公式ウェブサイトより)

かの「沖縄美ら海水族館」がある海洋博公園の目の前に位置する【ウェルネスリゾート マハイナ塩泉】に行けば、水族館やマリンスポーツで遊んだあとに大浴場で1日の汗を流すことができます。

マハイナ塩泉は、「琉球石灰岩」の上に降った雨と、サンゴ礁の海水が混ざった温泉でミネラルが豊富。リラックス効果だけでなく、神経痛やリウマチにも良いとか。

施設名 : ウェルネスリゾートオキナワ マハイナ塩泉
住所 : 沖縄県国頭郡本部町山川1456
アクセス : 名護から沖縄バス「海洋博公園」下車徒歩5分もしくは那覇空港からやんばる急行バスで「ホテルマハイナ」下車。
営業時間 : 16:0-23:00
公式URL : http://www.mahaina.co.jp/
電話番号 :0120-081-715
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人(中学生以上)1,000円 小学生500円 小学生未満無料
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)

 

② モトブリゾート&スパ ジュラ紀塩泉 美ら海の湯(本部町)

(出典:ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ公式ウェブサイトより)
(出典:ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ公式ウェブサイトより)

海洋博公園のエメラルドビーチに面したホテル オリオン モトブ リゾート&スパ内にある、ジュラ紀塩泉 美ら海の湯は、名前の通り約2年以上前のジュラ紀の地層から湧き出る天然温泉掛け流し。

(出典:ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ公式ウェブサイトより)
(出典:ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ公式ウェブサイトより)

大浴場からは、沖縄の海が一望でき、ナトリウム-塩化物強塩温泉(高張性中性低温泉)の天然温泉は、神経痛や疲労回復などへの効果が期待できます。

(出典:ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ公式ウェブサイトより)
(出典:ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ公式ウェブサイトより)

ホテル オリオン モトブ リゾート&スパには、お得にランチヴュッフェやディナーが楽しめる温泉のセットも用意しています。

施設名 : モトブリゾート&スパ ジュラ紀塩泉 美ら海の湯
住所 : 沖縄県国頭郡本部町備瀬148番地1
アクセス : 名護から沖縄バス「備瀬入口」下車徒歩5分、もしくは那覇空港からやんばる急行バスで「ホテル オリオンモトブリゾート&スパ」下車。
営業時間 : 16:0-23:00
公式URL : http://www.okinawaresort-orion.com/
電話番号 :0980-51-7300
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人2,150円 小学生750円 小学生未満無料
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)

 

③ ルネッサンスリゾートオキナワ 山田温泉(恩納村)

リゾートホテル ルネッサンスホテルオキナワ内にある温泉施設、山田温泉
出典: ルネッサンスホテルオキナワ公式HP

世界のセレブたちも利用する日本屈指のリゾート地、恩納村のルネッサンス リゾート オキナワにあるのが【山田温泉】。

(出典:ルネッサンス リゾート オキナワ公式ウェブサイトより)
(出典:ルネッサンス リゾート オキナワ公式ウェブサイトより)

無色透明のナトリウム・塩化物・炭酸水素塩泉(弱アルカリ性冷鉱泉)含食塩重曹硫黄泉の山田温泉は、ホテルのルネッサンスフロアもしくはスイートルームに宿泊すると理想できます。

施設名 : ルネッサンスリゾートオキナワ 山田温泉
住所 : 沖縄県国頭郡恩納村山田3425-2
アクセス : 那覇空港から空港リムジンバスもしくは琉球バス交通・沖縄バスの名護西空港線「ルネッサンスリゾートオキナワ」下車徒歩5分。
公式URL : http://renaissance-okinawa.com/archives/facility/yamada-onsen/
電話番号 :098-965-0707
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴 : なし
駐車場の有無 : あり

 

④ ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート タイガービーチ温泉(恩納村)

沖縄有数のビーチ「タイガービーチ」に面して建つ、ホテルモントレ沖縄内にある温泉施設
出典: ホテルモントレ沖縄公式HP

全国にホテルを持つ高級リゾートグループ「モントレ」の運営し沖縄有数のビーチ「タイガービーチ」に面して建つ「ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート」にあるのが塩化物泉の【タイガービーチ温泉】。

