平日も土日も、有馬温泉に行こう

その昔から「西の大関」(かつての相撲の最高位)として草津温泉に次ぐ人気の兵庫県・有馬温泉

むしろ、黄土色に濁ったナトリウム鉛泉(金泉)とシュワシュワなラジウム鉱泉(銀泉)の両方が同時に楽しめる有馬温泉は、泉質に限ったもので言えば草津温泉をも凌ぐとも。

しかし!

有馬温泉は神戸市外や大阪からのアクセスも良く、日帰りに向いているにもかかわらず、じつは日帰りで入浴するのにはハードルが高いとも言われています。

というのも、有馬温泉の多くの旅館が、観光客の多い土日や祝日には、日帰りの入浴を受け入れていないのです!

そこで!!今回はYutty!編集部が直接取材した、土日や祝日でも入れるオススメの日帰り温泉をご紹介します。

本当は紹介したくない【竹取亭別邸康貴】

竹取亭別邸康貴の外観の写真
Yutty!編集部撮影

竹取亭別邸康貴】は有馬温泉街の中腹にあるとっても小さな日帰り専門温泉です。高級旅館を営なむ竹取亭円山が運営する施設で、日帰り専門とは思えないほど立派な純和風の建物になっています。

竹取亭別邸康貴の靴箱の写真
靴箱はレトロなデザイン。靴箱がいっぱいになると入場制限がかかる – Yutty!編集部撮影
竹取亭別邸康貴の館内の写真
ベンチと成分表があるだけの館内 – Yutty!編集部撮影

湯船は金泉・銀泉の内湯、金泉の半露天風呂の計3つあるのですが、それぞれ1~2名が入ったらいっぱいになってしまいます。脱衣所もかなりコンパクトに作られているので、なんと男湯に至っては5人で入場制限がかかってしまうんです!

竹取亭別邸康貴の女湯の写真
やや広めの女湯(出典: 竹取亭別邸康貴 公式ウェブサイト より)
竹取亭別邸康貴の男湯の写真
男湯は3人入ればもういっぱいに・・・(出典: 竹取亭別邸康貴 公式ウェブサイト より)

なので、せっかく訪れても、入場するまでに待つこともあるかもしれません。でもたったの1000円でこの雰囲気が味わえるなら、多少の待ち時間は苦になりません。

竹取亭別邸康貴の露天風呂の写真
半露天風呂(出典: 竹取亭別邸康貴 公式ウェブサイト より)

つまり訪れる人が多いほど、ゆっくり楽しめなくなってしまうので・・・本当は紹介したくない日帰り温泉なのです(笑)

竹取亭別邸康貴の休憩スペースの写真
Yutty!編集部撮影

湯上りには、館内のバーカウンターでコーヒーや「有馬温泉サイダー」を飲みながら休憩することができます。

竹取亭別邸康貴

有馬温泉のほぼ中央に位置し、金泉と銀泉の両方をリーズナブルに楽しめる。コンパクトながら最高の雰囲気。

住所: 兵庫県神戸市北区有馬町1401

アクセス: 有馬温泉駅より徒歩10分

入浴料: 大人1000円(タオル別売り)

  • 天然温泉
  • 露天温泉
  • 掛け流し
  • 貸し切り
  • 日帰り
  • サウナ
  • 送迎バス
  • 駐車場

有馬一の濃厚泉質【かんぽの宿有馬】

かんぽの宿有馬の外観の写真
Yutty!編集部撮影

「有馬一の泉質」と呼ばれている【かんぽの宿 有馬】は有馬温泉街の最も奥、高台にある温泉宿です。

かんぽの宿有馬の浴場の写真
出典: かんぽの宿有馬 公式ウェブサイト より

浴室はそれほど大きくありませんが、有馬特有の「金泉」の湯を楽しめます。

かんぽの宿有馬の温泉管の写真
Yutty!編集部撮影

濃度が高く、すぐ錆び付いてしまうため、温泉を引くパイプは一週間ごとに付け替えないといけないのだとか。「有馬一の泉質」と言われる理由はそのお湯の濃さにあるんですね。

