浜名湖一の絶景露天風呂

浜名湖にある舘山寺温泉は、古くから東海道を代表する温泉の一つとして愛された、静岡西部最大の温泉地です。
大きなホテルが立ち並ぶ舘山寺温泉の中でも、最も素晴らしい眺望を持つのが今回ご紹介する「サゴーロイヤルホテル」です。

舘山寺サゴーロイヤルホテルの外観の写真
Yutty!編集部撮影

とにかく絶景!天空露天風呂

「絶景」「天空」を謳う温泉は日本全国にありますが、ここ「サゴーロイヤルホテル」はその中でも頂点とも言える絶景レイクビューを眺めることができます。

その温泉があるのは、屋上の露天風呂「飛天」。

舘山寺サゴーロイヤルホテルの屋上の露天風呂「飛天」の写真
Yutty!編集部撮影
舘山寺サゴーロイヤルホテルの270°広がる最高の景色の写真
Yutty!編集部撮影

見てください!この270°広がる最高の景色!

舘山寺温泉にホテルは数あれど、実は広い「外浜名湖」を眺めながら温泉に浸かれるのはここサゴーロイヤルホテルだけなんです。

舘山寺サゴーロイヤルホテルの屋上の露天風呂「飛天」の写真
Yutty!編集部撮影

浴槽から床板まで全て古代檜だけで造られた「飛天」は雰囲気も抜群。舘山寺温泉の源泉が並々と注がれています。

そしてここが重要なポイント!こちらの露天風呂、お湯に浸かっていても景色が見られるんです。

狭い国土に立つ日本の温泉、残念ながらせっかくの素晴らしい眺望を持っていても、お湯に浸かってしまうと、目隠しや塀で外が見えないこともしばしば・・・でもこちらの「飛天の湯」はそんな心配も無用。

舘山寺サゴーロイヤルホテルの屋上の露天風呂「飛天」に浸かる男性の写真
Yutty!編集部撮影

湖、山、空・・・大自然の豊かな眺めはいつまで入っていても飽きさせません。

舘山寺サゴーロイヤルホテルの屋上の露天風呂「飛天」の写真
Yutty!編集部撮影

「飛天の湯」は男女交代制、昼間から夜にかけては男性専用、朝の時間帯は女性専用に切り替わります。夕暮れは浜名湖に反射しながらちょうど正面に沈む夕陽が、朝方は朝焼けに染まる浜名の景色を独占できてしまうんです!

舘山寺サゴーロイヤルホテルの屋上の露天風呂「飛天」への入口の写真
Yutty!編集部撮影

「飛天」への入り口

舘山寺サゴーロイヤルホテルの屋上の露天風呂「飛天」の脱衣所の写真
Yutty!編集部撮影

脱衣所も古代檜で統一されています。

舘山寺サゴーロイヤルホテルの屋上の露天風呂「飛天」の脱衣所を出た所の写真
Yutty!編集部撮影

脱衣所を出たらそこは大海原です。

舘山寺サゴーロイヤルホテルの屋上の露天風呂「飛天」のシャワーブースの写真
Yutty!編集部撮影

カランはありませんが、シャワーブースがあります。

※「飛天の湯」入浴時間
日帰り入浴(男性)11:00〜17:00(最終入場16:00)
男性宿泊者専用 17:00〜24:00
女性宿泊者専用  翌6:00〜10:00

パノラマ大浴場

男湯・女湯

舘山寺サゴーロイヤルホテルのパノラマ大浴場の写真
Yutty!編集部撮影

サゴーロイヤルホテルの魅力は屋上露天風呂だけではありません!ホテルの上階にある男女別のパノラマ大浴場も素晴らしい眺望になっています。

舘山寺サゴーロイヤルホテルのパノラマ大浴場の写真
Yutty!編集部撮影
舘山寺サゴーロイヤルホテルのパノラマ大浴場の写真
Yutty!編集部撮影

パノラマ大浴場も絶景。男湯と女湯で大きな造りは変わりませんが、一番の違いは一方の浴場には展望露天風呂が設置されているところ。

展望露天風呂

舘山寺サゴーロイヤルホテルの展望露天風呂の写真
Yutty!編集部撮影

「飛天」が男性用の時間帯はこちらが女性用露天風呂となっています。屋上の「飛天」に比べると小さいながらもこちらも外浜名湖の絶景を独り占めできる作りとなっております!