(出典:ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート公式ウェブサイトより)
(出典:ホテルモントレ沖縄 スパ&リゾート公式ウェブサイトより)

「総合リフレッシュ空間」の《ブルーリーフ》では、1日フリーパスを購入することで、プール・キッズプール・天然温泉・サウナ・スポーツジムなどの施設が使い放題です。

施設名 : ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート タイガービーチ温泉
住所 : 沖縄県国頭郡恩納村字冨着1550-1
アクセス : 那覇空港から空港リムジンバスで「ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート」下車、もしくは沖縄バス「タイガービーチ前」下車徒歩5分
営業時間(日帰り) : 6:00-24:00
公式URL : http://www.okinawaresort-orion.com/
電話番号 :098-993-7111
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人3,000円 小中学生1,500円 小学生未満無料
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)

⑤Okinawa SPA RESORT EXES(沖縄スパリゾート エグゼス)(恩納村)

スパ アクアスペース
出典: Okinawa SPA RESORT EXES公式ウェブサイトより

ラグジュアリーホテルとして人気のあるOkinawa SPA RESORT EXES。併設された【スパ アクアスペース】では非日常の空間を満喫できます。男女別のスパ内にはバイブラバスやサウナを完備。心も体もリラックスできる空間です。

施設名 : Okinawa Spa Resort EXES スパアクアスペース
住所 : 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真ヤーシ原2592-40
アクセス : 那覇空港より沖縄自動車道利用。車で約70分
営業時間 : 11:00-23:00(最終受付22:30)
公式URL : http://www.exes-kariyushi.com/
電話番号 : 098-967-7500
詳細を読む

利用料 : ビジター料金 大人3,500円 小人1,750円
宿泊者料金 1回利用 大人 / 500円 小人/ 300円、1日利用 大人 / 1,500円 小人/ 500円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)

※Okinawa Spa Resort EXES スパアクアスペースの利用料金について誤りがございました。ご利用の皆様には大変ご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。

⑥沖縄かりゆしビーチリゾート オーシャンスパ(恩納村)

海の湯
出典: 沖縄かりゆしビーチリゾート オーシャンスパ公式ウェブサイトより

アミューズメントが豊富で1日中楽しめる【沖縄かりゆしビーチリゾート オーシャンスパ】。施設内では趣の違う2種類の温泉が楽しめます。沖縄特産のマース塩で自由にマッサージ。気になるところを重点的にほぐしましょう。

施設名 :大展望風呂 森の湯/海の湯
住所 : 沖縄県国頭郡恩納村名嘉真ヤーシ原2591-1
アクセス : 那覇空港より沖縄自動車道利用、車で約70分
営業時間 : 4月~9月 9:00~21:00、10月 10:00~21:00
公式URL : http://www.kariyushi-oceanspa.jp/
電話番号 : 098-967-8731
詳細を読む

利用料 : 大人(中学生以上)/ 2,500円 小人(小学生)/ 1,250円
森の湯のみ利用の場合、大人(中学生以上)/ 1,500円 小人(小学生)/ 500円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア : あり(無料)

 

⑦リザンシーパークホテル谷茶ベイ(恩納村)

展望風呂
出典: リザンシーパークホテル谷茶ベイ公式ウェブサイトより

リザンシーパークホテル谷茶ベイには大きな窓から絶景の海を臨むことのできる、【サウナ付スパ 浜の湯】があります。ホテル前のビーチで思いっきり楽しんだあと、疲れた体を癒すにも最適です。

施設名 : サウナ付スパ 浜の湯
住所 : 沖縄県国頭郡恩納村字谷茶1496
アクセス : 沖縄自動車道利用が便利です。那覇IC ~石川IC所用時間:約70 分
営業時間 : 6:00~9:30(最終受付/9:00)
公式URL : http://www.rizzan.co.jp/
電話番号 : 098-964-6611
詳細を読む

利用料 : 大人(中学生以上)/ 1,500円 小人(小学生)/ 1,000円 幼児/無料 ※入湯税・消費税込
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア : あり(無料)

 

⑧オキナワ マリオットリゾート&スパ(名護市)

ジェットバス
出典:オキナワ マリオットリゾート&スパ公式ウェブサイトより

【オキナワ マリオットリゾート&スパ】では開放的な空間で5種類のバスが楽しめます。ビジター料金でプール、スパ、フィットネス施設の利用が可能。宿泊時は1,000円でスパの各施設が利用できます。

