「空間」こそが本当の贅沢だ!杉戸温泉 雅楽の湯レポート(東武動物公園駅)

浅草から特急で35分の「東武動物公園」駅からすぐのところにとっても「贅沢」な日帰り温泉があった! いったい何が「贅沢」なのか?激ウマ「バイキング」から岩盤浴まで丸一日楽しめる【杉戸天然温泉 雅楽の湯】をご紹介!

22305

「あっ今日は週末だ・・・温泉に行かなきゃ・・・・」

最近の私はだいたいこんな感じなのですが、おそらく皆さんもそんな気分の時があると思います。

しかし、時はまさに温泉ブーム。都心の日帰り温泉は軒並み人だらけ。入場制限のかかる日帰り温泉も珍しくありません。

週末にゆっくりできる日帰り温泉はないものか・・・そんな中で見つけたのがこちら。

杉戸温泉「雅楽の湯」の外観の写真

【杉戸温泉 雅楽(うた)の湯】

温泉口コミサイトでも評判のこの温泉、なんとレストランの評価も地域トップレベルとのこと。

こうしてはいられない!と、今回は埼玉県は東武動物公園駅にほど近い、【杉戸天然温泉 雅楽の湯】にお邪魔しました。

アクセス

【雅楽の湯】へは、自動車もしくは東武伊勢崎線「東武動物公園駅」から送迎バスまたはタクシーでアクセスになります。

東武動物公園駅までは、浅草駅から東武特急「りょうもう」がオススメ。そのほか、地下鉄半蔵門線地下鉄日比谷線からの直通電車、JR線「久喜」駅経由など、都内各地から電車一本で行けるのも嬉しいポイント。(特急「スペーシア」「きりふり」は停車しないのでご注意を)

杉戸温泉「雅楽の湯」へ行く東武特急「りょうもう」の写真
東武特急「りょうもう」(Yutty!編集部撮影)

浅草駅から特急で35分、「東武動物公園」駅東口から道をまっすぐ徒歩5分ほど歩いた場所にあるのが、「雅楽の湯」の送迎バス停車場。向かって右側の目立つ看板が目印です。

杉戸温泉「雅楽の湯」の送迎バス停車場の看板の写真
Yutty!編集部撮影

送迎バスは終日一時間に2本程度が走っているので、とても便利です。送迎バスの時刻表はこちら

杉戸温泉「雅楽の湯」の送迎バスの写真
Yutty!編集部撮影

送迎バスで5分ほどで【杉戸天然温泉 雅楽の湯】へ到着です。

杉戸温泉「雅楽の湯」の駐車場の写真
ものすごい広さの駐車場は郊外ならでは。(Yutty!編集部撮影)

外観・施設

そしてこちらが「雅楽の湯」の外観。

杉戸温泉「雅楽の湯」の外観の写真
Yutty!編集部撮影

平屋型で、敷地をゼイタクに使っています!

杉戸温泉の由来の写真
Yutty!編集部撮影

「雅楽」という名前の由来、温泉の概要など。都内からアクセス良好で、加温・加水をしていない天然温泉を楽しめるのはポイント高いですよ!!

杉戸温泉「雅楽の湯」の玄関の写真
Yutty!編集部撮影
杉戸温泉「雅楽の湯」の玄関の写真
Yutty!編集部撮影

こちらは玄関。中は開放的で明るく、かつ落ち着きのある内装になっています。

杉戸温泉「雅楽の湯」の廊下の写真
Yutty!編集部撮影

メインロビーから各施設をつなぐ廊下から中庭が見えるのが特徴!

杉戸温泉「雅楽の湯」の中庭の写真
Yutty!編集部撮影

この中庭を囲むように、大浴場、岩盤浴、足湯、休憩室などが並んでいます。

杉戸温泉「雅楽の湯」の中庭の写真
Yutty!編集部撮影

それでは早速、天然温泉へ行ってみましょう!

天然温泉

杉戸温泉「雅楽の湯」の浴場の入口の写真
Yutty!編集部撮影
杉戸温泉「雅楽の湯」の浴場の入口の写真
Yutty!編集部撮影

浴場の入口にあるカウンターで、館内着や岩盤浴着を受け取ります。

内湯

内湯は、さほど広いというわけではありませんが、やや熱めの100%源泉湯と、低温浴が楽しめるシルク風呂があります。

杉戸温泉「雅楽の湯」の内湯の写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

源泉の内湯は、黄土色のにごり湯。思ったより濃いです!

杉戸温泉「雅楽の湯」の半露天のシルク風呂の写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

シルク風呂も半露天になっていて、とても開放的。

庭園露天風呂

杉戸温泉「雅楽の湯」の庭園露天風呂の写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

そしてこれが「雅楽の湯」自慢の庭園露天風呂!!

杉戸温泉「雅楽の湯」のつぼ風呂と石風呂の写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

広い!とっても広いです!!!

杉戸温泉「雅楽の湯」の岩風呂の写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

源泉を使った岩風呂は、高温と低温の二種類。

杉戸温泉「雅楽の湯」の源泉つぼ湯の写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

オススメはこの源泉つぼ湯。濃厚なナトリウム泉を独り占めです。

杉戸温泉「雅楽の湯」の岩風呂の写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

その他、寝湯・高濃度炭酸泉・白湯岩風呂・広い休憩スペースなど⋯⋯とにかく広大なスペースを余すところなく活用しています。

「空間」こそが一番の贅沢なのだと知った時

都会には、いろいろな温泉があります。

たくさんの種類の湯船がある温泉、リラクゼーションの充実した温泉、食事の豪華な温泉⋯⋯でもこの時私は

「ああ、何よりのゼイタクっていうのは、空間なんだ」

と思ったのです。

杉戸温泉「雅楽の湯」の夜の露天風呂の写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

「空間」に余裕があると、「心」に余裕が生まれます。もちろん、コンパクトな温泉の良さもたくさんあります。でも私たち都会人が本当にリラックスできる場所って、、、こういう場所なのではないでしょうか?