arima-onsen33
Yutty!編集部撮影

【かんぽの宿 有馬】へは神戸電鉄有馬温泉駅から徒歩で20分ほど。賑やかで風情ある温泉街を抜けていくので、飽きることなく行くことができます。しかし、かなり急な坂も登ることになるので、体調のすぐれない方や大きな荷物のある方は、駅からタクシーを使うことをお勧めします。

arima-onsen32
Yutty!編集部撮影

六甲山ロープウェイや登山口に近いので、登山帰りの方にも大人気です。そのため下山してきた登山客の皆さんで16時前後はとっても混み合っていました。

arima-onsen31
Yutty!編集部撮影

なんと日帰りでも20時まで入浴ができるので、遅くなっても安心です。

かんぽの宿有馬の注意ポスター
なんと入浴の注意ポスターは6ヶ国語! – Yutty!編集部撮影

かんぽの宿 有馬

有馬温泉街の最も奥に位置するかんぽの宿。有馬温泉で最も良い泉質を持つと言われている。

住所: 兵庫県神戸市北区有馬町1617−1

アクセス: 有馬温泉駅から徒歩30分/タクシー5分

入浴料: 大人800円〜(タオル別売り)

  • 天然温泉
  • 露天温泉
  • 掛け流し
  • 貸し切り
  • 日帰り
  • サウナ
  • 送迎バス
  • 駐車場

1日楽しむならここ!【太閤の湯】

有馬温泉太閤の湯の外観の写真
Yutty!編集部撮影
有馬温泉太閤の湯の表彰状の写真
Yutty!編集部撮影

日帰り温泉ランキングで何度も1位を取っている【有馬温泉 太閤の湯】は、有馬温泉を楽しみながら1日過ごせる、テーマパークのような日帰り温泉施設です。

有馬温泉太閤の湯の大浴場の写真
大浴場には広い金銀泉の湯船や水風呂、韓国式サウナなど(出典: ぽかなび.jp 関西版 太閤の湯 より)
有馬温泉太閤の湯のサウナの写真
秀吉が愛用していた「蒸し風呂」を再現した「黄金の蒸し風呂」(出典: 有馬温泉 太閤の湯 公式ウェブサイト より)

太閤「豊臣秀吉」が愛した有馬温泉をイメージしたお城のような施設の中には、戦国時代をモチーフにしたサウナや岩盤浴など計25種類以上!

内湯から階段を上っていった屋上の露天風呂には、家族湯や座湯など始めとした、何種類もの温泉が。
そして中でも、一番のお勧めは足湯と岩盤浴を組み合わせた「幕湯・陣幕岩盤足湯」

有馬温泉太閤の湯の露天風呂の写真
写真左が「陣幕岩盤風呂」(出典: 有馬温泉 太閤の湯 公式ウェブサイト より)

もう一度言いますよ、一番のお勧めは足湯と岩盤浴を組み合わせた「幕湯・陣幕岩盤足湯」。「こんな施設が欲しかった!」とつい叫んでしまいそうな、夢のような組み合わせはまさに「温泉の天守閣」。何時間でも入っていられそうでした!

有馬温泉太閤の湯の岩盤浴の写真
出典: ぽかなび.jp 関西版 太閤の湯 より

さらに、金泉・銀泉を使った岩盤浴や蒸し風呂を含む「太閤の湯殿」は、6種類の岩盤浴・サウナに入れて全て無料。
また+300円でまさにに「太閤気分」を味わえる岩盤浴施設「太閤夢聚楽」や、グループで貸し切って利用できる「ひょうたん夢聚楽」も利用可能です。

有馬温泉太閤の湯の館内の写真
Yutty!編集部撮影

温泉以外にもレストラン、フードコート、各種リラクゼーション、お土産ショップなどが多数揃っているので、友達同士・カップル・家族連れなど、どんな利用シーンにも対応しています。

「太閤の湯」は駅やバスターミナルから歩いても10分程度しかかかりませんが、長い坂を登る必要があるので、有馬温泉駅と連絡している無料送迎バスがオススメです。

太閤の湯

日本一の日帰り温泉。豊臣秀吉をイメージした20種を超える大浴場・サウナ・岩盤浴はもはやアトラクション。

住所: 神戸市北区有馬町池の尻292-2

アクセス: 有馬温泉駅から送迎バス5分

入浴料: 大人2400円〜(館内着・タオル込み)