施設名 : オキナワ マリオットリゾート&スパ
住所 : 沖縄県名護市喜瀬1490-1
アクセス : 那覇空港より沖縄自動車道利用で約70分(那覇IC~許田IC通過後、部瀬名向け出口より少し南下)
営業時間 : 11:00 – 23:00(最終受付 22:00)
公式URL : http://www.okinawa-marriott.com/
電話番号 : 0980-51-1000
詳細を読む

利用料: 大人(13歳以上)/ 3,000円(ビジター)、1,000円(宿泊の場合)
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア : あり(無料)

 

⑨リッツカールトンオキナワ(名護市)

リッツカールトンオキナワには、英国ESPA 製品を使ったマッサージなどが受けられる【ザ・リッツ・カールトン スパ by ESPA】があります。宿泊棟とは別棟のスパ棟にあり、ジャグジーやドライサウナ、岩盤浴なども楽しめます。至福のひとときで時間のたつのも忘れそう。

施設名 : ザ・リッツ・カールトン スパ by ESPA
住所 : 沖縄県名護市喜瀬1343-1
アクセス : 那覇空港より車で約75分
営業時間 : 9:00-9:00
公式URL : http://www.ritzcarlton.com/jp/hotels/japan/okinawa
電話番号 : 0980-43-5691
詳細を読む

利用料 : 大人(16歳以上)/ 3,000円 ※入湯税・消費税込
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア : あり(無料)

 

宮古島・石垣島・小浜島

① シギラ黄金温泉 奇跡の泉(宮古市)
② 宮古島温泉(宮古市)
③ ホテルグランビュー石垣(石垣市)
④ ホテルミヤハラ 美咲の湯(石垣市)
⑤ 星野リゾート リゾナーレ小浜島(竹富町)

宮古島には2つの天然温泉があり、どちらも温泉気分もバツグンの黄金の湯。さらに日本のもっとも西側、石垣島や小浜島にもSPAのあるホテルがあります。外国気分のリラクゼーションリゾートと気軽に入れる日帰り施設と予算や目的に応じて選べますよ!

① シギラ黄金温泉 奇跡の泉(宮古市)

複合リゾート施設シギラリゾート内にある日本最南端にして最西端にある温泉施設 シギラ黄金温泉
出典: 宮古島シギラリゾート公式HP

宮古島のもっとも南にあるシギラリゾート。ここにあるのが【シギラ黄金温泉 奇跡の湯】。
http://www.nanseirakuen.com/shigira-onsen/
「日本最南端・日本最西端」の温泉である【シギラ黄金温泉 奇跡の湯】は、ナトリウム塩化物温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)。

(出典:シギラ黄金温泉公式ウェブサイトより)
(出典:シギラ黄金温泉公式ウェブサイトより)

宮古の「シギラ地区」には「竜宮の女神伝説」があり、その伝説の場所には泉があったことから、「奇跡の湯」と呼ばれています。そのお湯の色はなんと黄金色!まさに「奇跡の湯」と呼ぶにふさわしい温泉です。

【シギラ黄金温泉 奇跡の湯】には絶景と言われる展望風呂、女性に嬉しい「モンゴル岩塩サウナ」や「アメジストサウナ」などがあります。

(出典:シギラ黄金温泉公式ウェブサイトより)
(出典:シギラ黄金温泉公式ウェブサイトより)

さらに、水着で入れるジャングルプールは超巨大の530平米。ジャングルの温泉に入りながらの冒険は子どもたちも大喜びです。

(出典:シギラ黄金温泉公式ウェブサイトより)
(出典:シギラ黄金温泉公式ウェブサイトより)
(出典:シギラ黄金温泉公式ウェブサイトより)
(出典:シギラ黄金温泉公式ウェブサイトより)

さらにオススメなのが「プライベートルーム」。黄金色の温泉で身体がほてったら、高級感あふれる室内でくつろぐもよし、テラスで風にあたるもよし・・・専用露天風呂付き個室は自分だけの宮古島を独占できます。

