【栃木・那須 温泉♨️】 北温泉旅館へ行ってきた!【動画レポート】

マックスむらいと上田部長の温泉談義 第二回!動画で温泉を紹介する企画、本日は栃木県那須町の「北温泉旅館」をご紹介します!

10108

「温泉談義、2回目!今回は栃木県の温泉やね。」


栃木県といえば今製作中の映画の爆破シーンは、栃木県の岩舟で撮りましたよ!


映画は順調?」


映画はおかげさまで面白く仕上がってきております!乞うご期待ください!」


「ファンの皆さん、期待しててよ〜(笑)今日紹介する【北温泉旅館】も、実はとある有名映画のロケ地なんよ。じゃ、早速だけど話していこうか。」

栃木・那須 北温泉旅館の動画はこちら

栃木県・那須町【北温泉旅館】へ行ってきた!

第2弾は、栃木県・那須町にある【北温泉旅館】

アクセスは2時間45分

場所は、栃木県の北部にある栃木県那須町の山奥。
車の場合、都内から約2時45分。所要時間は伊豆・伊東とほぼ変わらないものの、北温泉旅館があるのは、那須湯本のメイン温泉街を抜け、山道を登った先の先。秘湯感たっぷりの場所なんです

北温泉旅館 道にある看板

一応、高速バスでも行けるけど…

車がない場合は、JR高速バスを利用するのも手。新宿駅で「那須リゾートエクスプレス」に乗車し、那須温泉で下車すること約3時間半。ここから北温泉旅館までは、約6.7kmなので、タクシーで向かうのが良いでしょう。料金は、高速バス代片道3,400円+タクシー代です。
ね、なかなかの秘湯でしょう?


駐車場から400メートル歩く秘湯

山奥にある北温泉旅館。駐車場から400メートル歩きます。舗装はあるものの、急角度で曲がりくねった坂道。しかも撮影の日は雨…苔むした道をすべりそうになりながらくだること5分。やっと北温泉旅館の全体が見えてきます!

ここがポイント!北温泉旅館

・江戸時代から続く歴史あるたたずまい

◯◯に見られながら入る温泉

・温泉だけど遊泳OK!泳げるプール風呂

江戸時代から続く歴史あるたたずまい

北温泉旅館 全貌

北温泉旅館の玄関
北温泉旅館の玄関

「お〜なんだか、いい雰囲気!」


「北温泉旅館はかなり歴史があってな、一番古い建物は、なんと江戸時代に建てられてんねん。」


江戸時代!百数十年の歴史があるということですか…スゴイ


「江戸・明治・昭和と三代に渡って増築を繰り返してるっていうんだから、ほんまビックリしちゃうよね。」

館内には時代モノがたくさん

囲炉裏や時代物の家具や民芸品、セピア色の写真が目に飛び込んできます。

歴史を感じる館内
歴史を感じる館内

お会計やタオルが買えるフロント。年季の入った桐たんすにも時代の蓄積を感じます。
tochigi_nasu_onsen_kitaonsen_1-9

建物の中に入ると、タイムスリップした感覚
建物の中に入ると、タイムスリップした感覚

今も続く自炊式の湯治宿

北温泉旅館は、昔から湯治(とうじ)にも利用されていた宿。現在も通常の宿泊プランとは別に、湯治プランが用意されており、自炊しながら長期間にわたって滞在することができます。

北温泉旅館の宿泊料金
北温泉旅館の宿泊料金

たたずまいに歴史あり。

◯◯に見られながら入る温泉

「建物から何かがいる気配を感じます…


「謎にするどいな(笑)一番見せたいのが、北温泉といえばガイドブックの全てに載っている天狗の湯や。」

北温泉名物の天狗の湯
北温泉名物の天狗の湯

ヤバい


両腕広げたくらい大きな天狗の面が三方からにらんでるっていう、この超ド級のインパクトね。」


「天狗に見られながら入る温泉…!」

3体の天狗が見下ろしている
3体の天狗が見下ろしている

北温泉最大の名物、天狗の湯。大きな天狗のお面に三方からにらまれながらお湯につかる、という独特の経験をすることができます。天狗の湯は日帰り入浴の時間帯は男湯に、宿泊の時間帯は混浴になります。

北温泉旅館と天狗の繋がり

いったいなぜ北温泉旅館に、天狗が…?言い伝えによれば、奈良時代に大天狗という天狗がいて、その天狗がたまたま腰掛けた岩から湯がちょろちょろと出ていたそう。その大きい岩を持ち上げて投げ飛ばしたところ、湧き出たのがこの北温泉だったとか。

映画『テルマエ・ロマエ』では上戸彩の実家になる

雰囲気がある北温泉旅館は、映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地にも選出。上戸彩が演じるヒロインの山越真実の実家として登場しています。この天狗の湯も、色々なシーンで登場しています。

映画「テルマエ・ロマエ」のポスター
映画「テルマエ・ロマエ」のポスター

ふむ、今度の旅ロケはここ...か?