脱衣所

展望大浴場の脱衣所も素晴らしい眺望が広がっています。

舘山寺サゴーロイヤルホテルの展望大浴場の脱衣所の写真
Yutty!編集部撮影

展望大浴場の脱衣所は女性に嬉しい独立した化粧台があったり、利用者に優しい造りになっています。

舘山寺サゴーロイヤルホテルの温泉の成分、禁忌症、適応症を記した掲示物の写真
Yutty!編集部撮影

サゴーロイヤルホテル温泉の泉質は「ナトリウム・カルシウムーー塩化物強塩泉」

個湯の間

舘山寺サゴーロイヤルホテルの個湯の間の写真
サゴーロイヤルホテル公式サイトより

サゴーロイヤルホテルには貸切温泉もあります。大浴場のような展望はありませんが、舘山寺温泉の名物「舘山寺観音像」を見ることができます。

絶景と湯上りドリンク

舘山寺サゴーロイヤルホテルの湯上りサロン「舘山」の写真
Yutty!編集部撮影
舘山寺サゴーロイヤルホテルの湯上りサロン「舘山」の写真
Yutty!編集部撮影

パノラマ大浴場と同じフロアにある湯上りサロン「舘山」は浜名湖と舘山寺の街を眺めながら湯上りのひと時を過ごせます。

舘山寺サゴーロイヤルホテルのサービスの湯上りドリンクの写真
Yutty!編集部撮影

サービスの湯上りドリンクでは「川根茶」が飲めるのは、さすがお茶どころしぞーか!

リラクゼーション

サゴーロイヤルホテルはリラクゼーションも充実。

アロマオイルを使った足裏リフレを気軽に受けられるフットリフレクソロジー、ゲルマニウム温浴とハンドマッサージを駆使して体内の毒素をリフレッシュ「癒湯」(ゆゆ)、リゾート気分を味わえるハワイアンエステ「MaNa」などがあります。

リゾート気分を満喫できるプール

舘山寺サゴーロイヤルホテルのプールの写真
Yutty!編集部撮影

サゴーロイヤルホテルのもう一つの特徴はリゾート気分抜群のプール!晴れた日には浜名湖の「海岸線」を眺めながらぜひプールで南国気分に浸るのもいいですね。

なんと宿泊者は浜名湖遊覧船が無料!

浜名湖遊覧船の写真
Yutty!編集部撮影

浜名湖を代表する観光施設といえば浜名湖遊覧船ですが、なんとサゴーロイヤルホテルの宿泊者はその乗船料金が無料!

舘山寺サゴーロイヤルホテルの露天風呂「飛天」から見える浜名湖遊覧船の写真
露天風呂「飛天」からも浜名湖遊覧船が見える(Yutty!編集部撮影)

じつはこれ、遊覧船を保有・運航する浜名湖遊覧船株式会社の親会社と、サゴーロイヤルホテルの親会社が同じサゴーグループだから可能にできたことなんだそうです。

各種イベント

家族でも、カップルでも楽しめるサゴーロイヤルホテルは、シーズンごとに行われる各種イベントがめちゃめちゃ充実しています。

お子様大喜び!

夏のシーズンには、サゴーロイヤルホテル自慢の「ピエロショー」やビンゴ大会、似顔絵ブースなど。

舘山寺サゴーロイヤルホテルの似顔絵ブースの写真
Yutty!編集部撮影

ピエロショーなどは日によって異なる大道芸師さんを呼んでいるので、訪れるたびに異なったショーが観れるとリピーターにも大好評だそうです。

オフシーズンには大人向けイベント

5月や9月のオフシーズンには、「大衆演劇」がサゴーロイヤルホテルにやってきます!2016年はサゴーロイヤルホテルが大衆演劇を上演するようになって10年目。今年も3組の劇団さんが来るそうです。

舘山寺サゴーロイヤルホテルで行われる大衆演劇祭りのポスターの写真

そしてこの大衆演劇と朝夕の食事がついた「観劇宿泊プラン」がなんと¥10,800〜とリーズナブル。敬老のプレゼントにいかがでしょうか?

アクセス

公共交通

舘山寺サゴーロイヤルホテルの無料直行バスの写真
Yutty!編集部撮影

浜松駅⇆ホテル

浜松駅からは舘山寺温泉が共同運行する無料直行バスが利用できます。
路線バスの場合は遠鉄バス「舘山寺温泉行き」で「舘山寺温泉バス停」下車徒歩もしくは送迎車利用となります。

弁天島⇆ホテル

また、サゴーロイヤルホテルは舘山寺温泉の最寄駅でかつリゾートエリアである弁天島からの無料送迎バスがあるのも特徴!
舘山寺温泉〜浜松駅は道路が混雑する場合があるのと、途中で送迎車を乗り換える必要があるので、弁天島からのアクセスがオススメです。

自家用車

自家用車を利用する場合は東名高速道路浜松西I.Cから15分。そして2017年春には新しく浜松舘山寺スマートI.Cが開通予定!!
スマートI.Cが開通すれば、なんと東名高速道路を降りて舘山寺温泉まで5分で着けちゃいます!!