施設名 : シギラ黄金温泉 奇跡の湯
住所 : 沖縄県宮古島市 上野新里1405-223
アクセス : 宮古島空港から車で20分、もしくは宮古協栄バス「シギラビーチ入口」下車徒歩約20分
営業時間 : 12:00-22:00
公式URL : http://www.nanseirakuen.com/shigira-onsen/index.html
電話番号 :0980-74-7340
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人1,200円 4〜11歳800円 3歳以下無料
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア:あり(有料)

 

② 宮古島温泉(宮古市)

宮古島の中心に位置するこちらの温泉施設、宮古島温泉
出典: 宮古島温泉公式HP

平良の市街地や宮古空港から新城海岸の方へ少し下ったところにあるのが、日帰り温泉施設【宮古島温泉】です。「シギラ」の温泉と異なり、こちらは一人で、家族で、仲間と気軽にに楽しめるリーズナブルな温泉になっています。

(出典:宮古島温泉公式ウェブサイトより)
(出典:宮古島温泉公式ウェブサイトより)

弱アルカリ性のナトリウム-塩化物泉の宮古島温泉はすべて掛け流し、黄金色の内湯、開放あふれる露天風呂。

2人から利用可能な家族風呂は3タイプ8室もあり、小さなお子さんのいるグループやカップルの方にオススメです。

隣接の宮古島温泉メディカルHOTEL RIGHTや宮古島温泉ゲストハウスに宿泊すれば、宮古島温泉を拠点として宮古の観光が可能です。

施設名 : 宮古島温泉
住所 : 沖縄県宮古島市 上野新里1405-223
アクセス : 宮古島空港からお車まで約20分
営業時間 : 11:00-22:00
公式URL : http://miyakojima-onsen.co.jp/index.html
電話番号 :098-75-5151
定休日 : 第3水曜日
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人900円 4歳以上300円 3歳以下無料
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(有料)

③ホテルグランビュー石垣(石垣市)

ホテル外観
出典:ホテルグランビュー石垣公式ウェブ サイトより

市街地に構えるホテルグランビュー石垣は、繁華街へ徒歩圏内という便利さ。大浴場は温泉ではありませんが、小奇麗で広々しており、旅の疲れを癒やすのに十分なくつろぎ空間です。

施設名 : ホテルグランビュー石垣 大浴場
住所 : 沖縄県石垣市登野城1番地
アクセス : 新石垣空港よりバス空港線で約45分、「バスターミナル」下車徒歩3分
公式URL : http://www.granview.co.jp/ishigaki/index.html
電話番号 : 0980-82-6161
詳細を読む

駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア : あり(無料)

 

④南の美ら花ホテルミヤヒラ 美咲の湯(石垣市)

美崎の湯
出典:南の美ら花ホテルミヤヒラ公式ウェブ サイトより

ターミナルからもバスターミナルからも徒歩1分と、好立地な場所にあるホテルミヤハラ。館内にある【美咲の湯】は、こぢんまりながらも旅先での疲れを癒すには十分のんびりできます。着替えなどの持ち歩きに便利なバッグが、客室に備えられています。

施設名 : 美崎の湯
住所 : 沖縄県石垣市美崎町4-9
アクセス : 石垣港離島ターミナル、バスターミナルより徒歩1分
公式URL : http://www.miyahira.co.jp/index.html
電話番号 : 0980-82-6111
詳細を読む

駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア : あり(無料)

 

⑤星野リゾート リゾナーレ小浜島(竹富町)

ジャグジー
出典:星野リゾート リゾナーレ小浜島公式ウェブ サイトより

女性限定スパ&ジャグジーのある、【星野リゾート リゾナーレ小浜島 琉球スパ】。豊富なスパメニューは季節によりテーマが変わるのでいつ行っても楽しめます。おすすめは沖縄ならではの素材を使ったトリートメントパック。男性の施術も可能です。南の島でのんびりとリラックスタイムを過ごしてみてはいかがでしょうか?