都内からほんのちょっと郊外に出るだけで、これだけ贅沢に空間を使った温泉を楽しめる。そのことを皆さんには是非にお伝えしたかったのです!

岩盤浴

女子に大人気の岩盤浴、もちろんあります!

杉戸温泉「雅楽の湯」の岩盤浴「咲」の写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

岩盤浴としては一般的な温度の「咲」。奥は女性専用のスペースになっています。

杉戸温泉「雅楽の湯」の岩塩を敷き詰めた「華」の写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

岩塩を敷き詰めた「華」。「雅楽の湯」で一番高温の70℃に汗びっしょりです。

杉戸温泉「雅楽の湯」の温熱床「優」の写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

床が温熱床になっている「優」。人気のスペースなので」取り合いです。

杉戸温泉「雅楽の湯」の岩盤浴専用休憩スペースの写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

岩盤浴上がりにオススメの岩盤浴専用休憩スペース。

そして、私の一押しは、こちらの中庭に面した岩盤浴専用テラス!

杉戸温泉「雅楽の湯」の岩盤浴専用テラスの写真
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

この日は天候・気温も最高で、ついつい長居してしまいました。

レストラン

絶対に味わってほしいビュッフェ

「雅楽の湯」に来たら、絶対に味わってほしいのが、このビュッフェ「irodori」。

「雅楽の湯」のビュッフェ「irodori」について
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

種類、量、味と三拍子揃ったこのビュッフェの凄さは、言葉ではなんとも伝えられないので、ぜひ写真をご覧ください!

杉戸温泉「雅楽の湯」のサラダの付け合わせなどの写真
サラダの付け合わせなど。サラダ類はまた別にある。(Yutty!編集部撮影)
杉戸温泉「雅楽の湯」のメイン料理、蕎麦などの写真
メイン料理、蕎麦など。奥側にパスタやうどんなどがある。(Yutty!編集部撮影)
杉戸温泉「雅楽の湯」の海鮮ちらし寿司と天ぷらの写真
海鮮ちらし寿司に天ぷら(Yutty!編集部撮影)
杉戸温泉「雅楽の湯」の料理が置かれたテーブルの写真
Yutty!編集部撮影

東武森林公園駅周辺の飲食店でも特に高評価を得ているこちらのビュッフェ、種類が多くて食べきれません!

杉戸温泉「雅楽の湯」の肉汁うどんの写真
Yutty!編集部撮影

埼玉名物である「肉汁うどん」も味わえるのが、嬉しいです。見てください、この具沢山!

杉戸温泉「雅楽の湯」のデザートの写真
Yutty!編集部撮影
杉戸温泉「雅楽の湯」のデザートが置かれたテーブルの写真
Yutty!編集部撮影

デザートもティラミス、ドーナツ、ムース、カスタードプリン、あんみつ、わらび餅と・・・とっても充実!中でもカボチャプリン(写真下段中央)が個人的な一番のオススメ。

日本料理「みやび」

「雅楽の湯」の日本料理「みやび」について
引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより

ビュッフェはちょっと・・・という方には和食レストラン「みやび」もございます。ゆったり落ち着いて食事をしたい方にはこちらがおすすめです。

その他の施設

その他、大浴場を上がったところにある「湯休みラウンジ」や、女性専用エリアもあって安心の仮眠スペース「うたた寝処」、ファミリーやカップルでワイワイ楽しめる足湯など、いろんな施設が揃っています。

休憩スペース

杉戸温泉「雅楽の湯」の湯休みラウンジの写真
湯休みラウンジ(引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより)
杉戸温泉「雅楽の湯」のうたた寝処の写真
「うたた寝処」(引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより)

足湯

杉戸温泉「雅楽の湯」の足湯の写真
Yutty!編集部撮影

中庭に面した足湯は、家族で、カップルでワイワイ楽しむのにオススメ。

リラクゼーション

リラクゼーション施設としては、フットケア、ボディケア、エステなどが受けられる癒し庵「さくらえ」、アカスリエステの受けられる美肌庵「ひいらぎ」、そして地元の方に便利な理容室のカットサロン「やすらぎ」があります。

ちなみに私は「ひいらぎ」で「アカスリ+ヘッドスパ+リンパマッサージ」のセットを受けましたが、気持ちよすぎて気を失ってしまいました。「終わりですよー」と声をかけられた時、自分が生きてるんだか死んでるんだか一瞬わかりませんでした。。。。

終わりに

というわけで、「空間」を贅沢に使った東武動物公園駅にある【杉戸天然温泉 雅楽の湯】をご紹介してきました。都内をちょっと離れて日帰りで旅行気分に浸れる「雅楽の湯」いかがだったでしょうか?

もし知人に「土日に温泉に行きたいんだけど、どこがいい?」と聞かれたら、私は絶対こちらをオススメします!

詳細情報

杉戸天然温泉 雅楽の湯

杉戸温泉「雅楽の湯」の露天風呂の写真

都心からアクセス抜群の源泉日帰り温泉。「irodori」のバイキング料理はグルメサイトでも人気。

住所: 埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸2517[MAP]

アクセス: 東武動物公園駅より車で約10分

入浴料: 大人1,050円〜

  • 天然温泉
  • 露天温泉
  • 掛け流し
  • 貸し切り
  • 日帰り
  • サウナ
  • 送迎バス
  • 駐車場

本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!