詳細情報

施設名 : 舘山寺サゴーロイヤルホテル
住所 : 静岡県浜松市西区舘山寺町3302番地[地図]
アクセス : 浜松駅もしくは弁天島駅より送迎バスもしくは路線バス。東名高速道路浜松西ICから15分。
営業時間(日帰り) : 11:00〜17:00(最終入場16:00)
公式URL : http://www.3535.co.jp/royal/
電話番号 : 053-487-0711
定休日 :

詳細を読む

入浴料 : 中学生以上 1,100円(税込)・3才以上 500円(税込)
シャンプーの有無 : あり
ドライヤーの有無 : あり
レンタルタオルの有無 : ハンドタオルのみ無料

周辺観光

浜名湖遊覧船

浜名湖の良さを手軽に体験するならやっぱり浜名湖遊覧船がオススメ。
現在は浜松フラワーパーク近くの「フラワーパーク港」と温泉街にある「舘山寺港」からの周遊航路と、対岸の瀬戸港を結ぶ連絡航路に2種類の遊覧船が運行されています。

浜名湖遊覧船の写真
Yutty!編集部撮影

「双胴船ハイビスカス」は2012年に就航した浜名湖遊覧船の中で最新の遊覧船。外国のレトロな客船をイメージした船内は木目調で統一されています。

遊覧船「奥浜名丸」の写真
Yutty!編集部撮影

「奥浜名丸」はかつて浜名湖遊覧船が伊豆箱根鉄道(西武グループ)傘下であった頃から運行している従来型の遊覧船。なんと「奥浜名丸」のカラーが「青」と「緑」なのは、この西武グループ時代のカラーを踏襲しているからなのだそうです!

サゴーロイヤルホテルに滞在した場合は宿泊プランを問わずこの遊覧船のチケットが付いてきますので、併せて楽しみたいところです!

舘山寺観音(舘山寺の大仏)

舘山寺の写真
Yutty!編集部撮影

サゴーロイヤルホテルのすぐ裏手にあるのが、舘山寺の名前の元になった舘山寺と愛宕神社。浜名湖に突出した半島の先にある舘山(たてやま)の中腹に立つ「舘山寺」は平安時代の810年に弘法大師によって開かれた曹洞宗のお寺です。

舘山寺聖観音菩薩像の全体がおさまった写真
Yutty!編集部撮影

舘山には舘山寺と愛宕神社を入口として山をぐるっと廻る遊歩道があり、その途中にあるのが通称「舘山寺の大仏」と呼ばれる舘山寺聖観音菩薩像。昭和12年に建てられた高さ16mのコンクリート製の大仏は、今日も舘山寺と浜名湖の平和を見守っています。

舘山寺聖観音菩薩像の顔をアップした写真
Yutty!編集部撮影

・・・そうそうこの顔、誰かに似てません? そう、政治家の”あの方”にそっくり!ということで話題にもなった大仏さんなのであります。

舘山寺と愛宕神社は縁結びのスポットとしても親しまれているので、観音様にお参りしつつ少し汗を流してから、舘山寺の温泉に入るのもいいかもしれませんね。

浜松エアパーク

浜松エアパークの写真
Yutty!編集部撮影

航空自衛隊浜松基地にあるミュージアムが「浜松エアパーク」。旧日本海軍の「零式艦上戦闘機」を始め、自衛隊で使用されていた航空機や資料が展示されています。

浜名湖グラウンド・ゴルフパーク駐車場に展示されている本物のDC3の写真
Yutty!編集部撮影

また「飛行機好き」な方にエアパークと併せて訪れてほしいのは、「はまゆう大橋」そばの浜名湖グラウンド・ゴルフパーク駐車場に展示されている本物のDC3。こちらは映画『飛べ!ダコタ(公式サイト)』のセットとして使用された飛行機で、このタイプの機体が見られるのは日本で唯一だそうです。