施設名 : 星野リゾート リゾナーレ小浜島 琉球スパ
住所 : 沖縄県八重山郡竹富町小浜東表2954
アクセス : 小浜島小浜港より送迎バスで約10分
営業時間 : 14:00 – 22:00
公式URL : http://risonare-kohamajima.com/index.html
電話番号 : リゾナーレ琉球スパ0980-84-6302(14:00-22:00) フロントデスク:0980-84-6300(スパ営業時間外)
詳細を読む

利用料 : 大人(女性限定 16歳以上)/ 1,100円 ※スパメニュー施術で無料
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり(無料)
レンタルウェア : あり(無料)

 

番外編

塩川温泉(本部町)

番外編としてご紹介するのは、本部町の塩川温泉。

実はここは温泉施設ではありません!

(出典:Wikipediaより)
(出典:Wikipediaより)

沖縄県で一番短い天然記念物の川「塩川」(スガー)。この川、不思議なことにどこからから塩水が湧いてきて世にもめずらいしい「塩の川」(そのままやん)になっているんです。

(出典:Wikipediaより)
(出典:Wikipediaより)

そしてその塩川、「温泉通」のあいだでは自然に湧き出た天然温泉・・・とされているらしく、お魚と一緒に入浴する猛者もいるんだとか。

沖縄の温泉を大解剖!

年間を通して気温が高い常夏で、夏には海のレジャーにたくさんの観光客が訪れます。ここからは、そんな沖縄の温泉文化や歴史をご紹介です!

沖縄にも温泉がある!

沖縄は、南西諸島にある大小117からなる縦に長い島々で、気候的には亜熱帯と熱帯に属しています。県庁所在地の那覇市があり一番大きな島である「沖縄本島」がある沖縄諸島、宮古島がある宮古諸島、石垣島や西表島など独自の生態系で有名な八重山諸島、そして無人島の多い尖閣諸島や大東諸島からなっています。

ホテル オリオン モトブ リゾート&スパの大浴場
(出典:ホテル オリオン モトブ リゾート&スパ公式ウェブサイトより)

寒い北国に比べて、あんまり「温泉」のイメージがない沖縄ですが、じつは「沖縄らしい魅力的な温泉」がいくつもあるんです。

2016年2月現在、沖縄にはあわせて17の温泉浴場があり、その多くは沖縄本島、ついで宮古島にあります。そして、そんな沖縄の温泉は、本土とは違った独自の文化・歴史を持っているんです!

じつはお風呂文化のない沖縄

日本人といえば、何につけてもお風呂というイメージがあります。実際、海外に旅行に行ってシャワーばかり浴びていると、むしょーにお風呂に入りたくなりますよね。

ところが、沖縄には今も入浴する習慣がほとんど無いのです。

まあ、少し沖縄の事をご存知の方には周知の事かもしれませんが、ホントに沖縄ではお風呂で湯船に浸かるという習慣がありません。

沖縄移住生活より)

今でも沖縄の家にはアパートやマンションなど集合住宅も含めて浴槽がなく、シャワーしかないことも多いとか。沖縄に入浴の文化が無い理由は定かでは無いそうですが、「高温多湿なので、水浴びが主流だった」や「水が貴重だった」などの理由が挙げられています。

・高温多湿の沖縄では、もともと暑い湯に入る習慣はなく、水浴びが普通だった。
・暑い沖縄で、暑い風呂に入ったら余計に汗をかく。日ごろから汗をかいているので風呂に入ってまで汗をかきたくない。サウナも必要ない。
・水不足の沖縄では、水は貴重な飲み物であり、その水をためて風呂に入るのは、もったいない。

沖縄移住生活はじめましたより)

お風呂に入浴する文化のなかった沖縄、当然「温泉」に入る文化もありませんでした。

沖縄に風呂を持ち込んだのはお坊さん?

そんな沖縄ですが、お風呂が全くなかったわけでもありません。6世紀ごろ、朝鮮半島から日本へ仏教が伝来してきましたが、13世紀には沖縄にも仏教が伝来し、寺院が建立された記録が残っています(沖縄と仏教伝来)。仏教には、身を清める行為として「沐浴」という儀式があるため、沖縄の寺院にもこの「沐浴」のための浴場があり、僧侶たちの社交場となっていたそうです。
沖縄の仏教文化は、薩摩藩への従属後に衰退しましたが、今でも多くの寺院が残っています。