  • 天然温泉
  • 露天温泉
  • 掛け流し
  • 貸し切り
  • 日帰り
  • サウナ
  • 送迎バス
  • 駐車場

伝統の日帰り温泉【金の湯】

有馬温泉金の湯の外観の写真
Yutty!編集部撮影

有馬温泉の日帰りとして必ず紹介されるのがここ公共浴場の【金の湯】

有馬温泉金の湯の玄関の写真
Yutty!編集部撮影

有馬温泉郷の入り口にあり、リーズナブルにかけ流しの「金泉」に入れるので、休日はもちろん、平日も大盛況です

有馬温泉金の湯の大浴場の写真
出典: ぽかなび.jp 関西版 銀の湯 より

金の湯は、とても濁ったナトリウム塩化物強塩高温泉。44℃と42℃の2種類のかけ流し温泉の好きな方を選んで楽しめます。

施設の外にある金泉の「太閤の足湯」は無料で入れますよ。

金の湯

有馬温泉街のメインストリート近くにある日帰り温泉。近くに飲食施設やお土産屋さんなどが豊富。

住所: 兵庫県神戸市北区有馬町833

アクセス: 有馬温泉駅から徒歩10分

入浴料: 大人650円(タオル別売り)

  • 天然温泉
  • 露天温泉
  • 掛け流し
  • 貸し切り
  • 日帰り
  • サウナ
  • 送迎バス
  • 駐車場

有馬”通”なら必ず行きたい【銀の湯】

有馬温泉銀の湯の外観の写真
Yutty!編集部撮影

【金の湯】に比べてちょっとだけ渋い温泉が、同じく公共浴場の【銀の湯】です。温泉街のメインストリートにある【金の湯】に比べて、丘を登った温泉寺の近くにある【銀の湯】は、有馬”通”なら一度は行っておきたいところです。

有馬温泉銀の湯の大浴場の写真
出典: ぽかなび.jp 関西版 銀の湯 より

【銀の湯】は、炭酸泉・ラジウム泉の無色透明なお湯で、湯船も一つとコンパクト。でも、お湯に身体を入れると、シュワシュワ〜と泡が立つので炭酸泉なのがわかります。

【金の湯】と【銀の湯】の共通入浴券などもあるので、有馬温泉で「湯めぐり」するのがYutty!編集部のおすすめ。(でも有馬の温泉は強いので、入りすぎはご注意を!)

銀の湯

リーズナブルに炭酸泉・ラジウム泉に入れる日帰り温泉。寺社の立並ぶ温泉街にあり歴史散歩のお供におすすめ。

住所: 兵庫県神戸市北区有馬町1039-1

アクセス: 有馬温泉駅から徒歩15分

入浴料: 大人550円(タオル別売り)

  • 天然温泉
  • 露天温泉
  • 掛け流し
  • 貸し切り
  • 日帰り
  • サウナ
  • 送迎バス
  • 駐車場

入浴後はコレ「有馬温泉サイダー」

ありまてっぽう水サイダー
Yutty!編集部撮影

有馬温泉は「サイダー」発祥の地。公共浴場【銀の湯】でも使われている炭酸泉はかつて毒水と言われていましたが、明治時代、これに砂糖を入れて飲むととっても美味しいことを発見!これが「サイダー」として有馬温泉の湯上りの「定番」になったんですって。

炭酸水泉の写真
Yutty!編集部撮影

有馬温泉街のちょっと奥にあり、有馬温泉サイダーの炭酸水が無料で飲める「炭酸泉源」。そのお味は・・・・ぜひ実際に飲んで味わってくださいね。

おわりに

土日休日に入れる有馬の日帰り温泉、いかがでしたでしょうか?一人旅を計画している方、ファミリーで遊ぶ場所を探してる方、そんな皆さんの「休日計画」のお手伝いができたなら、これ以上の喜びはありません。



スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


The following two tabs change content below.
だいや@編集長見習い

だいや@編集長見習い

はれてYutty!記者から編集長見習いに昇格。47都道府県では何故かまだ秋田県と宮崎県だけ泊まったことがない。最近興味あるのは長距離フェリーの旅。好きな温泉は熊本県の人吉温泉と台湾の金崙温泉。アイスランドのブルーラグーン温泉に行ってみたい。