温泉だけど遊泳OK!泳げるプール風呂

「外にもね、温泉があるんよ」


「ああ、露天風呂ですね。って…ええ!?デカ!!!

泳げるプール温泉
泳げるプール風呂「泳ぎ湯」

まるでプールやね(笑)お湯はぬるめだけど、ちゃんと温泉水が注いでるんよ。名前も泳ぎ場やし、ここでクロール対決できるよ。」


温泉で泳いじゃダメ!とは言われないと。」

クロールだってできる温泉プール「泳ぎ場」

北温泉旅館のもう一つの名物が「泳ぎ湯」幅20メートル、深さはXcmほどあり、さながらその大きさは巨大プール。しかしちゃんと温泉水が注いでいて、ぬるい温度で楽しむことができます。

子供用すべり台付き!

泳ぎ場は、すべり台付き。夏場は近隣の小学生や修学旅行で団体客で泊まりに来ることもあり、とてもにぎわうそうです。

すべり台もついています
すべり台もついています

浮き輪も貸し出してるから、お子さんも楽しめるね。」

堂々と泳げる温泉ってスゴイ!

他にも北温泉のここがスゴイ!

滝をバックにした「河原の湯(男湯)」

男女それぞれにある「河原の湯」は、山と川の間に作られた露天風呂。
男湯はゴウゴウと音がなる滝をバックに入ることができます。

滝をバックにした河原の湯(男湯)
滝をバックにした河原の湯(男湯)

一方の女湯は眼下に渓流を臨み、上から紅葉がかかる風流な作りになっています。

河原の湯(女湯)

旅館内には「温泉神社」

北温泉旅館には、仏教・神道の像が至るところにあります。理由は、大昔に北温泉が神仏の集まる場所と考えられていたからだそう。

北温泉内にある、温泉神社
北温泉内にある、温泉神社
北温泉内の所々ににある観音像
北温泉内の所々ににある観音像

【おまけ】映画爆破シーンのロケ地「岩船山」

maxmurai-twitter
マックスむらい公式Twitterトップページ(2015/10/28現在)

むらいさんが映画の爆破シーンを撮影した場所が、岩船山(いわふねさん)。
両毛線・岩舟駅から徒歩10分のところにあり、現在でも特撮の爆破シーン撮影によく利用されている特撮ファンの聖地。マックスむらい映画が公開されたら、ぜひ行ってみよう!

施設名 : 岩船山中腹採石場跡
住所 : 栃木県栃木市岩舟町畳岡
アクセス : JR両毛線岩舟駅から徒歩10分
公式URL : http://www.cliff-stage.com/
問い合わせ先:NPO法人岩船山クリフステージ
電話番号 : 0282-55-6988

特撮の爆破の聖地、岩船山中腹採石場跡
特撮の爆破の聖地、岩船山中腹採石場跡

まとめ

天狗の湯や、湯治、泳げるプール風呂からたくさんのオブジェなど…驚くほど盛りだくさんの北温泉旅館。ノスタルジックな建物の中で、古き良き日本の温泉を感じてみるのはいかがでしょう?

温泉宿名 : 北温泉旅館
住所 : 栃木県那須郡那須町湯本151
アクセス : 東北自動車道那須IC下車、県道17号を那須湯本方面へ約30分
営業時間 : 日帰り8:30~16:00
公式URL : http://www.kitaonsen.com/mokuj.htm
電話番号 : 0287-76-2008
定休日 : なし
詳細を読む

日帰り入浴:あり
日帰り入浴料 : 大人平日700円
宿泊:あり
宿泊料 : 1泊2食付7,500円~/自炊4,650円~
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : なし
レンタルタオル : あり

以上、温泉ロケ第2回は【栃木県・北温泉旅館】でした!
次回は【山梨県・ホテル神の湯温泉(予定)】です!


本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

【栃木・那須 温泉♨️】 北温泉旅館へ行ってきた!【動画レポート】

The following two tabs change content below.
大谷優介

大谷優介

Yutty!編集長、歴史トラベルライター。歴史と入浴文化を中心に世界各地を取材。国内では現在「銭湯」にスポットを当て鋭意入浴中。えにし書房『台湾へ行こう! 見えてくる日本と見えなかった台湾』(藤田賀久, 大谷優介/平賀匡)著、集英社「週刊プレイボーイ」『新世代スーパー銭湯対決!』取材協力など。