「空間」こそが本当の贅沢だ!杉戸温泉 雅楽の湯レポート(東武動物公園駅)

浅草から特急で35分の「東武動物公園」駅からすぐのところにとっても「贅沢」な日帰り温泉があった! いったい何が「贅沢」なのか?激ウマ「バイキング」から岩盤浴まで丸一日楽しめる【杉戸天然温泉 雅楽の湯】をご紹介!

108771

その他の施設

その他、大浴場を上がったところにある「湯休みラウンジ」や、女性専用エリアもあって安心の仮眠スペース「うたた寝処」、ファミリーやカップルでワイワイ楽しめる足湯など、いろんな施設が揃っています。

休憩スペース

杉戸温泉「雅楽の湯」の湯休みラウンジの写真
湯休みラウンジ(引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより)
杉戸温泉「雅楽の湯」のうたた寝処の写真
「うたた寝処」(引用:「雅楽の湯」公式ウェブサイトより)

足湯

杉戸温泉「雅楽の湯」の足湯の写真
Yutty!編集部撮影

中庭に面した足湯は、家族で、カップルでワイワイ楽しむのにオススメ。

リラクゼーション

リラクゼーション施設としては、フットケア、ボディケア、エステなどが受けられる癒し庵「さくらえ」、アカスリエステの受けられる美肌庵「ひいらぎ」、そして地元の方に便利な理容室のカットサロン「やすらぎ」があります。

ちなみに私は「ひいらぎ」で「アカスリ+ヘッドスパ+リンパマッサージ」のセットを受けましたが、気持ちよすぎて気を失ってしまいました。「終わりですよー」と声をかけられた時、自分が生きてるんだか死んでるんだか一瞬わかりませんでした。。。。

終わりに

というわけで、「空間」を贅沢に使った東武動物公園駅にある【杉戸天然温泉 雅楽の湯】をご紹介してきました。都内をちょっと離れて日帰りで旅行気分に浸れる「雅楽の湯」いかがだったでしょうか?

もし知人に「土日に温泉に行きたいんだけど、どこがいい?」と聞かれたら、私は絶対こちらをオススメします!

詳細情報

杉戸天然温泉 雅楽の湯

杉戸温泉「雅楽の湯」の露天風呂の写真

都心からアクセス抜群の源泉日帰り温泉。「irodori」のバイキング料理はグルメサイトでも人気。

住所: 埼玉県北葛飾郡杉戸町杉戸2517[MAP]

アクセス: 東武動物公園駅より車で約10分

入浴料: 大人1,050円〜

  • 天然温泉
  • 露天温泉
  • 掛け流し
  • 貸し切り
  • 日帰り
  • サウナ
  • 送迎バス
  • 駐車場
1
2
3
4
5

本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!


The following two tabs change content below.
大谷優介

大谷優介

Yutty!編集長、歴史トラベルライター。歴史と入浴文化を中心に世界各地を取材。国内では現在「銭湯」にスポットを当て鋭意入浴中。えにし書房『台湾へ行こう! 見えてくる日本と見えなかった台湾』(藤田賀久, 大谷優介/平賀匡)著、集英社「週刊プレイボーイ」『新世代スーパー銭湯対決!』取材協力など。