竜ヶ岩洞

竜ヶ岩洞の入口の写真
Yutty!編集部撮影
竜ヶ岩洞の鍾乳洞の写真
Yutty!編集部撮影

竜ヶ岩洞は太古の昔に自然に出来上がった鍾乳洞。総延長約1kmの”神秘の道”のうち400mが一般に公開されています。

舘山寺温泉を散策するなら

レンタサイクル用の自転車の写真
Yutty!編集部撮影

舘山寺温泉を散策するなら、レンタサイクルがオススメ。サゴーロイヤルホテルでは宿泊者向けに自転車の貸し出し(有料)を行っています。コンビニへの買出しなど、ちょっと出かける場合は無料で貸し出しているので、フロントにご相談ください。

関東風と関西風が味わえる浜松の「うなぎ」

浜松のグルメといえば「浜松餃子」「うなぎ」が有名。そして舘山寺にあるうなぎ屋さんでは皮をパリッと焼き上げる関西風のうなぎも、一度蒸してふわっと焼き上げる関東風のうなぎの両方を味わうことができます。

うなぎ屋さんの外観の写真
Yutty!編集部撮影

さらに、舘山寺で是非食べていただきたいのが「うなぎの白焼き」。今回オススメするのは、店内も清潔で女性にオススメなのが「志ぶき」さん。

うなぎ屋さんのメニュー表(特うな重4.300円)の写真
Yutty!編集部撮影

「特うな重」や「殿様御前」を注文すると、秘伝のタレを使った「蒲焼」、そしてタレで味がごまかせない「白焼き」の両方を一度にいただくことができます!

「駕籠」をイメージした箱の写真
Yutty!編集部撮影

こちら、江戸時代の「駕籠」をイメージした箱の中には・・・・

「駕籠」をイメージした箱の蓋を開けた写真
Yutty!編集部撮影

じゃん!うなぎです!

店員さんにお話を伺ったところ、一般的に「白焼き」はわさび醤油で食べるそうですが、浜松では生姜醤油で食べる文化なのだそうです。

オススメお土産

うなぎパイ

うなぎパイの写真
Yutty!編集部撮影

浜松土産として忘れてはいけないのが浜松市民のお茶の友、春華堂の「”夜のお菓子” うなぎパイ」。現在では通常のうなぎパイのほか、アーモンドを練り込んだ「ナッツ入り」、高級ブランデーを染み込ませた最高級パイ「”真夜中のお菓子” うなぎパイV.S.O.P.」が販売されています。

うなぎパイ工場の写真
Yutty!編集部撮影
うなぎパイ工場の写真
Yutty!編集部撮影

また、サゴーロイヤルホテルから車で約20分のところにある「うなぎパイ工場」では、「うなぎパイ」が出来上がっていく姿をリアルタイムで見学することができます!

浜松餃子

お土産ショップで販売されている冷凍の浜松餃子の写真
Yutty!編集部撮影

浜松のグルメといえばこれ「浜松餃子」。じつは浜松はかの宇都宮と一位・二位を争う(?)餃子大国。サゴーロイヤルホテルのお土産ショップでは冷凍の浜松餃子が一番人気なんだとか!

「真田丸」のつぎは浜松だ!

絶賛放送中の大河ドラマ「真田丸」。じつはつぎの大河ドラマの舞台は舘山寺温泉のある浜松市!戦国時代に「女性城主」として名を馳せた井伊直虎の功績を称えて、舘山寺温泉では井伊直虎に関するイベントを実施中!

舘山寺サゴーロイヤルホテル内にある戦国甲冑との記念写真コーナーの写真
Yutty!編集部撮影

サゴーロイヤルホテルでも戦国甲冑との記念写真コーナーなどが設けられています!
2017年春の浜松舘山寺スマートI.Cも目前の舘山寺。次に「来る」のは舘山寺温泉間違い無しです!!

直虎のお菓子の写真
すでに直虎のお菓子も展開されている(Yutty!編集部撮影)

おわりに

いかがでしたでしょうか?家族連れでも、夫婦でも、友達同士でも!どんなシチュエーションでも楽しめる浜松一の絶景露天風呂があるサゴーロイヤルホテル。皆さんも浜松にご用の際は是非訪れてみてください!

kanzanji-sago110
Yutty!編集部撮影

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!


The following two tabs change content below.
だいや@編集長見習い

だいや@編集長見習い

はれてYutty!記者から編集長見習いに昇格。47都道府県では何故かまだ秋田県と宮崎県だけ泊まったことがない。最近興味あるのは長距離フェリーの旅。好きな温泉は熊本県の人吉温泉と台湾の金崙温泉。アイスランドのブルーラグーン温泉に行ってみたい。