2016年3月【 The Ryokan Tokyo YUGAWARA 】がオープン!

東京から東海道線で約90分の歴史ある保養地「湯河原温泉」に、つきぬけすぎた旅館がオープンします。

その名も【 The Ryokan Tokyo YUGAWARA 】。

前代未聞の「旅館」のデビューにYutty!編集部が突撃取材!どこよりも最速でご紹介しちゃいます!

The Ryokan Tokyo YUGAWARAの外観

The Ryokan Tokyo YUGAWARAでのコスプレ
今回、取材に同行してくれるのは台湾人のヨシミとアイリス。

外国人をターゲットにした日本初の「LCC旅館」

年々、世界中からの観光客が増加する日本。しかし、初めて日本を訪れる人にはどうしても敷居が高くて近づきにくいのが日本の旅館です。そんな人々のために、「ザ・日本」を演出して、たくさんの外国人に泊まってもらい、気軽にOnsenJapanese foodを体験してもらうというのが【 The Ryokan Tokyo YUGAWARA 】です。

The Ryokan Tokyo YUGAWARA entrance

日本へのゲートウェイ

【 The Ryokan Tokyo YUGAWARA 】のもっとも重要なコンセプトは「日本へのゲートウェイであること」。宿のエントランスは有名な「伏見稲荷」をイメージした作りになっており、宿のマークも神社の「鳥居」をモチーフにしています。これには、「はじめて日本にくる外国人の人々を受け入れ、日本全国から集めた沢山の情報に触れ、日本文化を体験してもらって、日本をもっと好きになってもらおう」という思いが込められています。

The Ryokan Tokyo YUGAWARA appearance

幻想的なThe Ryokan Tokyo YUGAWARA entrance2

The Ryokan Tokyo YUGAWARA greeting
世界中の言語で書かれた「ようこそ」

開放的でビビットなロビー空間

開放的なロビーはかなりビビットで刺激的な空間。「外国人がイメージするザ・日本」をそのまま作ったものだとか。日本人にはなんだか落ち着かない空間ですが、台湾人の二人曰く「とても日本的で、落ち着きます!」とのこと。

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Asakusa
おおきな提灯がつり下げられた玄関。外国人に大人気の「浅草 雷門」をイメージしています。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA lobby
玄関を入ると、安土桃山時代をイメージした派手な装飾と、お正月感が満載の「凧」。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA lobby
売店やイベントスペースとしての活用を予定しているスペース
The Ryokan Tokyo YUGAWARA locker
靴や小物を入れておけるロッカー
The Ryokan Tokyo YUGAWARA front desk

フロント

The Ryokan Tokyo YUGAWARA event space
フロント前に設けられた多目的イベントスペース。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA lobby 開放的

開放的なロビー

The Ryokan Tokyo YUGAWARA tatami
この畳のスペースはロビーであると同時に、夜は宿泊客が交流や歓談に使えるフリースペースになります。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA tatami

このテーブルはたたむとフルフラットの畳になります。茶道や囲碁なんかも出来そう!

The Ryokan Tokyo YUGAWARA 天井
ロビーの天井

ニーズに合わせて選べる客室

The Ryokan Tokyo YUGAWARA step
客室へ続く階段
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Corridor

廊下はモダンで落ち着く彩色

和室 Japansese Room 

The Ryokan Tokyo YUGAWARA には二種類の客室タイプがあります。ニーズや予算に合わせて選べるところがまさに「LCC旅館」。

和室は一般的な日本風の和室ですが・・・

The Ryokan Tokyo YUGAWARA room
和室のふすまは、東海道五十三次の浮世絵が描かれていて・・・
The Ryokan Tokyo YUGAWARA japanese room
部屋によって、すべてデザインが異なっているんです!
The Ryokan Tokyo YUGAWARA japanese room
《次の間》つきのこちらのお部屋・・・このふすまを開けると・・・・
The Ryokan Tokyo YUGAWARA japanese room
じゃん!奥には大きな赤富士が!こんな遊び心、日本人でもドキドキします。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA 広縁
広縁は日当たりもよくて開放的
The Ryokan Tokyo YUGAWARA landscape
部屋からの眺め
The Ryokan Tokyo YUGAWARA 床の間
金ぴかの床の間は、外国の人が喜びそう。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA クローゼット
クローゼットと金庫
The Ryokan Tokyo YUGAWARA bathroom
お手洗いはもちろん洗浄便座付き。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA futon

フトンは自分で敷くスタイル。合宿みたい!

なお和室のお値段は一泊2名1室 1名5,800円〜(朝食付き)

ドミトリー Dormitory Bed 

なんと【The Ryokan Tokyo YUGAWARA】にはゲストハウスやユースホステルなどで見る「ドミトリー」があります。リーズナブルに泊まれるドミトリーは、外国人のバックパッカーや若者にはとってもありがたい存在!

