♨ 学生ソムリエ川田宏樹の「一期一湯」♨ 「共同浴場のススメ」

日本全国の温泉地に存在する共同浴場。あまり観光客が訪れない場所ですが、そこには隠れた魅力がたくさんあります!

1214

筆者:川田宏樹(かわた ひろき)人物画像
筆者:川田宏樹(かわた ひろき)早稲田大学教育学部に在学中。長崎生まれ名古屋育ち。日本一温泉に詳しい大学生として、温泉ブログ「温泉ソムリエ大学生」を運営。2015年は72ヶ所の温泉地を訪問し、100施設以上に入浴。

はじめに


バイトで稼いだお金をほぼ全て温泉旅行に費やし、「日本一温泉を愛している学生」と自負する僕が一番おすすめしたい温浴施設。それが共同浴場です。

共同浴場とは、スーパー銭湯や旅館のお風呂と異なり、その多くが地元の方によって管理されています。先祖代々温泉を大切に守ってきた場所であるため、地元民にとってかけがえのない存在なのです。一部では地元専用で観光客が入れない場所もあるほど。

湯田中温泉「大湯」外観長野県・湯田中温泉「大湯」 地元の方と宿泊者しか入浴できない温泉です。

一方で「シャンプー類・カランがないことが多い」、「規模が小さい」、「古い建物・レトロな雰囲気が残っている」、「とにかくお湯が熱い」といった一面もあります。しかしその分独特な雰囲気は他で味わえない、穴場中の穴場なんです!今回はみなさんにそんな共同浴場の魅力をお伝えしたいと思います。

下諏訪温泉「菅野温泉」アーケード

長野県・下諏訪温泉「菅野共同浴場」 薄暗いアーケードの奥にひっそりとあります。

まるでタイムスリップしたかのような雰囲気

共同浴場の魅力一つ目は「雰囲気」です。まずは共同浴場が残っている街並みに注目して見ましょう。周りにはレトロ感漂うお店や街並みが残っていることが多いので、どこか懐かしい気分に浸ることもできます。昭和のポスターがいまだ貼られている理髪店や遊戯場の跡など、この地区だけタイムスリップしたかのような空間になっていることも多いです。

磐梯熱海温泉「元湯」外観

福島県・磐梯熱海温泉「元湯」 ひっそりとした佇まいですが、もちろん営業中です。

続いて共同浴場の建物の雰囲気。木造で堂々たる佇まいだったり、民家と一体化した造りだったりと建物を見るだけでも楽しめます。さらに屋根にも注目!! 屋根の上に湯気抜きが付いていたら昔ながらの共同浴場で間違いなしです。歴史ある建物が多いのも共同浴場の特徴ですね。

飯坂温泉「鯖湖湯」共同浴場外観

福島県・飯坂温泉「鯖湖湯」 屋根に付いている湯気抜き(赤丸の部分)が共同浴場の証です。

最後は浴室内の雰囲気。温泉成分で変色した床や、梁がむき出しになっている天井など、昔ながらの独特な雰囲気が漂っています。そこに地元の方の活気ある世間話が合わさって、何とも言えない空間ができあがっています。でもそれがまた居心地いいんですよ!!
温泉津温泉「泉薬湯」浴槽

島根県・温泉津温泉「泉薬湯」 浴槽に温泉成分がこびりついて幻想的な光景となっています。

多くが新鮮な源泉掛け流し風呂

共同浴場の魅力二つ目は「お湯の良さ」です。 共同浴場のお湯は一般的にその土地で最も新鮮な源泉が使われていることが多いんです。またその共同浴場独自の源泉が使用されているケースもあり、唯一ここでしか入れない温泉のこともあります。

一方で注意が必要なのは、温度。源泉かけ流しがほとんどのため、源泉温度によっては激熱の浴槽の場合も。でもその熱いお湯も慣れればたまらなくなるんです!せっかくの機会なので、普段あまり体験できない激熱の湯に入ってみるのもきっと楽しいですよ。熱すぎる場合は水を加えるという手がありますが、その際は必ず地元の方に許可を頂いてからにしてください!

僕が初めて激熱の共同浴場に入ったのは小野川温泉の尼湯という場所なんですが、熱くてうめいている姿を地元の方に大笑いされたことがあります。その後親切にも水を加えて温度を下げて頂けました。

奥塩原新湯温泉「むじなの湯」浴槽

栃木県・奥塩原新湯温泉「むじなの湯」 なんと60℃の硫黄泉が足元から湧き出ています。

地元の方との触れ合いにほっこり

共同浴場の魅力三つ目は地元の方との「触れ合い」です。共同浴場は地元のコミュニケーションの場でもあります。 お湯にのんびり浸かりつつ、地元の方々の会話に参加できるのも共同浴場の醍醐味の一つです。特に地元民以外なら気づかれやすく、向こうから気軽に話しかけてきてくれることもよくあります。

仲良くなってビールを奢ってもらったり、温泉街の案内をしてもらったり…その出会いと触れ合いにほっこり。知らない土地で知らない人と語り合えるのも、きっと共同浴場ならではでしょう。会話の途中きっと地元の方はこう仰るはずです。「ここの湯が日本一だ」って。地元の方に愛される温泉ほど、素晴らしい温泉はありませんね。ぜひ共同浴場ならではの触れ合いを体験してみて下さい!!

草津温泉「睦の湯」外観

群馬県・草津温泉「睦乃湯」 地元のおじいちゃんたちと楽しくおしゃべりした思い出の場所です。

おわりに

共同浴場という新しい温泉の魅力、伝わりましたか?ぜひこれから温泉に行かれる際には、宿のお風呂と併せて共同浴場にも足を延ばしてみてください!きっと素敵な出会いが待っていますよ。また、くれぐれも訪問の際は「地元の方のための場所」ということを忘れずに、マナーを守って入浴してくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでYutty!をフォローしよう!


The following two tabs change content below.