表参道にある銭湯【南青山 清水湯】の全てを写真レポート!

時代とともにファッションや文化をリードしてきた原宿・表参道。実は古くから続く銭湯があるって知ってました?今回は都会のど真ん中でたくさんの人たちに愛され続けるモダンな銭湯【南青山 清水湯】を取材しました。

166408

アクセス

それでは、そんな清水湯さんへのアクセスを写真とともにご紹介します。

南青山 清水湯へのアクセスの写真
Yutty!編集部撮影

地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線の乗り入れる表参道駅、この表参道駅A4出口を出て。

南青山 清水湯へのアクセスの写真
Yutty!編集部撮影

表参道交差点を右折。

南青山 清水湯へのアクセスの写真
Yutty!編集部撮影

2分ほど歩いて

南青山 清水湯へのアクセスの写真
Yutty!編集部撮影

日本そば「みよた」を右折。

南青山 清水湯へのアクセスの写真
Yutty!編集部撮影

この路地の右側。一瞬、銭湯だと気付きませんでした!

南青山 清水湯へのアクセスの写真
Yutty!編集部撮影

センスの良すぎる建物なので、見逃さないようにして下さいね(^^)

施設情報

施設名 : 南青山 清水湯
住所 : 東京都港区南青山3-12-3[地図]
アクセス : 東京メトロ表参道駅A4出口徒歩3分
営業時間 : 平日12:00~24:00(最終入場23:30) 土休日12:00~23:00(最終入場22:30)
公式URL : http://shimizuyu.jp/
電話番号 : 03-3401-4404
定休日 : 毎週金曜日
詳細を読む

入浴料 : 大人460円、中人180円、小人80円
シャンプーの有無 : 有料
ドライヤーの有無 : 有料
レンタルタオル : 有料

オススメグルメ

咖哩&カレーパン「天馬」

天馬 青山店の外観の写真
Yutty!編集部撮影

「清水湯」に行くならぜひ寄って欲しいのが、「清水湯」から3分ほど神宮外苑方面に進み右手に見えてくるカレーパンの店「天馬」。なんとここ、カレーパン専門のカフェレストランなんです。

天馬 青山店の入り口にある食品サンプルの写真
Yutty!編集部撮影

数種類のカレーパンをメインに、カレーライスやドリアなど、様々な本格カレーとスイーツが楽しめます。

天馬 青山店のスイーツセットの写真
平日午後限定のスイーツセット(Yutty!編集部撮影)

編集部オススメは、ゴロッとしたチキンが特徴的な「バターチキンカレー味」のカレーパン。ガッツリ食べたい方にはカレーライスもオススメです。

天馬 青山店のテイクアウト窓口の写真
Yutty!編集部撮影

テイクアウトも可能になっています。

施設名 : 咖哩&カレーパン「天馬」青山店
住所 : 東京都港区南青山3-8-40 青山センタービル 1F[地図]
営業時間 : 11:00~22:00(L.O.21:30)
電話番号 : 03-6434-0590
定休日 : なし

ハラカラ。 南青山店

ハラカラ 南青山店のメニュー看板の写真
Yutty!編集部撮影

カレーパンの店「天馬」のある路地を右折したところにあるのが、【ハラカラ。 南青山店】。表参道周辺には魅力的なハンバーガーショップがたくさんありますが、ここは「アボカド」を使ったハンバーガーがオススメのお店。

ハラカラ 南青山店のアボカドを使ったハンバーガーの写真
肉厚のアボカドに肉厚の牛肉の組み合わせが最高(Yutty!編集部撮影)

このお店は「脱ジャンクフード」を掲げ、オリジナルバンズや有機野菜を使用。味付けも塩(土佐の塩丸)と黒胡椒のみと、ボリューミーなのにとってもヘルシー!

ハラカラ 南青山店のオリジナルスムージーの写真
果物の味そのままのオリジナルスムージー(Yutty!編集部撮影)

ドリンクも、よなよなエール、エーデルピルス、インドの青鬼、サンサンオーガニックビール、水曜日のネコなどちょっと珍しいビールなど各種揃っていますが、オススメはオリジナルヘルシースムージー!果物や野菜を使ったスムージーはお風呂上がりにぴったりです。

施設名 : ハラカラ。 南青山店
住所 : 東京都港区南青山3-8-2 青山OGビル B1F[地図]
営業時間 : 平日ランチ11:30~16:30 ディナー18:00~21:00、土休日13:00~20:30
電話番号 : 03-6459-2120
定休日 : 月曜日

1
2
3
4
5

本記事の情報は記事掲載時のものであり、現在とは異なっている場合がありますので、予めご了承ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!


The following two tabs change content below.
大谷優介

大谷優介

Yutty!編集長、歴史トラベルライター。歴史と入浴文化を中心に世界各地を取材。国内では現在「銭湯」にスポットを当て鋭意入浴中。えにし書房『台湾へ行こう! 見えてくる日本と見えなかった台湾』(藤田賀久, 大谷優介/平賀匡)著、集英社「週刊プレイボーイ」『新世代スーパー銭湯対決!』取材協力など。