The Ryokan Tokyo YUGAWARA dormitory

The Ryokan Tokyo YUGAWARA dormitory

The Ryokan Tokyo YUGAWARA dormitory bed

でもそんなドミトリーで すが、スペースがかなり広く取ってあります。これなら身体が大きな外国人でもくつろげますし、日本の「フトン」を体験することも出来ますね。

The Ryokan Tokyo YUGAWARA dormitory locker

The Ryokan Tokyo YUGAWARA dormitory locker

鍵付きのロッカーは、大きなバッグもじゅうぶん入るサイズに設定してあります。こういった細やかな配慮がうれしいです。ドミトリーのお値段は1ベッド 1名3,000円〜です。

源泉掛け流し温泉  Onsen

The Ryokan Tokyo YUGAWARA onsen spa

【 The Ryokan Tokyo YUGAWARA 】の大浴場はなんと源泉掛け流し温泉!シンプルな造りで露天風呂こそありませんが、その泉質は素直で優しい、ゆったりできる温泉になっています。

男湯 Men’s SPA

The Ryokan Tokyo YUGAWARA men's onsen spa

The Ryokan Tokyo YUGAWARA men's onsen spa

まさに「ザ・日本」と言える桜と富士山の描かれた温泉!

The Ryokan Tokyo YUGAWARA men's onsen spa

The Ryokan Tokyo YUGAWARA men's onsen spa
モデルは偶然、大浴場にいた某社のイケメン記者。

 

IMG_3136

The Ryokan Tokyo YUGAWARA men's onsen spa

The Ryokan Tokyo YUGAWARA onsen spa

脱衣所。デジタル体重計の横には、昔なつかしの体重計。

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Washing machine

男湯・女湯とも、洗濯機と乾燥機が完備されています(有料)。ゲストハウスやビジネスホテルではよく見る設備ですが、旅館では初めて見たかも!

女湯 Lady’s SPA

The Ryokan Tokyo YUGAWARA lady's onsen spa

The Ryokan Tokyo YUGAWARA lady's onsen spa

The Ryokan Tokyo YUGAWARA lady's onsen spa

The Ryokan Tokyo YUGAWARA amenity

The Ryokan Tokyo YUGAWARA lady's onsen spa

The Ryokan Tokyo YUGAWARA lady's onsen spa

あれっ?と思ったみなさん。

そうなんです。

じつは、【 The Ryokan Tokyo YUGAWARA 】の大浴場には” Swimwear time “(水着入浴タイム)があるんです!

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Swimwear spa

「ええ〜っ!?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
でも、赤の他人の前で裸を見せる日本の風呂文化は、世界から見たらけっこう特殊。じつはせっかく日本に来たのに、文化的な抵抗感や宗教的な決まりから、温泉に入れない訪日外国人も多いんです。
ヨシミとアイリスの母国台湾にある温泉も、一部を除いて水着で入るのがマナー。
そういったで人も日本の温泉を楽しめるように、時間を区切って水着タイムを設けるのも、【 The Ryokan Tokyo YUGAWARA 】のこだわりです。

 シャワーブース Shower Room

それでも、やっぱり「日本の旅館に泊まりたい・・・でも大浴場は・・・」という人々もいます。そんな人たちのためにシャワーブースも完備。

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Shower Room

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Shower Room

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Shower Room

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Shower Room

「日本」の庶民文化を感じられる夕食・朝食

The Ryokan Tokyo YUGAWARA restaurant
夕食・朝食はこのレストランでいただきます。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA restaurant
おしゃれなナプキン。

夕食は気軽に居酒屋メニュー Izakaya Food

The Ryokan Tokyo YUGAWARA dood menu
夕食は「居酒屋メニュー」を中心に、アラカルトで「日本の庶民の味」を味わってもらおうというコンセプト。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Drink menu
飲み物のメニュー。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA ラムネ
懐かしの「ラムネ」。美味しくて2本も飲んじゃいました。

おすすめ日本酒の飲み比べ Sake Bar

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Sake Bar
レストランの隣にある「日本酒BAR」
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Sake
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Sake Bar
「日本のSAKEを飲んでみたい!」という外国人向けに、日本酒の3種飲み比べができます。旅館の方がその時期のオススメ日本酒を決めてくれるので、迷う必要なし!

朝食は自作おにぎり Japansese breakfast

【The Ryokan Tokyo YUGAWARA】では、朝ご飯も日本体験!日本の伝統的かつ家庭的な料理である(?)「おにぎり」を、自らの手で作って食べられます。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Japansese breakfast
おにぎりの具は、梅・シーチキン・豚肉・サケほぐしなど。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Miso soup
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Japansese breakfast
お味噌汁や漬け物はセルフサービスです。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA riceball
おにぎりを作るヨシミ
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Japansese breakfast
こちら完成品!

 

Nipponの「オ・モ・テ・ナ・シ」を体感

【The Ryokan Tokyo YUGAWARA】では、外国人に日本の「オ・モ・テ・ナ・シ」を体感してもらおうと、色々なサービスやアクティビティを用意しています。

女性に嬉しい Yukata チョイス

女性には好きな浴衣が選べるサービスがあります。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Yukata
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Yukata
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Yukata Pink
ピンクの浴衣を選んだヨシミ
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Yukata Blue
ブルーが似合うアイリスもご満悦

日本文化を遊んで学ぶアクティビィ

 書道体験 Calligraphy

The Ryokan Tokyo YUGAWARA 書道 calligraphy
The Ryokan Tokyo YUGAWARA 書道 calligraphy

コマまわし Spintop

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Spintop

招き猫作り Welcome cat

The Ryokan Tokyo YUGAWARA welcome cat lucky cat
The Ryokan Tokyo YUGAWARA welcome cat

日本文化レクチャー Cultural lecture

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Japanese cultural lecture
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Japanese cultural lecture

Cool Japan!コスプレ体験 Cosplay

The Ryokan Tokyo YUGAWARA 一番のオススメはコレ。コスプレ体験!
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Cosplay
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Cosplay
時間制レンタルで、アニメのキャラクターやメイド服などのコスプレに挑戦できちゃうんです。
コスプレのまま館内で過ごすこともできます。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Samurai
いかにも外国人がすきそうな・・・(笑)
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Cosplay
着替えを終えたお二人
The Ryokan Tokyo YUGAWARA Cosplay
館内はコスプレでも過ごせます!
そして館内の各所には、

こんなパネルや

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Kyoto

こんなパネルがあるので、

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Hida

館内にいながら日本全国を巡れちゃうんです。

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Nara Cosplay
英語のペラペラな専門のカメラマンさんがいらっしゃるので、記念にこんな写真が撮れちゃいます。
そのほか、お祭り屋台の設置や和菓子作り体験など、さまざまなアクティビティを予定しているそうです。

美人女将に独占インタビュー

さて、3月のグランドオープンに向けてお忙しい中、Yutty!編集部は女将に独占インタビューを敢行。【The Ryokan Tokyo YUGAWARA】についてもうちょっと詳しく聞いちゃいました!