つまり、入浴文化のなかった沖縄に初めてお風呂を持ち込んだのは、お坊さんだったのです。

琉球でも中世の日本から禅僧たちがさかんに渡航していたので、禅宗とともに入浴の文化が持ちこまれたのです。

目からウロコの琉球・沖縄史より

仏教の伝来とともに沖縄に持ち込まれた入浴文化ですが、一般の人々が集まる場である「浴場」が沖縄にできたのは、15世紀以降、琉球王国の時代になってから。
現在の〔那覇市西〕に当たる地域に、かつて「湯屋の前」という地名がありました。この「湯屋」(ゆーやー)という地名は、琉球王国時代に「上方」(=現在の九州や本州など)から渡来した日本人が、琉球に住む日本人商人や居留民のために作った浴場の名残だそうです。

その後、沖縄でこういった共同浴場は「ゆーふるやー」(銭湯)として、現地の人々の間に広まっていくことになります。

那覇西村の「湯屋」と呼ばれる場所です(今の真教寺付近)。戦前まで「湯屋の前(ゆーやーぬめー)」という地名が残っていました。この湯屋は、何と日本から渡来してきた上方(畿内方面)の人がつくったもの。

目からウロコの琉球・沖縄史より)

大和の国の人が、貿易にやって来て浴室(よくしつ)を造り、誰もが自由に入れるようにしたのが銭湯の始めであり、その地は今でも湯屋と呼ばれて地名になっています。

琉球沖縄を学びながら、いろいろ考えていきたいな~より)

沖縄の入浴文化を知れる唯一の「銭湯」

琉球王国時代に日本人によって持ち込まれた「ゆーふるやー」(銭湯)文化ですが、じつは今沖縄に残っている銭湯はたった一軒。

戦後、ピーク時には沖縄県内には銭湯が300以上あったそうですが、利用者の現象や燃料の高騰によって次々と閉業してしまいました。

街中から銭湯が減っているのは他の日本の多くの地域と同じですが、もともと入浴文化のなかった沖縄では、各家庭にシャワーや風呂場が普及するとともに、急速になくなってしまいました。

その最後の「ゆーふるやー」は沖縄本島の沖縄市にある「中乃湯」さん。そこには本土の銭湯とは異なる文化が残っています。

①脱衣所と浴場が・・・
まず、一番特徴的なのはその構造。沖縄の銭湯には脱衣所と浴場の区切りがありません!

②湯船は一つ。浴場の真ん中にある。
沖縄の伝統的な銭湯には、湯船が一つしかありません。それも、浴場の真ん中にあるので、その姿から浴槽を「池」と呼んでいます。この文化は湯船が一般家庭に普及するようになった今も、根強く残っているんだそうです。

③カランが高いところにある

カランというより、「ザ・蛇口」。沖縄のカランは高い所に設置された蛇口の水・お湯をなんらかの方法で混ぜるものなのです。

「沖縄の銭湯は、浴槽の洗い場の蛇口が妙に高い所にある」という話は伺っていたのですが、
実際に見ると感動です。
「( ̄0 ̄)/ オー 確かに高い!」

sakuブログ(仮称)より

沖縄温泉の特徴

そんな事情もあって、沖縄に残っている温泉は、ほとんどが旅行客やビジネス客向けの施設となっています。とはいえ、それらの温泉も沖縄の地下から掘り出した立派な天然温泉です。

沖縄の温泉でも多いのがナトリウム-塩化物泉の温泉。これは海水が地層に染み込んだ温泉を利用しているから。そのため塩味のする温泉が多いのも沖縄温泉の特徴。

お湯の色は黄色か無色透明。沖縄本島では、

【さしき猿人の湯】さん

さしき猿人の湯の家族風呂
さしき猿人の湯の家族風呂(出典:ユインチホテル南城公式ウェブサイトより)

【浦添の湯】さん

フィットネスクラブジスタス浦添の3階にある温泉施設 浦添の湯
浦添の湯(出典:ジスタス浦添公式ウェブサイトより)

のほか、また宮古島の【ジギラ黄金温泉】さんや【宮古島温泉】さんなどで「黄色い温泉」を楽しむことができます。

おわりに

そんなわけで、沖縄温泉の歴史と沖縄にある全温泉一覧、いかがでしたでしょうか?

高級リゾート温泉からリーズナブルな日帰り施設まで。あなただけの沖縄を体験してみませんか?

あわせて読みたい

沖縄のおすすめ日帰り温泉15選


本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう