都内からすぐ行ける!本格天然温泉特集

あああやっぱり、本格天然温泉は楽しむには郊外に出ないと難しいよね…… いえいえ、そんなことはありません!!都内近郊にも、本格天然温泉があるんです!!今回は、東京近郊のおすすめの本格天然温泉3つをご紹介します。

8258

東京からすぐ!本格天然温泉はあるんです

やっぱり、本格天然温泉は楽しむには郊外に出ないと難しいよね……
いえいえ、そんなことはありません!!都内近郊にも、本格天然温泉があるんです!!
今回は、東京近郊のおすすめの本格天然温泉4つをご紹介します。

前野原温泉 さやの湯処(板橋区・志村坂上)

もともと一人の事業家の住まいだった、『さやの湯処』
戦後まもなく作られた本格的な昭和の邸宅と日本庭園は50年もの間、人とともに年月を重ねてきたものの、いつしか空き家となり、主のいない住まいはすっかり荒れ果て、 取り壊されるのを待つのみとなっていたそうです。しかし、「この場所をどうにか残したい」との想いが強く、何年もの時間をかけ新しい別の姿を模索し続けました。
その中で、古家再生の建築家降幡廣信氏と、作庭家小口基實氏に巡り会い、昭和の住まいだったこの空間は、今現在の姿へと生まれ変わったのです。

うぐいす色の湯は、源泉かけ流し

『うぐいす色』に白濁した源泉かけ流しの天然温泉。ゆっくりつかれば私たちが普段の忙しさや都会の喧騒で忘れがちなものを感じられる、そんな場所です。

本格的な日本庭園が自慢

日本庭園

東京にありながら、東京でいる事を忘れられる場所。縁側から眺められる本格的な日本庭園は、季節の移ろいを感じられ、そこで深呼吸すれば日常を忘れて、きっと、忘れていたものが見つかるはずです
ゆったりとした優しい時間をお過ごし下さい。

温泉宿名 : 前野原温泉 さやの湯処
住所 : 東京都板橋区前野町3-41-1
アクセス : 都営三田線 志村坂上駅下車 A2出口 徒歩8分
営業時間 : 10:00-25:00(最終入館受付24:00)
公式URL : https://www.sayanoyudokoro.co.jp/
電話番号 : 03-5916-3826
定休日 : 年中無休(年2回程度メンテナンス休館あり)
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人平日830円、土日祝1030円。子供(小学生以下)平日520円、土日祝720円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

昭島温泉 湯楽の里(東京都・拝島)

昭和温泉 湯楽の里
出典:アッタカナ

温泉の泉質は、「アルカリ性単純温泉」に分類され、有名な下呂温泉(岐阜)や鹿教湯温泉(長野)をはじめ、各地の温泉郷でも多くみられる泉質です。泉質湯に包まれるような柔らかな肌ざわりに、湯上りのすべすべとした感覚が特徴的で、別名「美人の湯」と称されるほど美肌効果に優れています。

有名温泉にも負けない泉質

温泉の泉質は、「アルカリ性単純温泉」に分類され、有名な下呂温泉(岐阜)や鹿教湯温泉(長野)をはじめ、各地の温泉郷でも多くみられる泉質です。泉質湯に包まれるような柔らかな肌ざわりに、湯上りのすべすべとした感覚が特徴的で、別名「美人の湯」と称されるほど美肌効果に優れています。
お風呂とサウナの種類は、計15種類もあります。お風呂好きには堪らない豊富な種類に
東京にいながら、有名温泉のような泉質に入れるとは、なんとも贅沢ですよね。
岩盤浴もあり、一日いても飽きません。

岩盤浴で血行促進、老化防止

湯楽の里 岩盤浴
出典:アッタカナ

遠赤外線で血行を促進し、細胞の代謝を高めてくれるミネラル活性石やトルマリンを含むとされる「とおのの鉱石」という花こう斑岩を床に敷いた室温40度前後の低温サウナの岩盤浴です。同時に放出されるマイナスイオンは、老化防止。不眠の改善・血液浄化・疲労回復とうれしい効果が盛りだくさんです。立体音響装置や天然ハーブの香りでリラックス度満点! ※完全予約制 ※25分入替制 ※入浴料+400円

温泉宿名:昭島温泉 湯楽の里
住所 : 東京都昭島市美堀町3-14-10
アクセス : JR昭島駅南口2番乗り場→「西砂川循環」(立川バス)乗車→「拝島上水橋」停留所下車すぐ
営業時間 : 9:00-25:00(最終受付24:30)
公式URL : http://www.yurakirari.com/yuranosato/tenpo/akisima.html
電話番号 : 042-500-2615
定休日 : 年中無休
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人平日800円、土休日特定日910円。子供(小学生以下)平日410円、土休日特定日460円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

湯けむりの庄(神奈川県・川崎市)

川崎市宮前平の高台に佇む、洗練された和モダン&シックな施設が「宮前平源泉 湯けむりの庄」。
床面積1,776坪の施設内にはフロントや付帯施設、地階は岩盤浴などの「母屋」と浴場エリアの「離れ」は渡り廊下で結ばれ、地下1,500mより湯量豊富に毎分350L涌く源泉は、弱アルカリ性ですべすべのある肌にしてくれます。

日本初の炭酸琥珀湯

日本初の琥珀色の温泉に炭酸ガスを溶かしこんだ「炭酸琥珀湯」は、天然温泉に美肌ににいいとされている炭酸ガスを溶かしこんだ温泉でお肌がスベスベに!岩盤浴も6種類あり、関東最大級の広々としたスペースで隣のことを気にせず、ゆっくり寛げます。さらに熱波を浴びることにより発汗作用を高めるフィンランド式サウナ「ロウリュ」などを体験することもでき、美容と癒しの面でも高い支持を得ています。

旬の食材で健康増進

“宮前平源泉 湯けむりの庄”は、神奈川県で初めて、温泉入浴指導員を常駐させた“温泉利用プログラム型健康増進施設”として認定されました。お食事処『心音』では毎月、食事からの健康増進を紹介しています。季節ごとのテーマにイベントを行っており、訪れる時期によっても内容が変わるのは、楽しみですね。休日に温泉だけではなく、美味しいものを食べて、健康になれたら、言うことなし!!お風呂上がりのビールもますます、進みそうです♪

温泉宿名 : 宮前平源泉 湯けむりの庄
住所 : 神奈川県川崎市宮前区宮前平2丁目13-3
アクセス : 東急田園都市線「宮前平」駅より 徒歩4分
営業時間 : 平日10:00-24:00土日祝9:00-24:00
公式URL : http://yukemurinosato.com/miyamaedaira
電話番号 : 044-860-2641
定休日 : 年中無休
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人平日1240円、土日祝1500円。小人平日720円、土日祝820円
駐車場の有無 : あり
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

高尾山温泉 極楽湯(八王子・高尾山口)

京王高尾山温泉 極楽湯。林をバックに駅直結という好立地
京王高尾山温泉 極楽湯。林をバックに駅直結という好立地

高尾山の最寄り駅、京王高尾線 高尾山口駅に直結の温泉です。2015年の10月27日オープンで、まだ新しい温泉です。高尾山温泉は、京王電鉄の子会社が運営している温泉で極楽湯のフランチャイズ。3種類の露天風呂は、肩まで浸かるとどの風呂からも高尾山が見られます。

取材記事!高尾山温泉 極楽湯 写真&動画レポート

天然温泉の岩風呂はあつ湯とぬる湯の二種類

高尾山温泉 あつ湯は少し温度が高め
高尾山温泉 あつ湯は少し温度が高め

ほぼ無色のお湯で、温度はそれぞれ二種類。立地が良いだけに立ち寄る人も多そうですが、それぞれの浴槽が大きめなので安心です。

食事処が広く、高尾山帰りの打ち上げに最適

1階の食事処
1階の食事処

テーブル席60席、座敷76席と中々の広さの食事処があります。ここでは、名物のとろろ蕎麦や麦とろ牛たんが食べられます。風呂あがりのビールと、美味しいとろろで登山帰りの体を心から癒やしてくれますよ!

Yutty!編集部が実際に取材した詳細レポートもご覧ください。
取材記事!高尾山温泉 極楽湯 写真&動画レポート

温泉宿名 : 京王高尾山温泉 / 極楽湯
住所 : 東京都八王子市高尾町2229番7
アクセス : 京王線高尾山口駅となり
営業時間 : 8:00-23:00(最終受付22:00)
公式URL : http://www.takaosan-onsen.jp/
電話番号 : 042-663-4126
定休日 : 年中無休
詳細を読む

日帰り入浴料 : 大人1000円、小人500円※シーズン料金あり大人1200円、小人600円
駐車場の有無 : あり(110台)
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオル : あり

おわりに

いかがでしたでしたか?温泉地へ行く時間がないと、諦める前に、まずは近場で自分だけのお気に入りの温泉を探してみてください。何よりも近い事、ふと思い立ったら仕事帰りにでも気軽に立ち寄る事ができ事泊りがけでなくてもスッキリとリフレッシュ出来て明日の仕事に前向きに取り組めるはずです。

 

 


本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!


The following two tabs change content below.
大谷優介

大谷優介

Yutty!編集長、歴史トラベルライター。歴史と入浴文化を中心に世界各地を取材。国内では現在「銭湯」にスポットを当て鋭意入浴中。えにし書房『台湾へ行こう! 見えてくる日本と見えなかった台湾』(藤田賀久, 大谷優介/平賀匡)著、集英社「週刊プレイボーイ」『新世代スーパー銭湯対決!』取材協力など。