The Ryokan Tokyo YUGAWARA Okami
「The Ryokan Tokyo」女将の藤澤さん。お若いです!!
   Yutty!編集部です!よろしくお願いします!
遠いところ、はるばる湯河原までありがとうございます。
   さっそくですが、湯河原にあるのに「The Ryokan Tokyo」と言う名前なのはなぜでしょうか?
The Ryokan Tokyoは全世界の人の日本への「ゲートウェイ」を目指しています。少しでも多くの人にこの「門をくぐってもらいたい」、少しでも多くの人に知ってもらいたいという願いから、世界的にも有名で、経済の中心である「東京」というワードを入れました。
また私たちの旅館プロジェクトは湯河原で終わるわけではありません。今後、東京を拠点に北海道から沖縄まで「ゲート」のネットワークをつなげていきたいと思っていますので、「東京」という言葉が入っています。
   ふむふむ。あくまで「The Ryokan Tokyo」はブランド名というわけですね。「The Ryokan Tokyo」のスタートを湯河原に決めたのはなぜですか?
湯河原は、東京都内や横浜から新幹線や特急、普通列車で1時間~1時間半の好立地です。東京に観光へ来た外国の方が気軽にアクセスできます。そして「観光地化」されすぎていない、風情ある温泉場を体感できる場所として、海も山もある湯河原は最も魅力的でした。
また箱根や伊豆からも簡単にアクセスできるので、箱根を観光して、湯河原で宿泊・・・なんていう風に使ってもらうことができます。そうして利用してもらって、プロジェクトを大きくしていきたいのです。
   確かに!「箱根フリーパス」や「箱根旅助け」などフリーパスを使えば、便利に箱根・湯河原を満喫できますよね。そうすると、この宿のメインの対象者は外国人観光客と考えてもよろしいでしょうか?
基本は、外国人観光客の方です。でも、ぜひ日本の皆さんにも来ていただいて、外国人の方とコミュニケーションを取ってもらいたいな、と考えています。
   具体的に、外国人の方への対応はどうされていますか?
外国の方への対応については、従業員の多くが、英語でコミュニケーションが取れます。みんな国際交流や外国人向け宿に興味のあるメンバーなんです。また今後は中国語や韓国語などほかの言語が操れるスタッフについても参加してもらうつもりです。
   サービスについてはいかがでしょうか?
食事について、イスラムの方向けの食事(ハラル)や、ベジタリアンの方向けの食事などをご用意しています。ほかにも、温泉の水着入浴タイムやシャワーブースなど、いろいろな文化的背景に配慮した旅館をめざしています。
   ロビーやレストランなど、印象的な場所も多い一方で、どこか「懐かしい」と感じるような部分も残っていますが・・・
この旅館は、もともと湯河原にあった保養所をリノベーションした施設です。でも外国人にとってビビットな「Ryokan」を目指すあまり、全てをリノベーションしてしまうと、日本の本来の旅館らしさを失ってしまいます。客室や大浴場は本来くつろぐ場所ですから、客室ですと浮世絵のふすま以外、大浴場では壁の富士山以外は、以前の建物のままにしている部分も多いです。
   なるほど!外国の方が求める「日本らしさ」を追求しつつ、日本の旅館文化も味わってほしい、というわけですね。ところで、藤澤さんは一般的な「女将」のイメージより、とてもお若いように見受けられるのですが。
ありがとうございます(編集部注:とても淑やかな仕草で笑う)。「女将」、と言っても、一般的な旅館の女将というよりは、広報PRや人材育成を中心にしているので、ちょっとイメージが違うかも知れませんね。
   藤澤さんはどうしてThe Ryokan Tokyo YUGAWARAの「女将」になられたのでしょうか?
もともと着付けが趣味で、日本文化を世界へ発信することに興味があったんです。そういった中で、「訪日外国人向けの旅館をやってみないか」と誘われて、女将としてお手伝いさせていただくことにしました。
   着付けですか!たしかにお着物が美しいです!話が変わりますが、よろしければ女将オススメの湯河原スポットを教えてください。
子育ての神社として人気の、「五所神社」がおすすめです。それから、今の時期は幕山公園の「梅林」がとても綺麗なので、ぜひ訪れて頂きたいです。
   参考になります!最後に、The Ryokan Tokyo YUGAWARAの今後への想いを聞かせてください。
まずは、「日本に行くならThe Ryokan Tokyo YUGAWARAだよね!」と言ってもらえるようになりたいです。でも、私たちの使命はそれだけではありません。じつは、日本の色々な地方と同じく、湯河原も少子高齢化が進んでいます。そんな中で、The Ryokan Tokyo YUGAWARAは地域の交流施設になりたいと思っています。
すでに、近隣の住民の方を旅館へご招待して、いろいろとお話を伺ったり、イベントに参加していただいています。地域の方が休憩やお茶のついでに当館にいらして、日本文化のイベントやアクティビティを通して外国人観光客の方と仲良くなっていただくような、そんな旅館にしたいと思っています。
   外国人向けの旅館というだけでなく、地域の「コミュニティセンター」としても湯河原の街を盛り上げていく。まさに、これからの日本をリードしていくような旅館なんですね。本日はお忙しいところ、どうもありがとうございました。
こちらこそ、ありがとうございました。
The Ryokan Tokyo YUGAWARA brochure

交通情報 Access

東京・湯河原から

JR線湯河原駅から、送迎車もしくは、伊豆箱根バス・箱根登山バス共同運行の「奥湯河原」方面バスで「藤木橋」バス停下車徒歩約10分。タクシーの場合は約1,500円(オレンジライン経由)。

箱根方面から

元箱根・元箱根港から伊豆箱根バス・箱根登山バスの「湯河原」行きバスで「藤木橋」バス停下車徒歩約10分。

おわりに

いかがでしたか?今回は、つきぬけた旅館【The Ryokan Tokyo YUGAWARA】さんにお邪魔しました。 ちなみに東京に戻ってきてから、この「旅館」を筆者のマレーシア人の友だちにLINEで紹介したところ、「うわー!なにこれめっちゃ泊まりたい!コスプレとか最高じゃん!」と大興奮の即レス。これは外国人に人気爆発間違いなしかも!? ということで、Yutty!編集部一同、今後のご発展をお祈りしています!!!

The Ryokan Tokyo YUGAWARA 和傘

IMG_3327

詳細情報

Name : The Ryokan Tokyo YUGAWARA
Address :神奈川県足柄下郡湯河原町宮上742
Accsess : JR湯河原駅より送迎車もしくは奥湯河原方面バス藤木橋下車徒歩
Price : 和室1名5,800〜、ドミトリー1名3,000円〜
URL : http://theryokan.jp/yugawara/
E-mail : info@theryokan.jp
Day off : なし

※本記事の情報は掲載時のものであり、現在のサービスや施設内容とは異なっている場合があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!


The following two tabs change content below.
だいや@編集長見習い

だいや@編集長見習い

はれてYutty!記者から編集長見習いに昇格。47都道府県では何故かまだ秋田県と宮崎県だけ泊まったことがない。最近興味あるのは長距離フェリーの旅。好きな温泉は熊本県の人吉温泉と台湾の金崙温泉。アイスランドのブルーラグーン温泉に行ってみたい。